両親が1歳にエアガン多数発射の疑い…息子はその後死亡!理解力が無い人が増えると、虐待者も増えていく。そして、自分の内側の父性と母性と、心の中の小さな自分について…。

両親が1歳にエアガン多数発射の疑い…息子はその後死亡!理解力が無い人が増えると、虐待者も増えていく。そして、自分の内側の父性と母性と、心の中の小さな自分について…。

両親が1歳にエアガン多数発射の疑い 息子はその後死亡:朝日新聞デジタル

上記は、今日の朝、目に留まった記事です…。記事によると「ライフル型のエアソフトガン」と書かれているので、手動式のものだろうか。電動ガンではなく手動式のもので撃っていたなら、一発一発撃っていたのだから、衝動的にやってしまったというよりは、冷静に楽しみながらやっていたのかもしれない。「容疑」だから、本当のところはまだわかりませんけど。

理解力がない人が増えている

酷すぎる…。僕は、「理解」=「癒し」と考えているから、理解力がない人が増えることが、結果、酷いことをする人が増えることに繋がっている部分が大きいと思う。これは、何年も前から思っていることで、過去に投稿した記事「(過去記事)中学3年の15%もが理解困難であり問題があることがわかったそうです。本当にやばいです。何故なら、いじめ、差別、虐待、嘲笑、暴力など、こういったものって、「正しく理解できないことが深く関係」しているのです。」を思い出しました。

過去に「東京新聞(TOKYO Web)」の記事を見て驚きました。国立情報学研究所の教授らが「短文から事実を正しく理解する力」について調べると、なんと!中学3年の15%もが理解困難であり問題があることがわかったそうです。この者たちがそのまま大人になり子供を作れば虐待する可能性が高い。

関連記事(中3の15%は短文理解も難しい?中学卒業までの読解的基礎力と将来との関連性に驚く人々と納得する人々「ツイッター見てたらわかる」 – Togetter
関連記事(中高生の読解力に警鐘、教科書正確に読めず…中学生6割が文構造把握で誤答 | リセマム

「長文キモっ意味わかんね」と言っていた者は暴力的だった

過去、金属バットで人の脚を笑いながら折る人間(18歳)を見ました。彼は、「短文から事実を正しく理解する力」、つまり、長文を読み解く以前に、「長文キモっ意味わかんね」と読むことが全く出来なかった。「正しく理解する力」は本当大切だなと改めて思う。

事実を正しく理解する力のない人が、勝手に近寄ってきて、人の文章を読んで、勘違いして、何やら、変な感情を膨らませて、そして、嫌がらせ(名誉毀損)をしてくる場合もある。冗談抜きで、「害悪」だと思う。全く面識のない赤の他人が異常な距離感で接触してきて、名誉毀損してくるとか、何かと思う。

人と人がわかり合うって本当に難しいこと。ネットの「文章」を読んで相手を知った気になっている者は、勘違いがかなり多い(投影で見ていることもある)。何度も腹割って話して、試して、衝突して、それで少しずつ「本当のこと」がわかってくるもの。「”わかる”」、これは本当に難しい。

理解力がないと加害者に?

過去に投稿した記事「(過去記事)中学3年の15%もが理解困難であり問題があることがわかったそうです。本当にやばいです。何故なら、いじめ、差別、虐待、嘲笑、暴力など、こういったものって、「正しく理解できないことが深く関係」しているのです。」で、こうお伝えしました。

僕が言いたいことは、このままだと将来的に、いじめ、差別、虐待、嘲笑、暴力が増える可能性が非常に高い。洗脳の専門家は著書で「これから差別が増える」と言っていました。学校でのいじめも「学校でのいじめ昨年度54万件 過去最多 文科省調査 | NHKニュース(2019年10月17日 18時16分)」によれば、こうです。

昨年度54万件を超えて、過去最多となったことが文部科学省の調査で分かりました。

引用元:上記リンク

学校でのいじめは「過去最多」です。多くの人が減らそう減らそうとして、逆に増えている事実…。わかりますか。結果、増えているということはやり方に間違いがあるということ。しかし、間違いに気づかない。気づけない。いや、「気づきたくない者がいる」が正しいかな?(無意識のうちに問題を増やしたいのは誰なのかってこと)「無意識レベルのマッチポンプ」は、本当に厄介なもの。しかも力ある人間のそれは、すごいですからね。影響力が。この話は置いといて。

理解力が無いと・・・?

国立情報大学研究所の教授らが調べた「短文から事実を正しく理解する力」が、中学3年の場合、15%もいる…。これは、そのまま変わらなければ、「虐待者予備軍」となる。虐待者の多くは、脳が衰えていて、理解力も低下していて、事実を正しく理解できないので「攻撃された」と勘違いする場合もある。

「理解する力」が無いと、「理(物事の道筋)をもって、解かれることが少なくなる」ので、「歪み」が増えていきます。「歪み」が増えれば、「不正(正しくないこと、例えば虐待もそう)」が増えます。「煩悩まみれ」以外の大切なことは何か、考えることも大切だなと…。。。

「攻撃された」と勘違いして攻撃してきて、それに反撃する者がいたり、上記にあるよう。「歪み」が増え、「不正(正しくないこと、例えば虐待もそう)」が増えます。理解力がないことって、問題を引き起こすので、理解力を上げていかないといけないのです。僕自身、小学生までの勉強しかしてこなかったので、理解力が無く、子供の時なんて、加害者でした。酷いことをしたこともあります。だからこそ、理解力が無いと加害者になると強く思うのです。(原因は複合的に重なっているから、それだけじゃないですけど)

理解力を上げていけば良い

なので、理解力を上げる人が増えれば、それだけ虐待やいじめが減ることに繋がると、僕は信じています。「サヨナラ・モンスター」を広めているのも、「理解力(とくに自己理解力)を上げる人が増えて欲しい」という思いもあります。

サヨナラ・モンスターのページの「本当の心の癒しとは」にこう書きました。

心が大きく癒されてわかったことは、
心の癒し」=「心理的な安心」=「理解(理を持って心の奥の感情を解く)」ということ。
僕は、このように考えています。

自己理解を深めながら、自分の心の奥にある「モンスター」を小さくしていけば良いのです。

加害者も人間であり、被害者でもある。癒されるべき存在なのです。だから、自己理解を深め、自分を大切にして、心の奥にあるモンスターを小さくしていけば良いのです。自分で自分を理解する力、これがあれば流されにくくなれます。流されなければ、加害者や犯罪者、虐待者にもなりにくくなるのです。何故なら、それらは「流された結果」だからです。「よし!今から頑張って虐待するぞ!」という人は殆どいないと思う。流されて、自分を見失って、わけがわかんなくなって、衝動的にやってしまう…。そういう人のほうが多いと思います。それが、「流された結果」です。

流されにくくなり、理解力を上げて、自己理解を深め、自分で自分を大切する。これが出来れば、他の人を何もなしに傷つけること(子供を虐待死させる等)は出来にくくなります。僕自身、子供の時は加害者でもあり、被害者でもあった。酷いことをしたし、されたりもした。人間は皆、加害者でもあり被害者でもあるのです。

だけど、自己理解を深め、「自分を大切」にし、自己信頼が深まってくると、加害者にもなりたくないし、被害者にもなりたくない気持ちが強くなるから、流されて虐待をしたり、加害者になることも減るのです。逆に、被害者になることも減ります。被害者は、究極で言えば、「無意識のうちに害を被る」のです。自分ではなかなか気づけない難しい部分ですけど。人は、そうして成長していきます。

父性と母性と、心の中の小さな自分

次の画像を、よく見て下さい。

これは、「理解がない家庭」だと僕は思っています。そこで、子供が悲しんでいる。

これが、自分の心の中でも起こっているのです。自分の内側の父性、母性、そして心の中の小さな自分、このバランスが取れていないのです。この記事でお伝えしている「理解力を上げよう!」は、「父性」だと考えています。そして、サヨナラ・モンスターなどでお伝えしている未処理未消化の感情を見つけて感じきる、これは「母性」だと考えています。

大事なことは「自己理解」です。

そして、認知の歪みを修正して、未消化の感情を見つけ、更に深い部分からの「自己理解」です。

深い部分は、「鍵」を使って、潜在意識(無意識)の扉を開けて開放します。僕は、サヨナラ・モンスターの方法でそれを少し行いました。

大事なことは「深い自己理解」です。

自分の親になるのは、自分しかいないのです。

追記

「加害者が悪い!」、この気持ちは大切。大事なのは、その次。「加害者が悪い!」と言って子供が大人に問題解決をしてもらうように、黙って待っているのか。それとも、「加害者が悪い!」、だから自分で自分を守れるように「力」を身に着けるのか。「目的」は何なのか…。目的に本性が滲み出る。

「理解力」と「人格」について良い記事を発見しました。

第1回 先に愛しなさい。 – 理解力と人格。いま「一緒にはたらきたい人」とは? – ほぼ日刊イトイ新聞(https://1101.com/kohno_fujino/2017-05-30.html

すごくいいことが書かれている。

続きをメールで読む

本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。2000件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き