自分を大切にする勇気を持ってから、それまでの症状が好転していった…。

自分を大切にする勇気を持ってから、それまでの症状が好転していった…。

モンスター(まとまり)を小さくしたら強迫観念や強迫行為が消えていった

過去、車に乗れば、「人を轢いた!」と思い、車から降りて確認し、強迫観念や強迫行為に囚われていた。その背後にあった「モンスター(まとまり)」を小さくしたら、強迫観念や強迫行為は消えていった。今は、問題なく、車の運転も出来ている。

→ 「モンスター(まとまり)」を小さくした方法
→ 強迫観念と強迫行為を克服出来た理由

「心の問題集」を解いて臆病風を吹き飛ばしたらパニック発作も起こらなくなった

あと、車の運転中に(とくに信号待ちやトンネル)、パニック発作もよく起こり、一人で車に乗れないこともあった。これも、心の深い部分にある「モンスター(まとまり)」を、一つ一つ、解いていったら、起こらなくなった。「モンスター(まとまり)」は、「心の問題集」です。

解いて、「プラス感情トレーニング2「emotion plus」」で自分の感情を感じるようにしたら、パニック発作が起こらなくなりました。

どうやら、臆病風に吹かれた(ネガティブ感情の暴走)が、大きな原因の1つだったようです。「プラス感情トレーニング2「emotion plus」」で臆病風を吹き飛ばしてみました。

「プラス感情トレーニング2「emotion plus」」

自分を大切にする勇気が必要だった

この、モンスター(まとまり)を解くには、「勇気」が必要です。自分を大切にする勇気…。その準備が出来た人だけ、「サヨナラ・モンスター」を試してみて下さい。勇気が出ないときは、「薬」に頼るのも、一つの選択肢だと思います(僕は薬は嫌いだから頼らなかった)。

子供頃から、「自分の命よりも、宗教の紙切れを大事にしろ」と言われて育ち、自分で自分を大切にするということがまったくわからなかった。だから、ずっと自分で自分を傷つけて、投げやりに生きてきて、そして、心は地獄に落ちたかのように苦しくなって、ようやく、「自分を大切にすることが大切」だと心から思えるようになった。

自分を大切にする勇気を持ってから、それまでの色々な症状が好転していった…。

この記事を読んでいるあなたがやるべきこと、それは「自分を大切にする」ということ。
(心の中の小さな自分の親になってあげること)

「自分の命よりも、宗教の紙切れを大事にしろ」と言われて育ったことに感謝

「自分の命よりも、宗教の紙切れを大事にしろ」と言われて育ったことに、過去、恨みを持ったし、深い悲しみもあった。何で「自分を大切にしろ」と言ってくれなかったのか、悲しんだこともある。

だけど、今は、それも感謝に変わっている。まず、今の僕は、「自分の命よりも、宗教の紙切れを大事にしろ」という言葉に支配されていない。つまり、「信念」を持っているから、その言葉に支配されないし、流されないのです。では、この「信念」の原点は何処にあるのか?

それが、「自分の命よりも、宗教の紙切れを大事にしろ」と言われて育ったことです。

※宗教の紙切れとは、その宗教が最も大事にしているもののこと。

来る日も来る日も、「自分の命よりも、宗教の紙切れを大事にしろ」「強盗が入って殺されても、自分の命を投げ出してでも、宗教の紙切れを守れ」「火事になって自分が焼け死んでも宗教の紙切れを守れ」と言われていた。で、自分もそんなに気になっていた。

それが、「信念」の「核」になっている。

そして、今度は、「宗教の紙切れ」を「自分の命」や「心の中の小さな自分」に置き換えて思えるようになっている。

「自分の命よりも、宗教の紙切れを大事にしろ」「強盗が入って殺されても、自分の命を投げ出してでも、宗教の紙切れを守れ」「火事になって自分が焼け死んでも宗教の紙切れを守れ」

「自分の命よりも、自分の命を大事にしろ」「強盗が入って殺されても、自分の命を投げ出してでも、自分の命を守れ」「火事になって自分が焼け死んでも自分の命を守れ」

「自分の命よりも、心の中の小さな自分を大事にしろ」「強盗が入って殺されても、自分の命を投げ出してでも、心の中の小さな自分を守れ」「火事になって自分が焼け死んでも心の中の小さな自分を守れ」

つまり、自分を大切に思えるようになるまでの、1つのプロセスだったのです。

自分を大切にする「信念」の「核」になっていたことに気づき、過去の深い悲しみの心の傷が癒され、プラスになったのです。これが「サヨナラ・モンスター」による気持ちの変化です。

※僕は無宗教で、今も、これからも、宗教は好きじゃありません

本当に、苦しい、辛い、もう耐えられない…、と心から思う人は、自分を変えようとする

本当に、苦しい、辛い、もう耐えられない…、と心から思う人は、自分を変えようとする(そのままじゃいられないから本気になる…)。余裕のある人は、自分を変えようとはしない。「サヨナラ・モンスター参加者」は、本当に自分を本気で変えようと思った人たち。素晴らしい人たちだと、僕は思っている。

続きをメールで読む

本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合(ブラウザSafariでは表示されない。Chrome推奨)は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)