なかなか消えない「恨み」は「転換」すればいい!

なかなか消えない「恨み」は「転換」すればいい!

恨みの感情を持つことは誰にでもあり得ることです。不当な扱いを受ければ「仕返ししてやりたい」と思うことも自然なこと。そして恨みを無かったことにすれば心の奥で肥大化してしまい問題が増える。その恨みをストレートにぶつければ自分が加害者となる。大事なことは「恨み」の「転換」です。

恨みとは?

まず恨みとは何かについて辞書を見てみましょう。

他からの仕打ちを不満に思って憤り憎む気持ち。

引用元:恨み/怨み/憾み(うらみ)の意味 – goo国語辞書

恨みを持っている人のことを悪く言っている人もいますけど、逆恨みは別として、人間ですから恨みを持つことは普通にあり得ることですし、恨むだけのことだあったわけですから「恨みの感情を抱いている自分を否定する必要はない」のです。どんな感情も、自分の大切な感情です。大事なことは、その感情の使い方なのです。

恨みを晴らすには?

恨みを晴らすために、相手に危害を加えたり、殺人事件を起こすケースもありますが、それは「恨みを晴らす」のではなく「恨みを曇らせる」のです。

「晴らす」というのは太陽の光が行き届いていくイメージで、不快な気持ちを取り除くことです。相手に危害を加えれば自分は犯罪者。隠蔽しても自分の心には「自分は犯罪者である」という事実が刻まれています。復讐を実行した者が、「恨みを晴らしたからコレでスッキリした…」と思い込んでいても心は曇っているものです。

恨みを晴らすにはどうしたらいいのか?

まずは、まずは自分が持っている恨みの感情をしっかり認めてあげることです。認めた上で、恨みの感情を転換させていけば良いのです。これは簡単なことじゃないけど、転換させることも自分次第で可能です。「恨みの転換」=「恨みを晴らす」ということです。

恨みを転換させるには?

「転換」は「別のものに変わる」ことです。つまり、「恨み」が「別のものに変わる」ということ。そして「恨み」は「感情」です。この恨みの感情を別のものに変えるには、感情を生み出している「解釈・考え方の癖」を変える必要があります。

長い間、恨みを抱え続ける人は、その恨みを持つだけの仕打ちを受けた過去の解釈や考え方をしたままなのです。その「当時の解釈は考え方」を持ち続けると、恨みの感情もいつまでも発生するのです。感情は解釈の結果創り出されているからです。つまり、「恨みを持つだけの仕打ちを受けた過去の解釈や考え方」に変化を起こせば恨みの感情も減っていくということ。

しかし、これは簡単ではない。何故なら「恨みを持つだけの仕打ちを受けた過去の解釈や考え方」は1つではないからです。単体ではないということ。これは「複合的に機能している」のです。ですから、この複合的な集合体全体を変えていく必要があるのです。ですから、難しいのです。「恨みを転換させる」ということは「恨みを生み出している複合的な集合体」を変える必要があるのです。これに関してはとても長くなりますので、僕自身が自分に対して行った、複合的な集合体を小さくしていった方法である「サヨナラ・モンスター」を試していただければと思います。

もう一度繰り返しますが、「晴らす」というのは太陽の光が行き届いていくイメージで、不快な気持ちを取り除くことです。これは、自分の心に対して「自己理解を深める」ということなのです。人は思っている以上に自分のことを知らないものです。「恨み」を「晴らす(自己理解を深める)」ことで、「恨み」が「別のものに変わる」のです。「恨み」を生み出している複合的な集合体が「別のものに変わる」ことで、恨みは出てこなくなるのです。これによって、たくさんの気づきや、成長があるのです。

恨みとは別の感情を抱けるようになればいい

恨みの感情を抱くだけの仕打ちや出来事があった。だけど、その時に自分が違う反応が出来ていれば恨みの感情を抱かずにすんだかもしれません。つまり、「恨みの感情を抱かずにすんだ反応から生み出される恨みとは別の感情」を抱けばよいのです。

 

お返しのレベルが低くて質が悪い!

人間は、良くも悪くも「お返しをしたい生き物」です。プレゼントを貰ったらお返ししたいですし、良くしてもらったら相手にも良くしてあげたい。逆に不当に扱われたら不当に扱ってやりたい。痛い目に遭わされたら痛い目に遭わしてやりたい。自然なことです。

しかし、「お返し」を相手のレベルに合わせて返せば、自分が加害者になるかもしれませんし、犯罪者になるかもしれません。そんなお返しをしてしまったら自分が不幸になってしまいますから、やめたほうが良いです。ではどうすればよいか?

お返しのレベルが低くて質が悪いから、お返しのレベルを上げればよいのです。これは、相手に恐ろしく酷くことをするという意味ではありません。そんな危害を加える方向性はレベルが低いもので、Eランクの仕返しです。ではAランクの仕返しとは何か?それがよく言われる「最大の復讐は幸せになること」です。

恨むだけのことがあった。だからこそ、あなたは幸せになるべきなのです。

続きをメールで読む

本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合(ブラウザSafariでは表示されない。Chrome推奨)は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)