アドラー心理学は最低だ!没個性化だ!やめちまえ!

6984 views
約 2 分
プラス感情トレーニング2「emotion plus」
1日1回わずか数秒で出来るプラスになる方法
この方法で多くの方の心の問題が解決されました。
→ 心の悩みを解決する教材一覧

アドラー心理学は最低だ!没個性化だ!やめちまえ!

このように思う方もおられますが、

アドラー心理学は勇気づけの心理学で、課題の分離、区別、目的論などですが、

これを否定したいときってどんな時か?

人の勇気を挫きたい、他者にモラルハラスメントしたい、課題をこっそり背負わせたい、原因追求で誰かを吊し上げたい時にはアドラー心理学は嫌で嫌でたまらないと思います。

<<下に続く>>

しかし、これらの世界から抜け出したい!と強く思うようになったときアドラー心理学は勇気をくれます。

課題を分離してもいいんだ!

これ以上他者の価値観で生きなくても良かったんだ!

このようなことを教えてくれるからです。

厳しく誠実であるアドラー心理学を受け入れるには、過去の「嘘」の清算も必要かもしれませんね。

嘘は無数に絡み合っていると、本人は自分でも嘘をついていることすら良く分からなくなっている場合もあります。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
心の深い部分にある「まとまり」。
この「まとまり」を紐解いたら、心に大きな変化が起こりました。

1つ1つ「書き出す」こと、
そして「感じきる」、「修正する」。

「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)