「空気」を読むのはやめよう!精神的に未熟なころは群れを好み、精神的に自立してくると「ひとりぼっち」を好むようになります。

「空気」を読むのはやめよう!精神的に未熟なころは群れを好み、精神的に自立してくると「ひとりぼっち」を好むようになります。

精神的に未熟なころは群れを好み、精神的に自立してくると「ひとりぼっち」を好むようになります。

以下の記事の「精神科医」は素晴らしいことを言っています。

「ひとりぼっち」の時間を今あえて勧めるワケ | プレタポルテ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

精神科医の方が言っている「”ひたすら空気を読み合う息苦しさ”」よくわかります。ですので、僕は、一切、空気を読みません。自分の言いたいように、書きたいように書いています。敵は増えますが。(笑)「支配者の作る空気を読んで、バカみたい!」と思っていますので。

SNSなんて、支配者が作った空気を、みんなで読んで、読み合って、それを司令塔が操作している世界です。精神的に自立してくると「くだらない…」と思えるようになります。それまでは、そこで「人生勉強」をすると良いのです。自分を強く持つまで(もつため)の、人生勉強です。SNSも、必要な場。

僕が何か(サプリ、書籍、教材等)を紹介するのも、自分が良いと思ったものだけです。支配者の空気を読んで、紹介したくもないもの(支配者の思惑)を紹介しているわけではないので、「良いものを教えて頂いてありがとうございます。」と言われたりもします。嬉しいことですよ(^^♪

支配者は、まず「空気」を作ります。そして伝染しやすいSNS(距離感が近いから伝染する)で流します。その「空気」を、ピラミッド式に読ませ、読み合いをさせます。「恐怖」を使って、心理的に縛りながら。だから、水を差すような発信を近くですると、叩かれるのです。「空気」は「水」で抜けるから。

「水」は「浄化」です。つまり、「水を差すような発信」は「心の浄化に繋がる発信」です。心が浄化するということは、本来の自分を生きるということ。本来の自分を生きるための発信は、時に、支配者の空気に対し、水を差すような発言となり、叩かれる原因になるのです。支配しにくくなるから。

支配者は、群れをコントロールしないと支配者として生きていけませんから、いつでも、巧みに群れを支配します。そこには必ず「空気」があるのです。「空気」について知りたい方は有名な「『空気』の研究」がおすすめです。

以下の引用元の記事もおすすめです。引用文も読んでみて下さい。

ダミーの目標に水を差しても、真の動機に水を差さない限り、沖縄特攻や独立話のように、無茶で無謀な空気が何度も立ち上がってくるのです。

引用元:日本で、場の「空気」に「水」を差せない本当の理由 | 「超」入門 空気の研究 | ダイヤモンド・オンライン

 

こういうこと。支配者が流す、本当の空気に気づき、その「核」に水を差さないと、いつまでも空気が立ち上がってくるのです。それが出来るまで、多くの人間は、群れの中で、ピラミッド式に、空気を読み合い続けるでしょう。

一昔前の「暴走族」だって精神的に未熟ですから、群れますよね。群れることで強くなれる気がするのです。実際、強くなった気がして、無茶なこと(筋道が立たず、道理に合わないことで、ここには書けない酷いこと)をしている人もいました。勿論、そこには「空気」があり、空気の司令塔は暴力団でした。

ですので、群れに流されず、「空気」を読まず、「ひとりぼっち」を楽しんで、自分らしく生きていくことをおすすめします!本当の幸せって、「自分が満たされることで感じれるもの」ですから、あなたが満たされないといけないのです。空気を読んで、他人の何かを満たしている場合じゃないのです。

僕は過去、「ひとりぼっち」が死ぬほど怖かった。「見捨てられ不安」も強く、一人でいる時間が苦痛で仕方なかった。それは、心の中の自分を自分で嫌がっていたから…。だけど、自分を大切に思えるようになったら、逆に、ひとりの時間が好きになっていった。自分を大切にすれば好転する!

続きをメールで読む

本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。2000件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

コメント投稿一覧

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. 「空気」を読むのはやめよう!精神的に未熟なころは群れを好み、精神的に自立してくると「ひとりぼっち」を好むようになります。 | 幸せの種「気づき」 https://t.co/76h3ActX5I

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)