怒っている人は、実は、悲しんでいる…。僕自身、過去は「怒り」を使っていました。怒りを使うしか知らなかったのです。追い詰められていて、弱くて、対処法も知らなくて、最後の手段として怒りを使っていました。

9196 views
約 2 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

怒っている人は、実は、悲しんでいる…。僕自身、過去は「怒り」を使っていました。怒りを使うしか知らなかったのです。追い詰められていて、弱くて、対処法も知らなくて、最後の手段として怒りを使っていました。

「怒っている人は、実は、悲しんでいる…」。この言葉は本当にそうだと思います。僕自身、過去は「怒り」を使っていました。怒りを使うしか知らなかったのです。追い詰められていて、弱くて、対処法も知らなくて、最後の手段として怒りを使っていました。

そして、その「怒り」の裏には「悲しみ」がありました。だけど悲しんでいる自分、弱い自分。それを認めたら自分が消えてしまいすべてが終わるような感覚でした。なので「悲しみ」を隠して強がって「怒り」を使っていたのです。

怒りは二次感情で一次感情は悲しみです。一次感情は「本当の気持ち」「メインの感情」です。

「怒り」=「悪」ではありません。「怒り」=「悲しみ」です。「怒り」=「悪い人」と言う考えは「悲しみを出せない人を悪者扱いするための言い訳」のようなものの場合もあります。人を封じ込める大義名分になる場合もあるのです。

「怒り」は出てもいいんです。問題はその怒りを使った先の行動なんです。怒りを使いを相手を脅迫すればそれは脅迫罪です。怒りを使って恐怖を植え付けて支配すれば悪い支配です。

<<下に続く>>

だけど最初の感情の「怒り」は怒りの感情であってそれ自体が悪いものと言うわけではないのです。

あなたに向かって怒っている人は悲しんでいます。親が怒って支配したとしても、悲しんでいたのです。そう知ることで、許すことが出来る場合もあります。親や、先祖を恨んでいる人は、怒りの背景の本当の気持ちに気づけば、許せるときが来る場合もあります。

そして許すだけではなく、成長することが出来ます。成長したときに、親や先祖のおかげで「ここまで成長できたよ!ありがとう」と心から思える時が来ます。

その時こそ、本当の心の供養の時です。供に心の中で養う。表に出す感情は二次感情だったけど、本当の感情は悲しんでくれていたり心配してくれていた。その時代での方法では精一杯やってくれた・・・。ありがたいことです。

こうは思っても、僕自身、まだまだ右往左往して手探り状態です。最後には深い感謝が出来るような自分へと成長していきたいと思っています。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 29 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 遺伝子の影響で先天的な症状を複数発症して苦しい思いをしています。今はまだ、親や先祖を許すことができないのが本音です。
    仕事も何も出来ず、一生をかけて解決していかなければならない命題だと考えてます。

  2. 私も親と色々な確執がありましたけれども、親から無視されるのが一番こたえました。
    怒られているうちが花、とはよく言ったものだと思いました。
    親の心配を省みず、逆恨みしては暴言を吐いていた頃の事を、今では恥ずかしく思っています。

  3. 確かにそうかもしれないと思いました。

    私は幼少の頃に性的虐待を受けて育ち、今でも親を恨んでいます。
    自分なりに色々やって昔よりは恨みが薄くなりましたが。

    私は「まともな親だったら愛されたかった」
    と思っています。
    この思いにくっついているのは悲しみです。

    ここまできたらそれは不可能ですし、可能であったとしても私はそれを望みません。
    けど、いつかは「これで良かったのだ」
    と思える日が来るような気がしています。

    • 悲しんでいるんですよね。

      ちゃんと愛してほしかった。と。

      性的虐待は人生を大きく左右するとても卑劣で辛いことだと思います。

      「これで良かったのだ」と思えるくらい理解を深めたり、一緒に理解をしてくれるパートナーと共に癒していってほしいと思いました。

      本当に理解こそ癒しになると思います。

  4. 親を恨むことはありますよ。許せることができないことってある

  5. 私、若い頃に夜遊びして深夜に帰宅すると父親からよく殴られました。

    その時は、彼氏の方が大事でスッゴい反抗したけど、父親は怒る前に心配してたんでしょうね。

    今になれば、よくわかります。

  6. 時代が違えば考え方も行動も違います。親の生きてきた時代を理解することで、親への怒りもなくなることもあるかもしれません。

  7. ∞ひめくるみ∞

    私は今まで
    イライラしてるから怒ってると思ってました。

    イライラしてるって言うのも有るだろうけど、悲しいから怒っていると言うのも、一理あるなと思います。

    怒ってるとたまに悲しくなります。

    怒っていると、イライラ&悲しさがドカンと{emj_v_0306}爆発します。

    • 怒っている時、悲しんでいる自分に気づいてあげましょう(^^)/

      自分を受け入れ自分を大事に、そして自分を信じて自分を愛する。

      自分一人で生まれてきて、自分一人で死んでいくのです。

      そして自分で人生に意味づけをして、人生を楽しんでくださいね!

  8. 私は小さい頃から、いつも親に怒られてばかりでした。「私は、嫌われている」と、いつも思っていました。でも、今は親になり当時の親の気持ちも理解出来る様になってきました。
    そして一次感情は悲しみで、それが怒りで蓋をされているから、中にある本当の悲しみに気が付かないと言う事も知りました。
    もしかしたら、私の親も小さい頃に、私と同じ様な思いをしていたのかな…と考える様になり、気が付いたら親に対するマイナスの感情は消えていました。

    今、気が付く事が出来て良かったです。

    • すごく良い気付きですよね。

      そのように皆、個人差はあるけど成長していくんですよね。

      心の成長過程には、恨みも憎しみもあるものですね(#^.^#)

  9. 親への恨み、ありました。「何で大学に進学させてくれなかったの?」

    小学生の時に「お前を大学に連れて行くために頑張っている。だからお前も頑張れ。」ということを親から言われ、それを信じて勉強や家事など小学生ながらそれなりに頑張っていました。

    しかし、元々収入の多い家庭ではなかったので、中学生になるとそれは実現出来ないと分かりました。

    高校卒業後は就職しましたが、職場や飲み方の雑談の話題に上がる「どこの大学出てるの?」が辛かった記憶があります。
    また、大学を出たというだけで厚待遇を受けている職場の後輩を見るたびにイライラもしていました。

    でも、結婚して子供達も産まれ、その子供達が大きくなるにつれ、当時の親たちが子供達と向き合うにあたり「ここに悩んでいたのでは?」「ここで苦しんでいたのでは?」と思えるようになり、徐々にではありますが親を恨む気持ちがなくなってきたのです。

    今では恥ずかしい思い出す。

    • 恥ずかしいことはないですよ。

      それが心の成長過程ですので、個人差はありますが「恨みを経験したから気づいたこと」があり、
      恨みを経験しなければわからなかったこともありますので、恨んだことも良かったことです(^^)/

      それを乗り越えて成長されたことが素晴らしいことです。

  10. 親には反抗期もありましたが今は仲良く感謝しています。

  11. 親には金銭的には良かったのですが、遺伝で体の欠陥は欲しくなかったです。そのせいでいじめられた時期がありつらかったです。

  12. 私の旦那は母子家庭で育ち、女親が男の子を育てていてなめられないようにと叱って手をあげることも多々あったようです。

    ですが、うちの旦那はそんな母親に
    お母さんごめんね、手痛かったでしょう
    と言ったそうです。

    子供ながら怒りの裏の悲しみを理解していたのですね。

    すごく共感します。

    • 凄く深いですね(^^)/
      子も親も互いに奥の悲しみを理解できた。

      素晴らしい内容をありがとうございます。

      「お母さんごめんね、手痛かったでしょう」

      どんな恨みがあったとしても、その一言が恨みを消し去ってくれる気がします。

  13. おっしゃる事は、なんとなく前から分かっていたような気がします。

    いつも私だけ親に怒られていましたが、ある時怒っているのに何故か悲しそうだと感じて、それから生活も改まったような…。

    怒られるのは平気だけれど、悲しませてはいけないという、子供なりの親に対する気持ちがあったのかも。

    グレもせず、今は良い子の位置を一応キープしています。

    • 気づきって段階があるなぁって思いました。

      その時に奥の本音を感じたんですね!
      悲しませたくなんてないんですよね。
      だけど、本音じゃなく二次的な感情で来られると、こっち側も二次的な感情になってしまいやすい;^^

      ストレートに感情を出せると互いに上手くいくと思いました。

  14. 怒りは、悲しみ。。

    そう考えると、自分も他人も家族も許せそうですね。

    また1つ勉強になりました。

  15. そう考えると親が怒っているのも納得できる気がします。

  16. いつも子供に言います。
    『嫌いやったら腹立てへんねん、お母さんはよその子が銀虎(長男)と同じ事をしてても腹立たんよ』と。
    何回も同じ事で怒って、ちゃんと出来て欲しいのに、理解しとほしいと言う、切ない悲しい気持ちがあるからですよね。

    • そうなんですよね(^^)
      その切ない悲しい気持ちをストレートに出せないから上手くいかないことありますけど、
      ストレートに一次感情を出せたら、すごく楽だと思います。

  17. 中学生の頃、母親に絞め殺されそうになり
    1時は、殺したいほど憎んでいたが
    そんな事を考えるより、楽しい事を考えようと
    家出をして、数十年
    許しちゃいないが、忘れている

    本当の供養か…

    無理と言うより、拒否かな
    他人になら、許してやれよと言えるが
    自分には無理な自分がいる
    両親は、事故で死んで孤児になった
    自分の母親に殺されかけた以上の不幸は有り得ない
    この考えで、何があっても楽しく生きてられる

    • 言っていることわかる気がします。

      私が簡単に言えることではありませんが、
      実の子を殺そうとしなければいけないくらい私には理解できないくらい深く苦しんで悲しまれたのだと思います。

      私のこの記事が受け入れることが出来なくて当たり前です。
      勝手に思ったことですが、この記事はそんな思いをされたからこそ、
      大事なことではないかと思うんです。

      それでも、それを超えて親の苦しみや悲しみを理解したとき、亀吉さんの中には物凄い力で気づきが起こり、
      その心が親の心に届き本当の供養になるのではないか。

      私はそう考えています。

      亀吉さんのコメントを読んで、優しさが奥にある。そう感じました。

  18. 相手を許せた時が成長した時ですね。勉強になります。

LEAVE A REPLY TO りん CANCEL REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)