劣等感の押し付けをやめ尊重し理解をしていけば、理解は癒しとなり犯罪者も心の病も非行も減るでしょう

恨んでもいいし、行動しないときはしなくてもいい。

大事なのは無理やりじゃなく、相手がちゃんと理解することなんです。

カリスマドッグトレーナーのシーザーミランも番組で「尊重し犬が理解するのを待つこと」と言っていました。

「行動しろ!」「でなきゃ何も変わらない!」と言いたがる人は、自分の劣等感を押し付けようとしている人です。

自分が行動が足りていないと不安になるとき他者に「行動しろ!」と言いたくなります。

自分が引きこもりの人に「怠けていないで外に出ろ!」と言いたい時、優越感に浸りたい時です。

自分が犯罪者に反省させようとするときも、犯罪者を使いストレスの発散をしている時です。

ですので「相手からの不当な指示」などそういった言葉は無視し自分が自然に進みだす時を待つのです。

心が病んでいる人も引きこもりの人も犯罪者も、自分から変わりたくなる時があるのです。

そこを待って本人が理解できれば、必ず進みだします。

その為に尊重していけば、無理やり反省させる無理やり理解させようとする行為が如何に愚かで、より多くの犯罪者を増やし、非行に走らせ、心の病を増やしているか、わかってきます。

このことに気づくきっかけになった本は以下です。

尊重を忘れると犯罪者は増えます。

尊重し理解をしていけば、理解は癒しとなり犯罪者も心の病も非行も減るでしょう。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿一覧

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] 「理解=癒し」だから、相手を理解しないという事は相手を傷つける事で、相手を理解するという事は相手を癒すことなのです。理解が癒しになることはコチラの記事も合わせて読むと良いと思います。 […]

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)