劣等感の押し付けをやめ尊重し理解をしていけば、理解は癒しとなり犯罪者も心の病も非行も減るでしょう

恨んでもいいし、行動しないときはしなくてもいい。

大事なのは無理やりじゃなく、相手がちゃんと理解することなんです。

カリスマドッグトレーナーのシーザーミランも番組で「尊重し犬が理解するのを待つこと」と言っていました。

「行動しろ!」「でなきゃ何も変わらない!」と言いたがる人は、自分の劣等感を押し付けようとしている人です。

自分が行動が足りていないと不安になるとき他者に「行動しろ!」と言いたくなります。

自分が引きこもりの人に「怠けていないで外に出ろ!」と言いたい時、優越感に浸りたい時です。

自分が犯罪者に反省させようとするときも、犯罪者を使いストレスの発散をしている時です。

ですので「相手からの不当な指示」などそういった言葉は無視し自分が自然に進みだす時を待つのです。

心が病んでいる人も引きこもりの人も犯罪者も、自分から変わりたくなる時があるのです。

そこを待って本人が理解できれば、必ず進みだします。

その為に尊重していけば、無理やり反省させる無理やり理解させようとする行為が如何に愚かで、より多くの犯罪者を増やし、非行に走らせ、心の病を増やしているか、わかってきます。

このことに気づくきっかけになった本は以下です。

尊重を忘れると犯罪者は増えます。

尊重し理解をしていけば、理解は癒しとなり犯罪者も心の病も非行も減るでしょう。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
劣等感の押し付けをやめ尊重し理解をしていけば、理解は癒しとなり犯罪者も心の病も非行も減るでしょう
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
劣等感の押し付けをやめ尊重し理解をしていけば、理解は癒しとなり犯罪者も心の病も非行も減るでしょう

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0

コメント投稿一覧

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] 「理解=癒し」だから、相手を理解しないという事は相手を傷つける事で、相手を理解するという事は相手を癒すことなのです。理解が癒しになることはコチラの記事も合わせて読むと良いと思います。 […]

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)