自分も虐待者(加害者)である…と気づいた人は劇的に変わる!人は誰しも、加害者でもあり、被害者でもあるのです。

自分も虐待者(加害者)である…と気づいた人は劇的に変わる!人は誰しも、加害者でもあり、被害者でもあるのです。

自分で自分を心理的に虐待

自分で自分を軽視したり、無視するのはもうやめましょう。これは、自分で自分を虐待しているのです。きっと、過去に、誰かからそのように扱われてきたはずです。「自分で自分を大切にする!」、これが心救われるために絶対に必要なことです。自分で自分を酷く扱っても、心は救われません。

自分が虐待者であると気づけた人から成長する

軽視も無視も虐待の1つですので、広い意味で言えば、人は誰もが「虐待者」です。自分が虐待者であると気づけた人から成長していきます。

本当に変わる人は、これまでに、自分で自分を虐待していたことに気づき、そして、それを認め、自分の弱さも知り、劇手に変わっていきます。自分で自分を虐待しながらそれを隠し、他の人の悪い部分だけを叩いていても、心救われることはありません。変えることが出来るのは、自分です。自分を変えよう。

自分が虐待者だと気づくには勇気が必要

僕自身も、心が苦しくて苦しくて、どん底に落ちたような気分を長きに渡って味わい尽くした時、「俺は、自分を大切にしていない…、自分を軽視し、自分を無視して、自分を傷つけ続けていた…、俺は虐待者だったんだ…」とハッキリわかった時がありました。また気づいていないこと、それが大切です。

自分が虐待者だと気づくには勇気が必要です。勇気が無い者は、永遠の被害者としてブツブツと他人の悪ばかり叩いています。「加害者め!」と。こういった者は自分自身の加害には気づきもしない愚かな者です。人は誰しも、加害者でもあり、被害者でもあるのです。

誰も助けてくれない…?自分は?

「誰も助けてくれない…」そう思っていたころ。そして、「誰も助けてくれない…? 俺は? 俺自身が誰も助けていない、自分自身を助けていない…」そう気づいた時がある。大事なことは、自分で自分を助けることです。自分のために勉強し、知るべきことを知り尽くし恐怖を減らし、感情を感じきること!

自分を成長させろ?人を舐めているの?

心理的な虐待者は、自分を成長させろ、などと思っていることがありますが、これは「人を舐めているの?」と思われる場合もあることです。人を成長させるというのは、物凄く難しいことです。お金がかかる場合もあるし、色々勉強も必要です。更には、相手が未熟で自分望む結果を与えてもらえなかった時には洗脳の意味も知らない者が「洗脳された」など相手を悪者扱いすることもあります。

人の命(時間)を軽視しているから、「私(僕)を成長させろ」なんて、他人にやらせようとするこんな態度でいられるのです。他人に大変なことをやらせる癖がある証拠のようなものです。ハッキリ言ってこんな者を増やして蔓延らせた間違った教育にも、一部、問題があると僕は思いますよ。

他人にやらせるために、巧みに支配し、スケープゴートを作り、悪役を作って凌ごうとする、こんな永遠の赤ん坊、永遠の未成年者集団も増えました。

先見の明があったと言われるヒトラーの「ヒトラーの予言」、、、ヒトラーの予言通り「永遠の未成年者集団」が増えてきました。

中学3年の15%もが理解困難であり問題があることがわかったそうです。本当にやばいです。何故なら、いじめ、差別、虐待、嘲笑、暴力など、こういったものって、「正しく理解できないことが深く関係」しているのです。

まず闘争によって選りぬかれた貴族階級が現われる。新しい中産階級、無知な大衆、新しい奴隷、仕えるものの集団、『永遠の未成年者集団』があろう。そしてこれらすべての上に、さらに新しい貴族がある。特別の指導的人物である。

このように、支配をめぐる闘争によって、国の内外に新しい身分が成立する。しかも東方が巨大な実験の場になる……そこに新しいヨーロッパの社会秩序が生まれるのだ」(ラウシュニングに語った言葉)

 

引用元:1999年以後―ヒトラーだけに見えた恐怖の未来図 (ノン・ブック)

上記の引用に「永遠の未成年者集団」そして「東方が巨大な実験の場になる」と書かれています。もしも「新型コロナ」も「何らかの実験」の「一部」という可能性もあるかもしれません。

ダイヤモンド・プリンセスは壮大な実験場だった 中国は生物兵器戦で不覚を取り、米国は勝どき上げる(1/9) | JBpress(Japan Business Press)

話は逸れましたが、「永遠の未成年者集団(無責任者の集団)」に属してはいけない、僕はそう思いますよ。自由に楽しく生きることは大切です。しかしそれは「責任」が伴うことが絶対条件です。「責任」=「自由」であり、「無責任」=「不自由」になります。「永遠の未成年者集団(無責任者の集団)」は支配され、奴隷になり、不自由になってしまうのです。

「永遠の未成年者集団(無責任者の集団)」は、その時は良くても、あとでツケが回ってくることに気づいて欲しいと思います。結果、自分で自分を不幸にしてしまうのです。

書くことで癒される…!だけど自分を救おうとしない人は無理!

ネガティブなことを書くことで、心が癒されるのは色々な研究からわかっていることだけど、これは万人に効果的なわけではありません。人の所為にして自分から変わろうとしない人はどれだけ書いても良い変化は起こらず「悪化した」と言うだけでしょう。自分を救う気がなければ変わりません。

厳しく聞こえるかもしれないけど、自分で自分を虐待しながら、他人に「ほら救いなさいよ」と丸投げするような人は、どんなに書いても良い変化は起こりません。自分に「申し訳なかった…!」と思えるようになった人はガラッと良い方に変わります。

サヨナラ・モンスター参加者様で変化していく人は、みんな、「自分で自分を救おう!」という気持ちを持っている人たちです。心の中の小さな自分の苦しみや、深い悲しみを理解する勇気を持ちたい人だけ、サヨナラ・モンスターに参加して下さい。ハッキリいますが、自分を虐待し続けたい人は、どんな救いもありません。永遠と「ごっこ」をしていてください。僕は、そういった人を相手にしている時間はありません。

限られた時間、時間は「命」です。それを大切にして、心の中の小さな自分を救う親になる人だけが、変わっていくのです。寝ぼけて遊んで他人の所為にしてスケープゴートを作って誤魔化すような者は、絶対にサヨナラ・モンスターに参加しないで下さい。これはお互いのためにお伝えしている大切なことです。

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)