モラハラポジションにある椅子に座るな!モラルハラスメントの世界から抜け出すと、抜け出した人の代わりに誰かが汚物感情処理係になる

 2021年11月28日
9633 views
モラハラポジションにある椅子に座るな!モラルハラスメントの世界から抜け出すと、抜け出した人の代わりに誰かが汚物感情処理係になる

モラルハラスメントの世界から抜け出すと、抜け出した人の代わりに誰かが汚物感情処理係になるということを過去に私も経験しました。まずモラルハラスメントの世界は誰かが誰かの汚物感情を背負わせられています。それは無意識で背負わせているので、背負わされている人は気づいていません。

そのモラハラポジションに座らせようとする人は欺きが上手でずる賢い人間です。そしてモラハラポジションに座らせられる人は素直で真面目で誠実だけど自分を信じていない方です。欺きのプロのモラハラ加害者、サイコパス、人格障害が悪化した相手に情を持つと知らず知らずモラハラポジションに誘導されていきます。

今日も気付かないで背負わせられて、背負ったものを下に流してそれを誤魔化しています。私はこのことに気づいてからモラルハラスメントの世界から脱出しました。思い返せば「この人は可哀相なんだ…俺が何か出来ないかな?」という考えをしていたのですが、それがそもそもの間違いだったのです!

すると、汚物感情を背負わされる私が座っていたポジションが空席になったので、背負わせる側は焦り出しました。

何故かと言うと、背負わせる側は誰かに自分の汚物感情を背負わせていないと落ち着かないからです。それで安定を保っているようですね。

私が抜けたことで汚物感情を背負わされるポジションが空席になったので、甘い汁や誘惑や優しさ、プレゼント攻撃、お金の誘惑を巧みにを使い呼び戻そうとしてきます。

私はあらゆる勉強をし、それが罠だと知っていたので当然完全無視をしました。それでも向こうは相当な粘着をしているので必死に呼び戻そうとします。それでも無視を続け、期待などしてはいけません。

すると、汚物感情を背負わせる側は諦めると、代わりに誰か背負わせることが出来そうな別の人に近寄り、その人にあらゆる甘い汁や誘惑や優しさプレゼント攻撃を巧みに使いそのポジションに気づかれずに腰を下ろさせるように仕向けます。

そして、私の在籍していたモラハラポジションに今、座っている人がいます。思ってた通り、その私の代わりとされた人はイライラが募り子供に八つ当たりをしています。子供も自分の発言を抑え込んで自由に話せないようになっています。私は、私の代わりとされた人に説明と警告をしましたが、汚物感情を背負わせる側の心理操作(心の賄賂など)で強くブロックされているので無理でした。時間をかけていけば解けると思いますが、私は時間を使えません。本人が気づいて抜け出してくれると良いです。

このように、人は気が付いていませんが日常的にどこにでも汚物感情を背負わせる側と、背負う側で分かれています。大体これを数字にすると2:6:2の割合に分かれます。上二割が下二割に背負わせていて、下二割は素直で優しく真面目で責任感があるタイプです。このように、人は他者の感情を背負ったりしているのです。

苦しい人は、このことに深く気づいてモラルハラスメントの世界から足を洗って脱出することをおすすめします。脱出してもモラルハラスメントの影響を受けているので、常に自分を向上させていくことを忘れてはいけません。

モラルハラスメントの心の賄賂には色々ありますが、よく使うのはコントロールしやすくし支配するのが目的なので「孤立するように仕向けておいた上で、話し相手になってあげるよ?」という罠です。「お前なんかいらねーよ!」と強気になっていいと自分に許可を出してあげましょう。見抜いて抜け出しましょう。

 

最後に…

モラハラポジションに座るという事は、自分を信じていないのです。自分を信じず他者を信じ他者に期待をするから、他者の誘導で知らず知らずモラハラポジションに座ることになるのです。その先に待っているのは破滅です。

自分や家族を信じない場所には、見えないモラハラの椅子が近寄ってくるのです。そして恐れ逃げ出した人間は、自分よりも下の子どもや兄弟をモラハラの椅子に差し出すのです。一番純粋で優しい人が座るのです。ですので「こいつらは善のフリをした卑怯者だ!こんな卑怯者に自分を売ってはいけない」と思っても良いと許可をしましょう。

読者登録&解除(無料)

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事に対しての評価をお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより恨みも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。