モラハラポジションにある椅子に座るな!モラルハラスメントの世界から抜け出すと、抜け出した人の代わりに誰かが汚物感情処理係になる

プラス感情トレーニング「emotion plus」
プラス思考になるための簡単なメールトレーニングです。
「料金はいくらでしょうか?」
「いいえ、お金は一銭も頂きません。」 (笑ゥせぇるすまんではありません 笑)
モラハラポジションにある椅子に座るな!モラルハラスメントの世界から抜け出すと、抜け出した人の代わりに誰かが汚物感情処理係になる

モラルハラスメントの世界から抜け出すと、抜け出した人の代わりに誰かが汚物感情処理係になるということを過去に私も経験しました。まずモラルハラスメントの世界は誰かが誰かの汚物感情を背負わせられています。それは無意識で背負わせているので、背負わされている人は気づいていません。

そのモラハラポジションに座らせようとする人は欺きが上手でずる賢い人間です。そしてモラハラポジションに座らせられる人は素直で真面目で誠実だけど自分を信じていない方です。欺きのプロのモラハラ加害者、サイコパス、人格障害が悪化した相手に情を持つと知らず知らずモラハラポジションに誘導されていきます。

今日も気付かないで背負わせられて、背負ったものを下に流してそれを誤魔化しています。私はこのことに気づいてからモラルハラスメントの世界から脱出しました。思い返せば「この人は可哀相なんだ…俺が何か出来ないかな?」という考えをしていたのですが、それがそもそもの間違いだったのです!

すると、汚物感情を背負わされる私が座っていたポジションが空席になったので、背負わせる側は焦り出しました。

何故かと言うと、背負わせる側は誰かに自分の汚物感情を背負わせていないと落ち着かないからです。それで安定を保っているようですね。

私が抜けたことで汚物感情を背負わされるポジションが空席になったので、甘い汁や誘惑や優しさ、プレゼント攻撃、お金の誘惑を巧みにを使い呼び戻そうとしてきます。

私はあらゆる勉強をし、それが罠だと知っていたので当然完全無視をしました。それでも向こうは相当な粘着をしているので必死に呼び戻そうとします。それでも無視を続け、期待などしてはいけません。

すると、汚物感情を背負わせる側は諦めると、代わりに誰か背負わせることが出来そうな別の人に近寄り、その人にあらゆる甘い汁や誘惑や優しさプレゼント攻撃を巧みに使いそのポジションに気づかれずに腰を下ろさせるように仕向けます。

<<下に続く>>

そして、私の在籍していたモラハラポジションに今、座っている人がいます。思ってた通り、その私の代わりとされた人はイライラが募り子供に八つ当たりをしています。子供も自分の発言を抑え込んで自由に話せないようになっています。私は、私の代わりとされた人に説明と警告をしましたが、汚物感情を背負わせる側の心理操作(心の賄賂など)で強くブロックされているので無理でした。時間をかけていけば解けると思いますが、私は時間を使えません。本人が気づいて抜け出してくれると良いです。

このように、人は気が付いていませんが日常的にどこにでも汚物感情を背負わせる側と、背負う側で分かれています。大体これを数字にすると2:6:2の割合に分かれます。上二割が下二割に背負わせていて、下二割は素直で優しく真面目で責任感があるタイプです。このように、人は他者の感情を背負ったりしているのです。

苦しい人は、このことに深く気づいてモラルハラスメントの世界から足を洗って脱出することをおすすめします。脱出してもモラルハラスメントの影響を受けているので、常に自分を向上させていくことを忘れてはいけません。

モラルハラスメントの心の賄賂には色々ありますが、よく使うのはコントロールしやすくし支配するのが目的なので「孤立するように仕向けておいた上で、話し相手になってあげるよ?」という罠です。「お前なんかいらねーよ!」と強気になっていいと自分に許可を出してあげましょう。見抜いて抜け出しましょう。

 

最後に…

モラハラポジションに座るという事は、自分を信じていないのです。自分を信じず他者を信じ他者に期待をするから、他者の誘導で知らず知らずモラハラポジションに座ることになるのです。その先に待っているのは破滅です。

自分や家族を信じない場所には、見えないモラハラの椅子が近寄ってくるのです。そして恐れ逃げ出した人間は、自分よりも下の子どもや兄弟をモラハラの椅子に差し出すのです。一番純粋で優しい人が座るのです。ですので「こいつらは善のフリをした卑怯者だ!こんな卑怯者に自分を売ってはいけない」と思っても良いと許可をしましょう。

  • SHIP

  • ¥16,200(税込)

  • 体験談・実績を報告していただけるとお礼最大¥5,000(たった30名の募集枠)
  • オンライン教材(サポートあり)
  • プラス思考になることも、自己肯定感を高めるにも、アダルトチルドレンを克服するにも、

    最後に辿り着くのは 「本当の自己信頼」です。

    つまり「内なる自分(本当の自分)」と繋がることが最後の根本的な克服法なのです。

    内なる自分と繋がると「本当の自信」がついてきます。本当の自信を持つことが人生上手くいく最高の道です。

    「内なる自分」と繋がるための確かな方法があります。 それが「医療」として「正式」に認められ 「効果も実証」された方法、SHIPです。

    自宅で受講できるオンライン教材で自己催眠も習得できます。「マスター・ヒプノティスト資格(上級レベル)」を取得した「プロ」の催眠療法士による本格的なプログラムです。

  • お申し込み

関連コンテンツ

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 12 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by けりぃ

    今正にそれを体感しています。
    私が仕事の女の人からモラハラを受けていて
    でももうすぐ産休に入るので引継をしてる人が
    いるのですが、その人がミスをしても最初は
    言葉巧みに優しく許してあげてました。
    私が今のポジションに就いた時も同じでした。
    時が経つにつれ段々と態度が威圧的になって
    私は必要以上に関わらないようにしてますが
    毎日必ず何かしら連絡を取らないといけない
    仕事の間柄なので、仕事にいくのがストレスで
    なりません。
    産休の引継者も今は、ミスを心良く許してくれた
    と、喜んで話してましたが、そのうちターゲットに
    されないか心配です…。
    モラハラしてる相手は別に立場が偉い訳でも、格上
    な訳でもありません。
    自分のミスはサラッと流し、相手のミスはとことん
    攻撃します。
    先日も、言ってもない事を自分は
    言ったよねぇ?!言ったのに何でミスしたわけ!?
    (平気で嘘をついたのか、本当に自分には非がないはず
    だから言ったと思い込んでるのかは不明)
    みたいに同僚がいる前で威圧的に怒鳴ってました。
    否定するのもバカバカしくなり黙っていましたが
    それはそれで、相手はしてやったりと思っている
    んでしょうね…。
    私が思うのは、モラハラしてる人って、可哀想
    だと思います。
    そうする事でしか自分を保てないんですよね。

    • by 菅原隆志

      安定を保てないから常にそのポジションに誰かを座らせようとしますよね。
      大事なのはやっぱり、そういったモラハラの輪に入らない、誘惑もされない、心理的賄賂も受け取らず、モラハラの輪の外の自由な世界に行く事だと思います。

  2. by 名無し

    「モラハラ」。嫌ですね。でも自分は自分で守らないと。本当は関わりたく無いですね。

  3. by LV

    うわーかなり分かります。

    私も、そういう経験がありますが
    この絆サイトが出来る前だったので
    当時は気付かなかったですが
    モラルハラスメントという事ですね。

    いいように利用されていたと…。

    私は気付いたのかは分かりませんが
    付き合うのが嫌になり
    徐々に距離を置いていきましたが
    やたらと、媚を売るようになったり
    お土産を買ってきたりと
    怖いぐらいにイイ人ぶっていました。

    私は、無視するまではなかったですが
    付き合いを辞め
    引越したのもあり、今はその人が何をしているのかも全く知らないです。

    自分で気付くのは本当に大事ですね。

  4. by mamiya

    攻撃対象が必要な場合、相手は誰でも良いんです。
    ターゲットにされないようにするには、関わらないのがいちばんです。

  5. by ancoro

    相手をプラスにするための言葉。

    難しく考えると際限がないので、ここはシンプルにこころからの「ありがとう」を推薦します。

  6. by ぜろ

    短所ってさ、見方を変えれば長所なんだよね♪♪

    出し方を変えれば長所になるのが短所なんだから、気にせずに長所を伸ばしてゆこうよ…

  7. by kyu

    自分の悪い癖ですが、たまに「がんばって!」と人に言ってしまいます。よく考えたらこの言葉だとその人にプレッシャー与えるだけじゃないかと思います。今自分がいいなと思っている言葉な「あなただったらできる!」です。これだと相手の能力とか良さとか引き出すプラスの暗示がかけられると思います。

  8. by 名無し

    学生時代、いじめのターゲットは順繰りに移っていくものでした。自分さえ我慢すれば、友達はいじめられずに済む…そう考えて堪えていたあの頃。
    まさに処理係にされていたのですね。
    今考えれば馬鹿らしく恐ろしいことです。

  9. by 未來

    もらすはらすめんとはどこにでも存在する

  10. by 名無し

    モラルハラスメントの被害者は予想以上に自尊心を傷つけられ自信を失っていると思うので、自信を取り戻せるような言葉を掛けたいと思っています。

  11. by かみ

    嫌ですねモラハラ。

    ありがとう が力あるプラスだと、うちは思います(^o^ゞ

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)