優れた人が本当の優しさを持てる人です。あの人いい人だよね…、あの人優しいよね…、という「偽善の世界」に依存していると、それが「偽善」だと気がつけない。

優れた人が本当の優しさを持てる人です。あの人いい人だよね…、あの人優しいよね…、という「偽善の世界」に依存していると、それが「偽善」だと気がつけない。

あの人いい人だよね…、あの人優しいよね…、という「偽善の世界」に依存していると、それが「偽善」だと気がつけない。そして理由もわからず、ループしながら苦しんでいる人たち…。自分が成長してくると、それが少しずつ分かってきます。だから、変わるべきは自分なのです。自分を自分で育てよう。

本当の姿が見えるようになると、180度違って見えることが増える。「あの人いい人だよね…、あの人優しいよね…、」← コレ、いい人でも何でもなく、実は心理的な虐待者だった…という場合もあります。人間は中々慣れ親しんだ心の世界から抜け出さない生き物です。だから「変わる人」は素晴らしい!

恐怖への同一化、最初は「あの人嫌だな、怖いな…」と思っていたけど、「あの人は怖いけどいい人だ、お金くれたし」と媚びていくから、支配者(あの人)は優しくなる。そして「ほらやっぱりいい人だった!」と納得して、恐怖対象に同一化していき、自分に戻れなくなる。

このタイプは、自分の気持ちである「あの人嫌だな、怖いな…」を「ほらやっぱりいい人だった!」と捻じ曲げて自分で自分を見失わせるので、DV男になりやすいタイプです。外に媚びて、内(自分、パートナー、子供、ペット)を傷つけやすいタイプです。

「優しいね」という言葉で支配する人と、承認欲求に飢えていて、「優しいね」と言う言葉を言われたくて支配される人。そこにある「偽物の優しさ」では幸せになれません。「本当の優しさ」には「優れた何か(行動によって結果を得る)」が含まれています。偽物は口だけです。

「優れた何か(行動によって結果を得る)」があるからこそ、本当の優しさです。家族を本当に大切に思う優しい人は、自然と責任をもつようになり、どこかが優れていくのです。優れないと、本当の優しさは出てこないのです。口先だけの言葉に騙されないように。優れた人が本当の優しさを持てる人です。

そして、誰でも本当の自分を生き始めると、その人の個性が開花されて、どこかが優れていきます。つまり、勇気を持って本当の自分を生きていこうとすると、誰でも優しくなっていくのです。本当の優しさを持つようになっていくのです。だから、あなたのやるべきことは「本当の自分を生きること」です。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
優れた人が本当の優しさを持てる人です。あの人いい人だよね…、あの人優しいよね…、という「偽善の世界」に依存していると、それが「偽善」だと気がつけない。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
優れた人が本当の優しさを持てる人です。あの人いい人だよね…、あの人優しいよね…、という「偽善の世界」に依存していると、それが「偽善」だと気がつけない。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)