(続き)3ステップを強化する2つの前提!そして、煩悩まみれの支配者たちの終焉…。

886 views

「執着を手放す方法と悩みの正体!(第二版)」(2022年1月14日 販売開始)

(続き)3ステップを強化する2つの前提!そして、煩悩まみれの支配者たちの終焉…。

本日、、、

やる気を創る心の技術(簡単3ステップ)」に、
3ステップを強化する2つの前提」を追加しました。

●やる気を創る心の技術

Amazon
→ https://www.amazon.co.jp/dp/B083R8GMM7

infotop決済
→ https://emotion-plus.love/yaruki/

既にAmazonで購入済みの方は、
再ダウンロードしてみて下さい。

infotopから購入された方には、
メールで最新版を送信済みです。

この2つの前提があると、
より強いやる気を創ることも可能です。

これを使って、やる気を創って物事に取り組んでみて下さい!
その違いに、きっと驚くでしょう!

黙っている人は、
他人や、外部の情報に常に流されています。

SNSが中毒になるように設計されていることも知らず、
中毒となり、思考が停止して、煩悩まみれになり、
そして、その状態を自ら喜んで、
何かをやらないための言い訳ばかりしています。

それは、その者たちの自由です。

ですが、彼らは言葉巧みにお人好しな人を騙し、
中には、事前に聞きだした心の傷を抉って怒りを引き出して、
悪者扱いして、それをネタに生涯正当化を図る者までいる始末…。

そんな彼らがどれだけ良い人のフリをしても、
共通点があります。それは、「問題解決」が無いという共通点。

これを知って、僕自身も騙されなくなったのです。
美徳に言葉に騙されなくなれました。

そして、僕は、騙される前は、世の中を逆に見ていました。
煩悩まみれで、スケープゴートを作って、美徳の言葉で誤魔化している者たちを、良い人だと思い込んでいて、
健全な社会を悪に見て、まともな人を悪人だと思っていたのです。逆に見ていたのです。

つまり、子供のころから、周りに言われていた言葉(あいつらは悪だ)を鵜呑みにしていたのです。
それは、完全に逆だったのです。目が覚めました。彼らは美徳の言葉を騙して、責任転嫁するやり方です。
だから、問題が増えていき、それをこっちに背負わせられていたのでした。

仕組みがわかったから、離れることが出来ました。

彼らは、黙って、与えてもらうのを待っている人間です。

そうじゃない人は、「やる気」を自ら創って、目的を達成しようとしています。
そんな道へと入っていこう、今までだめだったけどこれから入っていこう!
そう思っている方に、「やる気を創る心の技術」を読んで欲しいなと思っています。

●やる気を創る心の技術

Amazon
→ https://www.amazon.co.jp/dp/B083R8GMM7

infotop決済
→ https://emotion-plus.love/yaruki/

悲惨な事件を起こした植松被告は、妄想があり、メサイアコンプレックスを抱え、矛先も間違えて、めちゃくちゃですが、
誰かが、誰かの人生を不幸にすることに繋がっている的な発想は、一理あると思います。
(これは決して被害者の方々に向けていることではありませんので、ご理解ください。)

僕は、騙されやすいメサイアコンプレックスを抱えている者を悪用する者もまた、加害者であると、間接的殺人者となりうると思っています。

なぜ、真面目にやろうとしたものが、すり替えられるのか。許されないこともある。だからと言って、危害を加えることはいけない。
だから、卑怯なすり替えをする者たちを見抜き、逃げて、離れよう。そして、やる気を創って、自分の人生を取り戻そう。

問題解決もせず黙っている者が、心の傷を抱えている言語化が苦手な者たちを騙し、心の傷を聞きだし、刺して、悪者扱いして、
悪役の椅子に座らせ、カモフラージュしながら、甘い汁を啜って、ブクブクと肥えていた…。
もう終わりでしょう。それが20年近く続いた今、彼らの「煩悩まみれの支配」は幕を閉じるでしょう。終焉です。

何故なら、彼らが成長を放棄していた間に、本当に苦しかった人たちは本気で勉強して這い上がって成長してきたからです。
一生懸命、書き続けた人たちもいます。言語化出来ない自分を変えるために。

かなりの差が開いたと思います。

https://twitter.com/s_monster369/status/1112133575007039493

https://twitter.com/moral88887777/status/1225342608496443392

https://twitter.com/moral88887777/status/1159018727922229249

支配者は大きく分けて、2種類います。

1、強いフリをして、力で支配する者
2、弱いフリをして、嘘で支配する者

騙す人間、すり替える人間、おぞましいと自分が思う人間も世の中にはいます。相手にせず、自分を生きましょう。

 

相手を変えず、自分を変えよう。

やる気」は、その原動力です。
辛かったこと、苦しかったこと、
これは、プラスを得る前兆です。

 

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

恐怖・トラウマ克服
「サヨナラ・モンスター」

恐怖・トラウマ克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。