「嫌がらせ」は、相手が「嫌だ」と感じたら、それは嫌がらせです。

「嫌がらせ」は、相手が「嫌だ」と感じたら、それは嫌がらせです。

モラルハラスメントの加害者は、「嫌がらせなんてしていないのに…」と、被害者をおかしい扱いすることがあるが、嫌がらせがあるかないかは加害者が決めることではない。被害者が「嫌だ」と感じ、「嫌だからやめて」と伝えた後にも繰り返されることは、それを行う正当な理由がない場合は、立派な嫌がらせなのです。

モラルハラスメントの加害者は、物事をすり替えて、善悪をひっくり返して、被害者をおかしい扱いする加害者です。このような加害者に出くわすと、粘着されて、執拗に攻撃されることもありますので、自分の直感や相手に感じる違和感を大切にして、出来るだけ早くに気づいて、離れることが大切です。

彼らに、まともな話は通じません。まともな相手なら、「嫌だからやめて」と伝えたら、「あっ、ごめんね」と言い、ちゃんとやめてくれます。これが、人間同士のまともな関りでしょう。

”他者に対する発言・行動等が本人の意図には関係なく”

引用元:ハラスメントの定義 – 大阪医科大学
https://www.osaka-med.ac.jp/deps/jinj

上記の、「大阪医科大学」の「ハラスメントの定義」に書いてあるよう、
本人の意図は関係ないのです。相手が嫌がっていたら、嫌がらせなのです。

音声もあります。

子供の声
https://youtu.be/UVm7Rd-gdI4

女性の声
https://youtu.be/W8ihrbQGv6E

男性の声
https://youtu.be/wrRceN2zX_Q

この音声動画では、とても大切なことをお伝えしています。
もしよかったら、この音声動画を広めて下さい。

あなたは、この音声を聴いてどう思いますか?

僕は、被害者が「嫌だからやめて」と言ったことを尊重すべきだと思います。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)