「嫌がらせ」は、相手が「嫌だ」と感じたら、それは嫌がらせです。

「嫌がらせ」は、相手が「嫌だ」と感じたら、それは嫌がらせです。

モラルハラスメントの加害者は、「嫌がらせなんてしていないのに…」と、被害者をおかしい扱いすることがあるが、嫌がらせがあるかないかは加害者が決めることではない。被害者が「嫌だ」と感じ、「嫌だからやめて」と伝えた後にも繰り返されることは、それを行う正当な理由がない場合は、立派な嫌がらせなのです。

モラルハラスメントの加害者は、物事をすり替えて、善悪をひっくり返して、被害者をおかしい扱いする加害者です。このような加害者に出くわすと、粘着されて、執拗に攻撃されることもありますので、自分の直感や相手に感じる違和感を大切にして、出来るだけ早くに気づいて、離れることが大切です。

彼らに、まともな話は通じません。まともな相手なら、「嫌だからやめて」と伝えたら、「あっ、ごめんね」と言い、ちゃんとやめてくれます。これが、人間同士のまともな関りでしょう。

”他者に対する発言・行動等が本人の意図には関係なく”

引用元:ハラスメントの定義 – 大阪医科大学
https://www.osaka-med.ac.jp/deps/jinj

上記の、「大阪医科大学」の「ハラスメントの定義」に書いてあるよう、
本人の意図は関係ないのです。相手が嫌がっていたら、嫌がらせなのです。

音声もあります。

子供の声
https://youtu.be/UVm7Rd-gdI4

女性の声
https://youtu.be/W8ihrbQGv6E

男性の声
https://youtu.be/wrRceN2zX_Q

この音声動画では、とても大切なことをお伝えしています。
もしよかったら、この音声動画を広めて下さい。

あなたは、この音声を聴いてどう思いますか?

僕は、被害者が「嫌だからやめて」と言ったことを尊重すべきだと思います。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
「嫌がらせ」は、相手が「嫌だ」と感じたら、それは嫌がらせです。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
「嫌がらせ」は、相手が「嫌だ」と感じたら、それは嫌がらせです。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)