個性や信念を攻撃され続けると、脳の前頭葉の委縮に繋がり、人格に障害が起こる場合も!?

個性や信念を攻撃され続けると、脳の前頭葉の委縮に繋がり、人格に障害が起こる場合も!?

続きを追加

記事の続き、「第1回目 個性や信念を攻撃する、 これは心を殺す行為…」を追加しました。記事下部から読者登録をして下さい。

※勘違いしないで頂きたいのは、悪いことを良しとしているわけではないということ。僕が言いたいことは、罪を憎んで人を憎まず、障害を抱えている者全体への差別(人格障害はクズ!!)はいけないということ。「人格障害の屑が!!」ではなく、屑と言いたいのなら「特定の個人」に対して、自分の所在を明らかにして、責任を持って言って解決したら良いと思います。

正義の名の下に、個性や信念を攻撃し、脳への虐待(人格攻撃)を繰り返す行為は、悪質です。

メルマガでもお伝えしたことですが、このブログを読んでくれている方の中に、個性や信念を攻撃されやすい人はいますか?(おそらく、多いと思います)個性や信念を攻撃する、、、これは「人格攻撃」「人身攻撃」であり、「ハラスメント(精神的な嫌がらせ)」です。

→ 人格攻撃 – Google 検索
検索すると、多くの記事がありますね。

こんな記事もあります。
→ 「【対話の達人】人格攻撃での反論は御法度 Steve Mogi(1/2ページ) – 産経ニュース」

では、人格攻撃、、、何が問題なのか?? それは、、、、人格攻撃を受け続けると、人格に障害が起こってくる場合もあり、被害者は混乱していて、自分の被害をうまく言語化出来ない場合もあり、「被害者ぶりやがって」と更に攻撃されてしまうことも…。

そうすることで、、、

人格に障害が起こってくる可能性も否定は出来ないのです。

個性や信念を攻撃されるということは、心理的な虐待であり、精神の暴力ですから、、、長期的に受けることで、脳の萎縮、脳機能低下に繋がる可能性があります。

→ 心理的虐待 脳萎縮 – Google 検索
→ 虐待で「脳が傷つく」衝撃データ 2割近い萎縮も (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

そして、人格障害を抱えている人は、脳が委縮してしまっている場合もあります。

さらに、理性や行動をつかさどる前頭葉の異常により、人格の変化、行動異常などが起こる。

引用元:人格が変わった夫のナゼ|ザ!世界仰天ニュース|日本テレビ

幼児期に虐待ストレスを受け続けると、脳の中にある感情の中枢である扁桃体(へんとうたい)が異常に興奮し、副腎皮質にストレスホルモンを出すよう指令を出すのです。
そうするとストレスホルモンが過剰に放出され、脳にダメージを与えるのです。
アメリカのハーバード大学との共同研究でわかってきたことは、感情をつかさどる前頭葉が小さくなって、自分のコントロールができなくなり、凶暴になったり、集中力が低下したりします。

引用元:「虐待と脳 回復の手だては」(視点・論点) | 視点・論点 | 解説アーカイブス | NHK 解説委員室

このように、虐待ストレスを受けることで、前頭葉が委縮して、人格に問題が起こってくるのです。ですから僕は、「「個性」や「信念」を攻撃(人格攻撃)されやすい、人格障害を抱える人へ…。|恐怖克服「サヨナラモンスター」|note」のメッセージを多くの方に発信しているのです。色々、何年も追及していく中で、「人格障害を抱えている人」は、実は、隠れ被害者が多いということが分かってきました。人格障害を抱えている人は、脳が弱っているので、加害者扱いされやすいのです。つまり、本当の加害者からすり替えられやすいのです。

これは、絶対に広めないといけない・・・

すり替えさせてたまるか・・・

そう思い、情報発信をしています。

https://twitter.com/NRMd7SLvLcHW8Yn/status/1238146429270372352

 

そして、、、真実を広めて、人格障害を抱えている人の脳が、回復出来る環境が増えて欲しいと思っています。何故なら、絶え間なく、人格障害者叩きが行われていることもあり、その行為が、脳の回復を阻害している場合もあるからです。つまり、被害者ぶっている加害者が、赤の他人の人格障害を差別して叩き続けることが、結果として、悪人製造機と化している面もあるのです。

人格障害を抱えている人は、紳士淑女を装った知識人によるモラルハラスメントを受けやすいのです。この問題を乗り越えないと真の回復(解決)はないと思います。

人格障害を抱えている人は、1つ1つ、心を整理しましょう。そして強がる必要はあります。大切なことは、あなたの心と、脳の回復です。あなたの「個性」や「信念」を攻撃してくる者から離れることです。逃げも良いのです。逃げる勇気が大切です。そんな攻撃の先に、良い進展はありません。

時間の無駄です。

あなたの大切な心を守って下さい。

「個性」や「信念」を攻撃(人格攻撃)されやすい、人格障害を抱える人へ…。|恐怖克服「サヨナラモンスター」|note
上記の「有料ノート(¥300)」に、大切なことを書きました。

過去に、僕自身、個性や信念を何年間も複数人から攻撃され続けて、一時は、脳の興奮が酷く、頭が焼けるような感じがしていて、慢性頭痛も酷かった時期があります。過呼吸も起きたり、パニック発作も起きたりしていて、それは、個性や信念を攻撃され続けたことと関係があります。

過去、恐怖も酷く、頭も、頭痛、トラウマ、心理的にも限界で、強迫的に毎日ジョギングしていた時期もあります。ストレスが酷くジョギングしないと弱る気がして、弱ることでまた個性や信念への攻撃をされ続ける恐怖、そして、自分ではどうしていいかわからないころ、ゴミ、人格障害の屑、廃人、死ね、殺すぞ、人の皮を被ったゴミ、あらゆる攻撃を匿名から受けたこともあります。攻撃者はコソコソ隠れているから誰かわかりません。今だから言えるけど、正直、つらかったです。

僕のように、傷ついているのにそれを言語化出来ないと寄ってくるんです。人を傷つけたがっている者(それまで抱えている恨みを、矛先を変えて無関係な者に流す者たち)が、寄り付いてきて、心を刺してくるのです。しかもネットの場合は「匿名」です。彼らは「傷」を見抜いて、刺してくるのです。傷ついた者を使って何かを発散しているのです。傷つけれると思ったら卑怯者が便乗してやってくるのです。それが「人格障害者叩き」です。情けないな。

以前も書いたことですが、、、

何故、今になって「深く傷ついた」と言えるか。それは、傷つき体験で強化されたからです。チリの女性小説家は、「”傷が大きければ大きいほど 人はそれを隠そうとする”」と言いました。深い傷は知られてはいけないのです。加害者が更に抉ってくるから。強化されたから、言えるようになるのです。

過去よりも強化されたので、僕は、過去の僕と同じように「人格攻撃」を受けている人にもメッセージを送り続けるのです。辛いかもしれないし、苦しいかもしれない、だけど自分を救えるのは自分しかいないよ!とお伝えしています。

これ(人格攻撃)は、絶対に、受け続けてはいけないことです。個性や信念を攻撃され続ける…、ダメです。自分で自分を守れるようになって下さい。この場合は、回復、、、そして、戦うこと、駆逐(邪魔を追い払う)することが必要です。心の中の小さな自分の親になり、自分を守ってあげて下さい。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
個性や信念を攻撃され続けると、脳の前頭葉の委縮に繋がり、人格に障害が起こる場合も!?
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
個性や信念を攻撃され続けると、脳の前頭葉の委縮に繋がり、人格に障害が起こる場合も!?

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)