モラルハラスメントをする人が実際に3時間の会話内で行っていた手口!

モラルハラスメントをする人が実際に3時間の会話内で行っていた手口!

モラルハラスメントの加害者は、被害者の「両手両足を切断してから『ほら自由だよ?』と見えない枠の中だけの自由を与えているイメージ」のように、先に「支配を成立」させてから、被害者に被害を気づかせないように精神的に嫌がらせをしていく、最も悪質なハラスメントです。

例えば、引きこもりの子の個性を親が長年かけて奪っておきながら「ほら外でなよ」と言う。つまり、巧みにでっち上げて、自作自演、マッチポンプ方式で精神的に追い詰めていくのがモラルハラスメント加害者の手口の1つなのです。このカラクリは中々理解できません。まして、生活を長年見てきたことが無いなら尚更理解できません。モラルハラスメントの支配は複合的に作用していくものなのです。

実際に約3時間の会話の中でAさんがBさんの自尊心を傷つけたテクニックを公開しますので、防ぐ為に知っておくと良いかと思います。この方法で何度も何度も繰り返し追い込んでいたのです。

(※この内容は、相談者の方のことを公開しているのではありません。個人的なものになります。相談者の方のことは間違っても公開しません。)

簡単な流れとしては以下になります。

1、共感、信頼構築
2、辛さや苦しみを全て受け止めるからと言い吐き出させる。
3、Bさんは自分の苦しみを吐き出すので、Aさんはここで「傷」を見つけ出す。
4、褒める、優しくする。
5、傷に関したことを仄めかす、傷を抉る、相手の話を聞かないで負荷をかけ出す。
6、心の奥の傷を抉り怒らせる
7、相手の傷を突いて、マイナスを引き出す。(怒りや暴言を出させるなど)
8、引き出したマイナスを巧みな演技で、周囲に見せつけ、脅されたなど、でっち上げる。
9、更に、誇大表現、嘘などを使い、周囲にも拡散させて一気にイメージ低下をさせて悪者扱い。
10、論点のすり替えなどで相手に反論させずに傷を抉る仄めかし連続。
11、ターゲットが何も出来なくなったところでヒートアップさせ一気に詰めていく。

このように自尊心を傷つけるために、まずは心を開かせ、傷を見抜き、傷を癒すのではなく傷を悪化させるようにします。これがモラルハラスメントを行う人のやっていた流れです。

このように相手は「褒める」を巧みに使い、目的として自尊心を傷つけることですが、こういった攻撃に気付かないでいる人います。気づきましょう。気づいてちゃんと対処しましょう。対処しない人はあがり症や神経症、対人恐怖、引きこもり、視線恐怖のようになる場合もあります。気づいていない、つまり、理解できていないからモヤモヤするのです。

https://agari.xyz/?p=11 あがり症の方は、こちらの記事も読んでみて下さい。

あがり症の方は、こちらの記事も読んでみて下さい。

自分が攻撃されていても見て見ぬふりをすると自尊心は傷ついていきます。自分を見て見ぬふりをするのは心理的賄賂を受け取っているから自分で気付かないフリをしているのです。

自分を高めるチャンスを無駄にしてはいけません!プラスにしましょう!

私は宗教団体は入ることもしませんし興味もないですが、仏壇の中に本尊をしまい仏壇の扉が徐々に開きその中の本尊が大事なように、人の心も開いた先にある自尊心は大事なモノです。その自尊心を他者に攻撃させる自分は愚か者です。自尊心を守り心理的賄賂など捨ててしまいましょう!

そして、どうして相手がこうするのかを理解していけばもう一歩踏み込んでプラスになると思います。Aさんも傷ついているのです。

そして、巧妙なモラルハラスメントをする人間が使う別のテクニックに、似ているのがこちらです。

 

ヤクザは弁護士にならぶ、交渉のプロです。ヤクザは揉め事に首をつっこみ、巧みな交渉­によって、何も無いところから報酬を獲得します。
その狡猾なテクニックの中には、私たち一般人が応用できるものも多くあります。そこで­、ヤクザがよく使う交渉テクニックをまとめてご紹介します。

1、無理難題をスタート地点に
2、小さな要求から攻め込んでいく
3、都合よく話をまとめる
4、言葉尻をとらえる
5、謝罪からの一点突破
6、戦略的に威嚇する
7、時に優しく、時に厳しく

https://youtu.be/31KZ6Mv1dbcより引用

このようなテクニックを使い、表では善の顔をしながら、被害者が加害者に見えるようにしながら追い込んでいくのです。そこで悲しみを表面に出せずに怒りを使う点を悪用しながら、悪者のレッテルを貼りながら追い込む場合もあります。

世の中には「大嘘つき」もいます。情に流されないようにすることも大事です。モラルハラスメントは「正直者」と「大嘘つき」の間で起こりやすく深刻化しやすいものです。加害者が持っていないものを持っている相手が被害者に選ばれやすいのです。

先ほどの引用部分にはこう書かれています。「ヤクザは弁護士にならぶ、交渉のプロです。ヤクザは揉め事に首をつっこみ、巧みな交渉­によって、何も無いところから報酬を獲得します。」 巧妙なモラルハラスメントは「モラルハラスメントとはいじめのプロです。モラハラ加害者は善の顔で相手の落ち度を見つけ出して、巧みな話術によって、何も無いところから搾取(精神的利益も含む)の構図を作り出す。」 一般的なモラハラから踏み込んでいくとこのような巧みなモラルハラスメント加害者が隠れています。

搾取されたくない場合は「働きたくない。でも贅沢がしたい」なんて、甘い汁を吸う考えを捨てることです。甘い汁を吸おうとすると隙が出来るのでモラハラ加害者のアンテナにひっかかりやすくなる場合もあります。選択肢を増やすためには客観的視点を増やすことも大事。そうすると搾取されにくくなれる。

矛盾が多い素直な人は狙われます。

矛盾が少ない素直な人は狙われにくい。

嘘のある人生をやめることが、素晴らしい人生のはじまりですね!

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)