家族の頭部にボウガンを発射して逮捕された大学生…。悲しい事件ですね。遠くの他人ではなく、身近な存在を大切にして下さい。遠くの他人の苦しみを救うというのは、偽善です。

家族の頭部にボウガンを発射して逮捕された大学生…。悲しい事件ですね。遠くの他人ではなく、身近な存在を大切にして下さい。遠くの他人の苦しみを救うというのは、偽善です。

民家でボウガン発射か、女性2人死亡…殺人未遂容疑で23歳大学生を逮捕(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース

家族の頭部にボウガンを発射して大学生が逮捕されました。とても悲しい事件です。日本は親族間殺人がかなり多くて、「日本の殺人事件の55%が「親族間殺人」という現実──。「親を奴隷化する引きこもり」リアルな現場を知る著者が訴える、親子問題の解決策とは? | ダ・ヴィンチニュース」となっております。

55%が親族間殺人です。驚く数字ですよね。本来は仲間である親族、、、ここで殺人が起こるということは、全体として「勇気が無い証拠」です。勇気が無いから腐敗した権力に媚びる。すると、矛先が変わります。本来、戦わなきゃいけない相手に媚びます。その鬱憤が親族に向くのです。耐えきれなくなった下の者が爆発するのです。そして事件を起こします。

だから、「やる気を創る心の技術」の第8章に記載した「喜ばせ」が大切なのです。

喜ばせが出来ないのだから、親族間のトラブルに繋がってしまうのも自然な流れなのです。遠くの他人ではなく、身近な存在を大切にして下さい。遠くの他人の苦しみを救うというのは、偽善です。身近に、苦しんでいる人、悲しんでいる人、涙も流せなくなっている人がいるでしょう。それに気づけば、親族間殺人を防ぐことも可能です。

大切にすべきは、親族においての、「和親(仲良くすること)」と「合一(一つになること)」です。それが「親族」や「家族」において最も大切なことです。日本の殺人の55%が親族間殺人…、これは「和親合一」から離れてしまった結果です。人間としての原点である和親合一(わしんごういつ)ここに戻ることが大切だなと僕は思います。

大切にしていれば、弱った誰かが爆発することがわかります。だから予防が出来ます。それが出来るようになってくると偽善ではなく、偽悪で人から嫌われつつ、こっそり人知れず善を行えるようになる場合もあるのです。それが遠くの誰かのお役に立てるかもしれないのです。だからまずは自分です。そして身近な者。それが出来ると他にも出来るようになってきます。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
家族の頭部にボウガンを発射して逮捕された大学生…。悲しい事件ですね。遠くの他人ではなく、身近な存在を大切にして下さい。遠くの他人の苦しみを救うというのは、偽善です。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
家族の頭部にボウガンを発射して逮捕された大学生…。悲しい事件ですね。遠くの他人ではなく、身近な存在を大切にして下さい。遠くの他人の苦しみを救うというのは、偽善です。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)