みんなの言葉が軽視される場所であるツイッター…、ツイッターアカウントを卒業しました(削除)。

みんなの言葉が軽視される場所であるツイッター…、ツイッターアカウントを卒業しました(削除)。

過去、不当に凍結される、デマ流し加害者がデマを流して困っているのに、ツイッター運営は加害者を放置する。そして不当凍結後、「ご認識だった」と謝罪メールが届き解除されましたが、全てのアカウントが凍結解除されたわけではありません。今だに「不当凍結アカウントに関して異議申し立てをした件」について、まともな返信さえない状態です。いつまでも待ってられません。こんなことされて不信感も持たれて、ふざけるなと、ユーザーを馬鹿にしているのか? と思うレベルです。

ユーザーの言葉(つぶやき)の扱い方が、軽すぎる…、そう思います。

これは、ストレスになります。そしてツイッターは、自分の発する言葉を軽視される場であるということ(デマ流し加害者等が放置される場であり、誹謗中傷等で自殺者が出てようやく重い腰を少し上げた程度だと思います)。敵(嘘つき、デマ流し、誹謗中傷者)と戦ってレベルを上げたり、SNSは中毒になるように設計されているので中毒にならない練習などには良い場所ですが、既に多くの方がツイッターを引退(大人としての卒業)しているよう、僕も、今、言葉が軽視される場所であるツイッターをやめるために、ツイッターアカウントを削除しました。綺麗さっぱり。

→ Twitterを卒業した人たち

アカウントを削除するために、過去のツイートの中から、良かったものをコピーしたので、電子書籍で画像付きで発信していきます。

頭にスーッと入りやすい「つぶやき(短文)」が読めます。
「おれ」と「ぼく」のつぶやき(No.1~No.30)
「おれ」と「ぼく」のつぶやき(No.31~No.60)
「おれ」と「ぼく」のつぶやき(No.61~No.90)
「おれ」と「ぼく」のつぶやき(No.91_No.120)

今後、僕のつぶやきを読みたい方は、上記を読んで下さい。ツイッターは、嫌がらせをする者(精神的に未熟な子供)が多いので、まともにやる人にとっては、どうしてもストレスが溜まる場所です(釣る側と釣られる側で成立している)。このことに気づいて、やめる人が増えていますが、自然な流れだと思います。この前は、ツイッター側から不当凍結についてご認識だったと連絡があったから再開しましたが、それでもまだ解除しない不当凍結アカウントもあるし、デマ流し加害者を放置しているので、やってられないですね。馬鹿馬鹿しい。嫌がらせをする者が擁護されているような場で、健全な活動が出来るわけないのです。

以上、ツイッターを卒業しました!

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)