人の目が気になるように仕向ける陰険で巧妙なイジメであるガスライティングを仕掛けられたということは「黒」か「白」か迫られているということ。黒は「妄想」だ。白は「現実」。どちらに転ぶのかは自分次第です。

人の目が気になるように仕向ける陰険で巧妙なイジメであるガスライティングを仕掛けられたということは「黒」か「白」か迫られているということ。黒は「妄想」だ。白は「現実」。どちらに転ぶのかは自分次第です。

人の目が気になるように仕向けて長い時間ストレス効果を発揮する陰険で巧みなイジメの方法を公開!巧みなモラルハラスメントも!

あなたはこのタイトルを見て何を感じますか?

何故、この方法を公開しようと思ったのかと言いますと、実際にこのような方法で思い込まされて苦しんでいる人が、僕の文章を読んで「自分の力で自分を取り戻して、その苦しさから抜け出すきっかけにしてほしい」という思いから記事しようと思いました。

※すべての方に当てはまるものでは御座いません。

僕は、人をマイナスに導くために思い込ませていく事が嫌です。「思い込みの力は絶大」で人の一生を台無しにする恐れもあるので知って防ぐことも大事なことです。手口を知らなければ防げません。防衛の為にも知っておくことも大事です。こういった話を書くと実際に隠れてこの手口を使っている者は「勘違いするなよ」とか「人の所為にするなよ」、「そうされていると被害妄想になっている」として片づけたがりますが、それは無理です。

何故なら、この手口は僕が悪い事をしていた頃、僕の知っている人(嫌いだった人)の昔の話ですが複数人で頻繁に使って楽しんでいた「事実」です。その結果としてそうなったという証明は出来ませんがターゲットの人は視線が気になるようになっていて半引きこもり、家はたまり場、携帯は使われ盗まれ、財布も取られ、意見を言ったら威圧、バイクも盗まれ、仕事が出来ない、歯医者に行けない、サングラスが外せないという状態にまでなっていました。(現在は仕事をしています。)

何故か人からクスクス笑われるのに自分ではおかしい部分が分からない、またはおかしい部分がないと思っていない人。こういった人はこの手口を使われていた可能性があります。

その手口はとてもシンプルです。まず、相手にモラルハラスメントをします。モラルハラスメントは精神的な嫌がらせのことです。高レベルになってくると手口も巧みになり周囲からは分からなくなるどころか攻撃者が善人に見えるようになります。そうやってターゲットを追い込んでいきターゲットが意見を言ったり主張できないようにまで追い込みます。大人しくなったところで次は「相手に無数の思い込み」を植え付けていきます。

ここでは一部のお話ですが、ターゲットが周りからクスクス笑われるように仕向けるには、「ターゲットの外見が一般的におかしいと思われるようなものをターゲットが自分で好むようにすればよい」のです。予めモラルハラスメントで思考や感情がマヒして自分の考えを持てないようになっているので集団で植え付けていけばターゲットは思い込んでいきます。

例えば変な服装を促し、おっ!それいいね!と肯定的な態度を複数人で何度も何度も何か月でも言っていきます。それだけではなく髪型も同様。しぐさも同様に一般的な人に変だと思われるようなものを、肯定的に思わせて行く事でターゲットのセンスが崩れて変なものがかっこいいと勘違いが酷くなります。

そう、勘違いを酷くし、周囲のバカにする反応を楽しみ、さらに酷くしていく。陰湿ないじめです。初対面の人がターゲットを見たときに固まって「えっ!・・・」と驚き、攻撃者にこっそり「あの人何?w」と言うのを攻撃者は楽しんでいるのです。

ターゲットが誰かに馬鹿にされた時に、攻撃者は善人のフリをしてターゲットを守ります。「ふざけたこと言うなよ!おかしいのはお前だよ」と・・・・するとターゲットは守ってもらったのですから更に親友だと表面上強く思い込んでいきます。(無意識では知ってるでしょうが勇気が挫けているのでフリをする)攻撃者はここが狙いで偽の信頼を構築しさらに暗示をかけやすいようにするのです。

そしてこのターゲットは勘違いが酷くなり、昼間から全身黒ずくめの服装でサングラスをかけ昼間から駅前で缶ビールを飲んでいることが、最高にカッコいいことだという勘違いが酷くなっていったのです。歯医者もいけず歯は半分以上虫歯でボロボロで人と目を合わせられなくなり挙動不審になり、何を行動するにでもえっ・・なにこの人?と思われることが増えていきました。

本人は酷い混乱状態ですが、それを周囲は楽しんで表面は善のフリをし、ターゲットがいない時には酒のつまみのように笑い話にして楽しむのです。人の傷を楽しんでいたのです。人は無意識で誰が踏み台か瞬時に察知するので、踏み台にされている人を傷つけたい人が寄ってきます。寄ってきてはターゲットにおっ!いいねぇ♪センス抜群だねぇサイコー!かっこいいよ君。モテるでしょ?モテるよね?そうだよねぇと言います。ターゲットは汗ばんで無理した自分を演じています。「ありがとう!!!」なんて言ってますが、みんなから笑われているのです。ターゲットは心の奥底では少し気づいていたはずです。が、どうすることも出来なかったのでしょう。少しでも意見を言えばあ?と言われそれでも刃向うと更に圧力をかけられそれでも刃向えば・・・だから相手の意見を受け入れだすのです。

そしてこのターゲットは自分よりも下の人を発見したときに、自分がやられてたことと似たようなことを開始し、そのポジションから脱出したのです。脱出し仕事ができるようになりました。これがモラハラ界にあるモラハラポジションです。このポジションには入れかわりいろんな人が座っています。モラハラ界は2:6:2の割合で分かれます。二割はいじめを楽しむ側。六割は傍観者。二割はターゲットです。言えることは、モラハラポジションに座るのが怖いから傍観者になるのです。

ここまでは「小さな精神的な嫌がらせ」です。もっと本格的なものもあります。

人の精神とは、集団の力を使い、ガスライティングやマインドコントロール、そしてダブルバインドで追い詰めればいとも簡単に崩壊していくものです。この手口は実際にあります。これをやられ続けると「統合失調症」のような症状を示すようにもなります。統合失調症のようになって、混乱と妄想が酷くなって来れば被害を明確にすることは出来ません。泣き寝入りするしかないのです。

ダブルバインドという心を縛り上げる二重拘束は、もともとアメリカ合衆国の文化人類学・精神医学などの研究者であるグレゴリー・ベイトソンという人が提唱した概念です。そのベイトソンの指摘が以下です。

1956年にグレゴリー・ベイトソンによって発表された説。家族内コミュニケーションがダブルバインド・パターンであると、その状況におかれた人が統合失調症に似た症状を示すようになる、と指摘する説。

引用元:ダブルバインド – Wikipedia

ここまで理解できたあなたは、精神的な嫌がらせが好きな者が「統合失調症にしちゃうよwww」と言っている意味が少しわかると思います。もう1度言いますが、人の精神とは、集団の力を使い、ガスライティングやマインドコントロール、そしてダブルバインドで追い詰めればいとも簡単に崩壊していくものです。崩壊した者が被害を訴えても「精神病を患っている者の妄想」で片づけられてしまう場合もあるでしょう。

ガスライティングは実際にある心理的な虐待の1種です。以下の記事で紹介している

精神病院に入院している患者の一部は、「口封じのために追いやられた人」の可能性もあるかもしれません。ガスライティングについては知っておきましょう。

アンジェリーナ・ジョリー主演の「チェンジリング」という映画の予告編を見てみて下さい。これは「実話」です。ガスライティングが実際にあることがこれでわかりますよね。

僕が言いたいことは、「こういったことをしている側を見つけ出して吊るし上げて制裁を与えろ!」ではありません。そんなことをする必要はありません。「自分がもしこういったことを仕掛けられたなら自分で自分を守るために頭に入れておいて下さい」ということです。

そして、今、これと同じような精神的な嫌がらせを受けているのなら自分の力で解決して下さい。ということ。その為の記事は以下です。

心理的虐待の一種「ガスライティング」を受けたら覚悟を決めること。「見えない敵」との闘いは「明確」に出来なければ負けです。本当に敵がいるならば「特定」まで至ることが出来るのです。

「確かなこと」「明確」「特定」。こういったことで戦えばいいのです。アンジェリーナ・ジョリー主演の「チェンジリング」という映画を1度見て下さい。彼女は戦って勝ったのです。僕は、もうほんとに感動しましたよ。

ガスライティングを仕掛けられたということは「黒」か「白」か迫られているということ。黒は「妄想」だ。白は「現実」。どちらに転ぶのかは自分次第です。

続きをメールで読む

本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合(ブラウザSafariでは表示されない。Chrome推奨)は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)