コロナ感染拡大!東京は第2波突入!警戒レベルを最高に!もう、元のように戻ることは出来ないと考えたほうが良い!必要なのは人間的成長!

コロナ感染拡大!東京は第2波突入!警戒レベルを最高に!もう、元のように戻ることは出来ないと考えたほうが良い!必要なのは人間的成長!

東京都 4段階で最も深刻なレベルに引き上げ コロナ感染状況 | NHKニュース(2020年7月15日 15時37分)

上記の記事を見るとわかるように、4段階ある警戒のレベルのうち、最も深刻な「最高レベル」に引き上げられました。

人間は、コロナ以前に戻そうと、戻ろうと必死になっていますが、ハッキリ言って、目を覚ましたほうが良いです。つまり、もう、元のように戻ることは出来ないと考えたほうが良いのです。人間は、生き方を完全に変えていかないといけないのです。「精神文明における最低限の人間的成長」へ向かわなくてはいけないのです。ですから、もう元のように、人間たちの距離感が近すぎる生き方は出来ないのです。僕が考える精神文明における最低限の人間的成長は、人と人との、健全な距離(社会的距離)を保つことです。

以前、下記記事でお伝えしたこと。これをもう一度読んで欲しいと思います。

新型コロナ問題で学ぶべきことは「誰一人として、この世界に値する者などいない」ということ!

上記の記事でお伝えした本からの引用文を、もう一度ご紹介します。

「われわれの家、われわれの地球の、なんと不思議な素晴らしさ。
渦巻き霞立つ大気。流れ行き、凍りつき、昇り行く被造物。岩場を舞い、霧に浮かび鳴く、
翼あるものたち。柔らかな草。鱗を鎧う海のものたち……なんという豊かさ、そして自然……
それなのに尊大で向こう見ずな、厚かましい鉄面皮どもが、地上につながれた運命に限界を感じ、
もっと完璧な世界に憧れるのだ。われらのうち誰一人として、この世界に値する者などいないというのに」

引用元:フリーメーソンの操心術

※霞立つ(かすみたつ)
※鉄面皮(てつめんぴ…恥知らずで厚かましい)

このことを十二分に理解して、「精神文明における最低限の人間的成長(健全な距離・社会的距離を保てるようになること)」が大切であり、必要だと、僕は考えています。コロナが収まったとしても、また別の形で、人間たちに、様々な困難が訪れると思います。その全ては、「人間的成長」を促しているのです。困難を乗り越えていくには、人間的成長が必要不可欠です。僕ら人間は、上記の引用文にあるよう、誰一人として、この世界に値する者などいないほど未熟な生き物なのです。つまり、誰もが、成熟(人間的成長)が出来ていないのです。そこらで偉ぶっている人も、権威ある者も、皆、未熟な生き物なのです。

だからこそ、人は成長できる生き物であり、そのために「思考」出来る素晴らしい生き物でもあるのです。ですから、思考をして、凡ゆる困難を乗り越えていき、その過程で人間的成長をしていくことは、必須と言えるのです。それをしない者たちは、自然淘汰されていくのだと思います。


「人間は考える葦(あし)」、これは、フランスの思想家 B.パスカルのパンセのなかの言葉です。

人間は、自然のうちで最も弱い一本の葦にすぎない。しかしそれは考える葦である

人間は自然界で弱いけど「思考出来る素晴らしい存在」です。考えなくなった人間(思考停止状態)は自分を見失います。そして、嫌が背の温床であるツイッターなどに潜んで、匿名で嫌がらせをするようになるのです。彼らはまるでゾンビのようです。人が自殺するまで精神を吸血します。

「思考停止」をやめて、「思考再開」をしていくと、新しい解釈や視点が手に入ります。サヨナラ・モンスターでお伝えしているように、感謝の視点にも気づけるようになります。それが本来の人間の姿です。一部の人たちは、あまりにも「煩悩まみれ」になってしまい、心の奥に邪悪な思考や感情を抑圧し、その分だけ、表面上を綺麗なもので誤魔化すようになってしまいました。それを変えるための、凡ゆる形で起こる試練のようなものは、色々と、其々に起こってくるでしょう。必要なことは、経験を通しての人間的成長です。これを促す出来事は、色々と起こってきます。

ですから、元に戻ろうとするのではなく、「進化していくこと」を考えたほうが良いです。進化を放棄した者は、何らかの形で淘汰されやすいのです。これは当たり前のことです。僕以外にも、色々な人が言っていることです。例えば、「成長、進化しない組織は淘汰されるのみです。:日経ビジネス電子版(廣江 研 社会福祉法人こうほうえん理事長)」にも、僕が言っていることと同じことが書かれていますよね。これは、組織でも個人でも同じです。進化せず、人間的成長をしないと、淘汰されるのです。ですから、あなたに甘いおやつを与える人と、僕らのように、「人間的成長、進化したほうが良い」という人、どちらが、本当にあなたのためになることを伝えているか、思考してほしいと思います。

甘いおやつや気持ち良くなる薬でボーっとしたいのなら、それを選べばよいでしょう。人生は自己責任で、後からどう騒いでも、後の祭りで、時間は戻らないのですから…。僕は、サヨナラ・モンスターでの取り組みで手に入る、自分の根深い問題を通しての新しい解釈や視点を手に入れて人間的成長に繋げること、これが価値あるものであり、欲しているものです。甘いおやつや気持ち良くなる薬なんかに、全く興味がないです。くだらない世界だなと思っています。

新しい解釈や視点を手に入れて、既にあった「幸せ」「感謝すべきこと」に気づけるように、見えるようになって、穏やかな心を手に入れて欲しいと思っています。それが、苦しみから抜け出す1つの方法です。そうすると、ストレスも減り、笑顔も増え、免疫力も上がり、心身共に、強くなりやすいです。

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)