自殺志願者を狙う「嘘つき(一緒に死のうと言う者)」にご注意下さい!自殺志願者を巧みに誘い出して、騙して、集団自殺に見せかけて金品を奪うハイエナ!

760 views

「執着を手放す方法と悩みの正体!(第二版)」(2022年1月14日 販売開始)

自殺志願者を狙う「嘘つき(一緒に死のうと言う者)」にご注意下さい!自殺志願者を巧みに誘い出して、騙して、集団自殺に見せかけて金品を奪うハイエナ!

自殺志願者を狙う「嘘つき(一緒に死のうと言う者)」にご注意下さい!

まず、2020/08/29 13:19の読売新聞オンラインの記事をご覧下さい。

「集団自殺に見せかけか、車内に大量睡眠薬と練炭準備…強殺容疑の男女 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン」

この事件では、1名が遺体で発見されて、もう1名、20歳代の女性は助かっています。つまり、合計4人で練炭自殺をすると思っていたところ、2名は嘘つきだったのです。本当の死ぬ気はなく、死ぬ気があるフリをして、自殺志願者をSNSで誘い出して、騙して、集団自殺に見せかけて金品を奪おうとしていたと、群馬県警はみているわけです。僕も、その通りだと思います。

この手の嘘つき(自殺志願者を巧みに誘い出して、騙して、集団自殺に見せかけて金品を奪うハイエナ)は、あちこちに潜っています。僕が、こういうことをしているハイエナがいることを知ったのが、今から、13年くらい前です。

当時僕は、本気で死のうと決意しました。そして、ガラケー時代の、携帯サイトにアクセスして、自殺掲示板やら、メンタル携帯サイトを閲覧し、僕自身も携帯サイトを作成し色々な者と交流を図っていました。最後にやりたいことがあったので。そこで、感の鋭い僕はおかしいことに気づきました。それは、「死にたい…」「今月中に死にます」などと言っている者たちの書き込みがたくさんあるのに、、、どいつもこいつも本気ではない。つまり嘘を書いていると。嘘つきに敏感な僕はわかりました。そして、自分自身が本気で死ぬ気があったから、相手の本気度もわかるもので、それが嘘だと、書き込みの9割以上は嘘であると思ったのです。それを試すべく、1人1人と電話やメールをして、逃さないように、集団自殺に見せかけるセッティングができないよう、一対一の関係だけで、本気かどうかを試しました。相手は逃げるわけです。死ぬ気なんてなかったのです。

さらに、その嘘つきどもに興味を持った僕は、そこにある闇を追求していきました。そして浮上してきたのが、一般的な人とは違うタイプで、例えば、虫を体に這いずり回すプレイが大好きだという女性、人の死が好きだという変な男、全身刺青のおそらく覚醒剤中毒者など、このような者たちが、携帯サイトを作り、仲間と一緒に、自殺志願者を絡めとる携帯サイト群を構築していたのです。つまり、どのサイトや掲示板に引っかかっても、情報が回るようになっていたのです。カモを見つけたら、徹底して食うわけです。失敗したら、次は別の人間がいくわけです。自然を装って。

そうやって追求しながら、注意喚起をしていると、とある女性と連絡を取ることになり、その女性は、「あなたは根が悪くない、だから騙したくない、あなたが思っている以上に闇が深いから首を突っ込まないほうがいい、弁護士や一部の警察官なども個人的に関与し知識を貸してくれている」みたいなことを言われたこともありました。あと、この件には、今で言う半グレも絡んでいて、彼らの縄張り、狩場を荒らすと、駒を飛ばして来る場合もあります。例えば、変な女を自然を装って接触させて、彼らに都合の良い場所におびき出そうとしてきたり。自殺志願者から奪えるもの、金品、貯金、土地など、それを狙っていますから、自殺志願者などに対し、注意喚起をすると犯罪者たちが怒る事もあるのです。餌場、狩場を荒らすな!と。

当時は、ガラケーの携帯サイトに潜んでいましたが、今は、SNSなどに潜んでいるのです。記事の冒頭でご紹介した事件が、僕が言っている「自殺志願者を巧みに誘い出して、騙して、集団自殺に見せかけて金品を奪うハイエナ」と関係があるかどうかはわかりませんが、「死にたい」「死にたい」「死にたい」と言う側には「死なせたい」「死なせたい」「死なせたい」と思っている者が引き寄せられるように寄って来る場合もありますので、1つ1つの思考、言葉、感情、行動には責任を持つことをおすすめします。

「自殺志願者を殺害して所持品を奪おう」と事前に話し合っていたことが、捜査関係者への取材で分かりました。

引用元:群馬 強盗殺人事件 “自殺志願者を殺害” 事前に話し合いか | NHKニュース

過去にツイッターで、死にたいとつぶやいていた人たち(本当は死ぬ気が無かった人たち)が、殺されてしまいました。そう、「座間9遺体事件」です。死なせたい者たちを、引き寄せないよう、、、自分の発する言葉には、十分、いえ、十二分にご注意下さい。

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

恐怖・トラウマ克服
「サヨナラ・モンスター」

恐怖・トラウマ克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。