つらい、苦しい、寂しい、死にたい。

つらい、苦しい、寂しい、死にたい。

親の死が、これほどつらいとは思ってもいなかった。とても悲しく、寂しく、死にたい気持ちになってくる。人間だからそんな日もある。

機能不全家庭で育ち、家庭は滅茶苦茶になり、親子関係も不仲、兄弟間でも色々なことがあった。兄弟の操作的な影響が親を狂わせていた部分もあったのだと思います。そして、家族がバラバラになってから、数年間、僕は両親との関係修復のために、たくさんのことを伝え続けてきて、関係が良くなっていった。そして僕自身も、人間らしさを失っていたところから、少しずつ、人間らしさを持てるようになってきていた。もっと成長したら、伝えたいこと、してあげたいこと、色々あったけど、それは親の死で、叶わないことになりました。

両親と関係が良好になってからは、僕が本を出版してみたり、購入者から感謝の言葉が届いたときは、一緒に喜んでくれました。僕が大切だと思うことは、実家に行って、何度も伝えました。その度に親は笑顔で聴いてくれて、時には涙して、僕の話を真剣に聴いてくれていました。それが人間不信で傷だらけの僕の心癒されていくことに繋がっていました。それなのに、その時の僕は、親を違う視点で見ていて、その気持ちにちゃんと応えられませんでした。親の心が、そのときは見れなかったです。それは僕の心が曇っていたからです。人の心が見れない心だったのです。それを晴らしたのは母の死でした。とても悲しかった。

母は、北海道で心が解放されて、父との絆を深めて、本当の親を知らない母は親代わりを欲しがっていた。父に心を育ててもらいながら、育てられることを知って、今度は自分で自分を育てて自分の親になるって決めて、それをしっかり心に固めて生きたのです。だから、穏やかな顔で、安心して息を引き取った。血色もすごく良く、2つの大切なものを待っていたかのように、それまで頑張って生きてくれました。

僕が、サヨナラ・モンスターでお伝えしていることを母にも伝えていて、時に、涙して、自分が自分の親になること、これを自分の気持ちを言えない母も、少しずつ身につけていきました。そして、「死ぬことは怖くないと思えるようになった」と言っていたこともありました。自分が自分の親になることで、死への恐怖を克服していたのです。そんな母の心を、そのときはちゃんと知ることが出来ませんでした。小さい頃から自分の気持ちを言えなかった母は、つらいことも、寂しいことも、悲しいことも表に出さないように生きていました。父も同じで、その2人育てられた僕も、自分の気持ちを言えませんでした。5歳までほとんど喋らなかったと言っていました。僕が感じていた言いたいことを言えない苦しみは、両親も感じていたのです。

そんな母から、自分の気持ちを言えない分、黙って大切なことを教えてもらえたような気持ちです。母に育ててもらえて良かった。深い、親の愛に気づけた。母から教えてもらったものを心に大切に持って、母という「人」と「共」に心の中で「養」う、それが「本当の供養」だと思った。これから僕の心の中で養われるものは、母から気づかされたものがあるからこそです。二度も脳梗塞で倒れ、癌にもなり、それでも自分より子供たちの成長を笑顔で喜んでくれていた、こんな素晴らしい母親の生き方、生き様を見ることも出来ないほど、過去の僕は、見る目が腐ってたんだなって。違う視点を母から教えてもらえた。本当に大切なものは、目立たないところにあることにも気づかされた。

前は、親から酷い扱いをされた過去の記憶で、親を見ていたのでした。その間、親は変わり、大きく心が成長していた。子供たちにも申し訳ないことをしたと思い、その気持ちから成長に繋がっていた。それなのに、その変化に気づかないまま、過去の記憶で親を見続けていたのは、勇気がない俺の心だった。

親の死は、生きることの大切さを教えてくれる、最も大切なこと。それまで気づけなかったこと、心の曇りを晴らしてくれる。ありがとう。本当に、ありがとう。必ず、まだ言えていなかったことを直接伝えるから。それまでに、もっと成長するね。つらい、苦しい、寂しい、死にたい。こんな気持ちになったけど、生きるということを、もっと深く、真剣に考えていこう、前向きな気持ちも出てきました。

 

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)