色々な記憶が蘇ってくる。

 2021年11月28日
419 views

色々な記憶が蘇ってくる。

9歳の頃、母に、手を持ってもらって一回転して遊んでもらったこと。みんな、次私〜、次は俺だ、なんて母の取り合いをしていたこと。

貧乏だった頃、6歳、全部1円玉で、妹が飲むマミーを買って来てと言われて買いに行って、買いに行ってありがとうって言われて、妹に一緒に飲ませたこと。

家出をしていた13歳の時、父がいないときにこっそり家に帰って、父に内緒でご飯を食べさせてもらったこと。怒られるから早く行きなさいと守ってくれていた。

13歳の時、一緒にラーメンを食べに行ったこと。この記憶はモヤがかかっている。

9歳とのとき、ファミコンのソフトを買ってくれると言い、気合入れて一緒に買いに行ったこと。月に一回買ってあげるねと言ってくれたこと。

7歳、貧乏だった頃、母が兄弟の誰かの誕生日に、「ケーキだよ」と冗談を言い、ケーキを買うお金がないから、100円くらいの、キャベツ太郎みたいなお菓子をくれて、確か妹だったかな? 「わぁケーキだ♪」なんて喜んで、みんなで幸せを感じていたこと。

あと、貧乏してお金がないから、片栗粉に砂糖入れておやつだよなんて出されて、他の家のおやつと違うとか言って笑っていたこと。

5歳か6歳の時、不動産会社の社長だった父が事業に失敗し、住んでいた家の電気が止まり、みんなで暗闇の中、ろうそくに火をつけて、笑って楽しかったこと。

7歳か8歳くらいの時、以前父が大きく長期的に騙されてしまった結果、トラブルにより、命の危険があったため夜逃げをして、暴力団組織に追われ、日本中、あちこち旅行して映画みたいだねなんて言って楽しかったこと。旅館でシーツを敷き直したときに母の邪魔をみんなでして、母は「おだってんじゃないよ!ゲンコするよ」と、笑って、怒った真似をしてゲンコツはるよなんていっていたこと。おだつと言うのは北海道弁で調子にのるなと言う意味だそうです。

9歳かな? みんなで苦しみを乗り越えようねと、その時母が信じていたお経をみんなで休み休み、8時間くらいだったかな唱えて達成感を感じたこと。そして頭を撫でてもらったこと。

6歳の頃だったかな、13日の金曜日とキョンシーの映画を見ていたら怖くなってみんなで母に抱きついていたこと。

振り返ってみたら、いつも母は笑顔なことが多かった。笑顔で父を元気付けていたのだと思う。

そして徐々に機能不全家庭になっていきました。今ならわかる、親は一生懸命子供を守りながら生きていたのです。帰る場所がない2人が懸命に生きていたのです。父は家族を幸せにしようとしていたけど、組織ぐるみで騙されてしまい、大変なことになり、それでも家には持ち込まないよう、夫婦で支え合いながら子供を守っていたのです。子供に影響が出ないよう必死に生きていた。そして家では、不安だったはずの母が、いつも笑顔で子供たちを不安にさせないようにしてくれていました。ここに、親の愛情を感じる。

姉から見せてもらった母の、写真貼ってあるやつに、母が書いた文字が「笑顔」「つらいけど笑顔」「笑顔があれば生きていける」「今を生きよう」と書かれていた。それを見たときに、「そっか、母は辛くても笑顔でいようと、生きてきたんだな」と。小さい頃、ずっと笑顔だったのは、きっと、つらいけど子供に心配かけないよう、つらさを見せないようにしてくれていたんだなと思った。だから子供たちも、貧乏を楽しんで、電気がつかないことも楽しめていたんだと思う。それは母の愛情ある笑顔のお陰だと思う。このことを伝えられないことが残念です。

親の気持ちが分からず、いつまでも自分の気持ちをわかって欲しいと、自分のことしか考えられない僕自身の問題だったのです。それをずっと持って、引きずって、親の本当の姿を知ろうとしていなかったのです。

9歳から親との対立が始まり、時間はかかったけど、良い方に向かえたことはよかったです。ただ、母もたくさん苦しんできました。その心をもっと、楽にさせてあげたかった。それが出来ない事が、苦しい。いなくなってから気づくなんて自分は愚かな人間だなと思う。

 

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事に星評価とコメントをお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。