モラルハラスメントの加害者は「心を開かせて」から心を傷つける。心をハッキングし心に寄生しジワジワと食いつくのです。被害者は一連の流れが理解できず混乱する。

モラルハラスメントの加害者は「心を開かせて」から心を傷つける。心をハッキングし心に寄生しジワジワと食いつくのです。被害者は一連の流れが理解できず混乱する。

※この記事は後から修正します。

あなたはパソコンやインターネットでログインする際のパスワードが重要だという事はご存じですよね。分かりやすく言えばインターネット銀行のログイン時に使用するパスワードなどが盗まれて悪意ある人に知られたらどれほど大変か。こう考えたら「パスワードの重要性」はお分かりいただけるでしょう。

元々は、敵味方を識別する(関係者であることを確認する)ための合言葉のこと。「開けゴマ」や「山」「川」の類である。

引用元:パスワードとは – はてなキーワード

引用にあるようにパスワードとは敵と味方を区別する合言葉なのです。

誰にでも「敵」と「味方」がいます。ですから当然、自分の大切な心は守らなくてはいけません。ですから、心にもパスワードは重要なのです。実際にわすわーどを入力するわけではありませんからね(笑)そうではなく、簡単に言えば「簡単に心を開いてはいけない」ということです。しっかりと心に鍵をかけ、自分が自分の責任で「心の扉を開けても良い」と心から思った相手にだけ心を開くこと。

つまり、自分の能力を高め、敵と味方の区別をしっかりつけるということが心にパスワードを設定するということです。

そして、人は、建前上の偽の自分を演じることが大事です。家で言えば「門」や「塀」です。偽の自分が家で言えば「門」や「塀」の役割をし、「玄関」で応対するのです。そして家に入れるとしても本当に信頼するまで家を自由に歩かせることもしないほうが良いのです。

更に大事なことが心の中の奥にある自尊心を守るための心のパスワードです。心のパスワードを盗まれると心の扉が開けられてしまいます。その奥には一番大事な「自尊心」があるのです。無駄なプライドとは違う本当の「ありのままの自分を尊重して受け入れることが出来る心」です。自分として生きていくために絶対に必要なものです。

その大切な自尊心を傷つけて、破壊し、粉々にしようとするのが精神的な嫌がらせをするモラルハラスメント加害者です。自尊心が粉々になると言うことは精神の死を意味します。モラルハラスメントの加害者は「心を開かせて」から心を傷つける。心をハッキングし心に寄生しジワジワと食いつくのです。被害者は一連の流れが理解できず混乱する。ですから、あなたは自分の自尊心を守る必要があるのです。自尊心を守っている人は「ありのままの自分を尊重して受け入れることが出来る人」です。

「ありのままの自分を尊重して受け入れることが出来る心」がある人は他人の心も、ありのまま尊重して受け入れることが出来やすい人です。ですから、互いに尊重するには自尊心が必要なのです。

あなたは、心のパスワードを知らず知らず他人に渡していませんか?

心のパスワード盗み出す人は善人のフリをして信頼関係を構築してこようとします。そして「もっと心開かなきゃだめだよ?」とか「私を信じて!」とか「殻に籠ってたらだめ」、「鎧を脱げばいいのに」、「あなたのためなのよ」、「お前はダメな子だけど素直で優しい部分だけはいいところだと一見正しい事かのように見せかけて、巧みに心のパスワードを聞き出す場合もあります。

また、ただ無知なだけで世の中を綺麗に見過ぎている悪意のない人もこのように言う場合もあります。それはただ知らないだけの人です。普通の考えたらわかることですね。例えば「2-1 都道府県別刑法犯の認知件数、検挙件数、検挙人員(平成27年)」を見ると、平成27年の窃盗犯の認知件数は全国総数で807,560件で検挙件数は226,001件ですよ。更に平成27年の知能犯の認知件数 は43,622で検挙件数は20,742です。この数字からでも泥棒や詐欺師などがどれほど巧妙かもわかりますよね。検挙されていない者もいっぱいいるのです。心の世界でも同じですよ。巧妙なモラハラ加害者は認知さえされていない者もいっぱいいるのです。

冷静に数字を見て下さい。平成27年の窃盗犯の認知件数は全国総数で807,560件で検挙件数は226,001件。更に平成27年の知能犯の認知件数 は43,622で検挙件数は20,742件。認知件数に比べて検挙件数を見て下さい。認知されているのに検挙されていない犯罪者が多いですよね。

犯人を捕まえようとする警察組織があってもこれだけの検挙件数。つまり「悪いことしてもバレていない人間」が最低でもこれだけいるということです。心の世界でも同じですよ。モラルハラスメントの加害者がワサワサいるほうが自然なことですよね。そしてそれがバレていないことが多いのも当然ですよね。

その当然なことがわかれば「心を開きなよ」と言っている者が如何に無責任なことを言っているかがわかりますよね。若しくは加害者の場合もあります。または犯罪者の場合もあります。責任を持っている人は「簡単に心を開いてはいけません。」と教えてくれるものです。心の扉は家で言えば玄関です。

「心を開きなよ」というのは「玄関のカギをかけず扉も閉めないで」ということと同じなのです。まさに詐欺師の言葉だと思いませんか。僕は子供の頃、窃盗や恐喝など悪いことをしたことがある。その頃は、僕も「心を開きなよ」と言い続けていました。一切、盗みもしない今の僕は逆の考えを持っています。

現実的な考えをすればこれくらいはわかるでしょう。それなのに「もっと心開かなきゃだめだよ?」とか「私を信じて!」とか「殻に籠ってたらだめ」、「鎧を脱げばいいのに」、「あなたのためなのよ」、「お前はダメな子だけど素直で優しい部分だけはいいところだ」と言うのって怖いことですよね。悪意が無くても「お前は騙されちゃえよ」と言っているようなものなのです。

これがわかれば「もっと心開かなきゃだめだよ?」と言っている者たちが如何に夢の世界に心を置いて「無責任な発言」をしているかくらいかわかるかと思います。

本当に良い人と、善人のフリをして心のパスワード盗み出す人の違いは「責任を全うするか」で答えがわかります。後者は「無責任」ですから、「責任」追及されるとボロが出たりします。

更に、騙す相手に勘付かれて心のパスワードを変えられても、また心に侵入出来るように無意識の中にバックドア(ばれない入口)を作成されてしまいます。複数作成される場合もあります。ですので、モラルハラスメント被害者は加害者から離れていても苦しくなったり、加害者から離れても「加害者の元に戻らなければならない」と自ら戻ることもあるのです。

本当に信頼した人に心のパスワードを渡す(心を開く)ことは良いですが、むやみやたら簡単に心のパスワードを教えるのは言葉は悪いですが愚か者のやることです。

心のパスワードを盗んでいく人が、モラルハラスメントで善人のフリをして美徳による支配をしていくのです。支配し搾取し道具化し不要になれば粉砕させるのがモラルハラスメント加害者の目的です。

モラルハラスメント加害者に打ち勝つにはパスワードを盗まれて、心の権限をある程度奪われているのですから「心の権限を取り戻して自分が自分の心の管理者になる」ことです。

心の権限を取り戻し自分の心の決定権を何者にも与えないという気持ちを持ってください。あなたの心を決めるのは誰でもなく”あなた”です。

私のことを決定できるのは私だけ。

他の誰にも決定権は与えない。

例え世界の王であっても親であっても決定権は与えない。

私の心の決定権は何者にも与えない。

強い気持ちと信念で固めていくと、こっそり作成されたバックドア(ばれない入口)も見つけることが出来ます。モラルハラスメント加害者は相手の心の奥を舐めまわして隙間を見つけるのが得意です。ですので舐めまわされた結果、バックドア(ばれない入口)を作られているのですから見つけだし(気づく)鋼鉄の感情で隙間を埋めることが大事です。

良く考えてみて下さい。危ない犯罪、異常者、猟奇的事件などがある世の中で、むやみやたらに「鎧を脱いだほうがいい」とすすめる人は何かおかしいと思いませんか…?

そういった本人が、危ない場所だと思い鎧を脱がないのにもかかわらず、他人には鎧を脱ぐことをすすめる…。詐欺と同じで心理的詐欺も多くいますよ。

もう一度繰り返します。

私のことを決定できるのは私だけ。

他の誰にも決定権は与えない。

例え世界の王であっても親であっても決定権は与えない。

私の心の決定権は何者にも与えない。

力強い言葉ではっきりとイメージして声に出して言ってみると効果的です。

あなたの心は、あなたが心から信じたい人、愛したい人にだけ、あなたの責任で心の扉を開いてください。

家の玄関と同じで、夜に開けっ放しは良くないのと同じで、心を開きっぱなしは自分を破壊へと誘導します。

そして、世の中には裏切らない人もいる。そんな人が心を閉ざした人の心の扉を開ける…。のだと思う。騙された続けた人は心の扉を閉める。そして本当の自分を大切にしていくと自然と心の扉を開けるのだと思う。

例えば、無条件で親を信じて来た結果、後から「騙された」と気づいた時には「殺意が湧く」人もいます。その気持ちは当然です。しかし、変わるのは自分です。悔しかったら変わるしかないのです。親が嫌いなら心の中で捨ててしまえば良い。自分が自分の親になってあげることが大切です。

それが、この記事でお伝えしたかった「心に鍵をかけるために自分の能力を高めよう」ということです。

続きをメールで読む

本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合(ブラウザSafariでは表示されない。Chrome推奨)は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)