幼少期、心が苦しかったのは、姉弟間での蟠り(溜まった感情)が原因の1つだったかもしれない。未処理未消化の感情を解放し続けたら良い変化が!

幼少期、心が苦しかったのは、姉弟間での蟠り(溜まった感情)が原因の1つだったかもしれない。未処理未消化の感情を解放し続けたら良い変化が!

僕は、5歳までほとんど喋らなかった子で、常に心が苦しい感じがあったのですが、先日、3歳、4歳、5歳の写真を見ていると、4歳から笑顔が減り出して、姉から首を絞められたり、睨まれている写真、怪我している写真などがあった。重苦しさは姉弟間での蟠り(溜まった感情)も原因の1つだったかも。(原因は1つではない。色々絡み合っている)

跡、左手に3cmほどの火傷の跡があるのですが、それは自分でストーブにつけたと聞いていたけど、その時の家のストーブで、この部分の火傷をする場合、手を伸ばして180度捻るようにしないと無理な位置で、その時にいた誰かが僕の手を引っ張り無理矢理火傷をさせたのではないかな? と思うこともあった。昔はよく、悪いことをしたら焼くからなと言われていたこともあったので、そういった大人の言葉を聞いて、それを子供が真似することはあり得ることだなと思う。実際どうだったのかはわからないけど。

幼少期の写真、そしてその後の写真を見ながら記憶を辿ると、姉弟間での「闇」、これがずっと長い間続いていたことが僕の過去の心の苦しみの一部だったと再確認しました。書き出せば色々なことがありました。裏切り、陥れられたこと、騙されたこと、すり替えられたこと、兎に角、僕が不幸になる方へと誘導してくるのが、姉や妹で、その呪縛から逃れたことから僕の回復が始まり、時間をかけて回復していけて、それから過去の記憶も整理されていき、トラウマもまだ残っているものもありますが、大幅に減り、プラス転換も出来て、本当にやっと、やっと心が、姉弟間、兄妹間にあった呪縛からの解放に繋がりました。

本当につらかった。ずっと苦しかった。(今は、このように本音をスムーズに出せる。自分を取り戻したら、自分の本音を出しやすくなる)

僕以外の3人きょうだいは、組んでいたので、しかも口達者でもあるから、本当のことを言う僕よりも嘘を吐くきょうだいを信じる父と母。そして謂れのない罪で悪者扱いされて、見られる目、とても悲しく、辛く、苦しかった。そんなことが数え切れないほどあり、自分を保てなくなり、自暴自棄に陥り、人生を捨てて、適当に生き続けて、もっと苦しくなっていきました。僕も人間なので、血の繋がった家族から、謂れもない罪で断罪されることは辛く、悲しく、そこに重ねるように、数々の嫌な出来事の連続、調子に乗り出したきょうだいの手口を前に、何も出来なくなり、心を刺され続けるのに、お前は苦しくないという空気で雁字搦めとなり、弱いからいけないと、苦しみ足りないと、ダメ人間だと、意味がわからなかった。

そこから抜け出す道は、2つしかありませんでした。それでも家族にしがみついて傷だらけになり最期自殺をするか、それとも、天涯孤独になっても、完全に自分の親になって、どんな汚い手口にも負けず、自分を大切にする道に入っていくか、でした。僕は後者を選択しました。過去に過去記事でもお伝えしたことです。

自殺を考えるほどの見捨てられ不安を克服した!その治し方とは?境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)の特徴の1つにも見捨てられ不安がある

そして、1つ1つ整理していき、父と母との関係を修復しました。苦しかったから、必死に「書くこと」で言語化能力を上げて、説明力を上げて、そして確かなこと(本当のこと)を親に伝えていくことで、過去の濡れ衣など、なぜそれが起こったのか、色々と理解してもらえるようにもなりました。嬉しかった。過去は機能不全家族だったけど、僕と、両親の間には問題はなくなっていたのです。僕と、姉弟間、兄妹間での問題なだけなのです。それももう、僕には関係ありません。僕の心には1つの芯が出来ているので、ブレませんし、流されないし、昔みたいに見捨てられ不安などから依存するなんてこともありませんから、もう支配されません。親、きょうだい、そんな視点はないので、血の繋がりがあっても一対一の人間です。それ以上でもそれ以下でもない。あとは、嘘に頼っている向こうの問題なだけであり、僕にはそれは関係ありません。それは向こうの課題であり、僕は自分の苦しみを解放し、成長に繋げるだけです。

この経験は、僕の心を、かなり強くしてくれました。何かに依存し続けないといけなかった信者の心が、昔は、現実が嫌で嫌で、3度の飯よりも薬物での幻覚世界を選択するほどの幻覚世界依存(薬物依存)だったのに、自分を信じる心へと変わる良い経験となりました。今、目の前に例えば覚醒剤があったとします。そんなものはただのゴミです。何の価値もないものであり、全く使用したいなんて心にもならないのです。薬物依存は克服が出来ないと言う人もいますけど、自分次第で出来ます。それ以上の「人間的成長」を起こせば、薬物での快楽なんて何の興味も出てこなくなるのです。

このような心の変化もあるから、過去はあれでよかったのだと思うようになりました。トラウマも、それ以外の心の問題も、1つ1つ、転換していく、それが本当の克服法です。

今振り返ってみて、幼少期、心が苦しかったのは、姉弟間での蟠り(溜まった感情)が原因の1つだったかもしれないと思います。それが歳を重ねる度に、さらに蓄積されていき、感情の纏まりが肥大化し過ぎたのです。この原点は、4歳の頃から始まっていたのだと思います。おそらく。それに重ねるように、抑圧された感情などが纏まりとなり、肥大化していき、心の苦しみに繋がり、それを解放した6年間でだいぶ纏まりが小さくなったことで、心に大きな良い変化が起こり、トラウマがPTG(心的外傷後成長)になり、心が成長しました。人は、感情を抑圧しすぎると病みます。だから解放すれば良いのです。

過去の僕は、誰が、どんなことが、自分にとって有害であるか、それもよくわかりませんでした。血の繋がった家族は絶対に大事にしなければいけないと言う考え、凡ゆる、刷り込まれた考え、価値観などに囚われて、何が正しくて、何が間違っているか、自分はどうなのか、わからなかった。少しわかっても、離れてはいけないような気がしたり、罪悪感(架空)で苦しくなったり、色々あったけど、今は、自分を大切に思えるようになったので、はっきりと、自分のことがわかる部分が増えたので、自分にとって有害なものを跳ね除けて、それをしっかり判断出来るようにもなりました。

今、この文章を読んでくれているあなたが、過去の僕と似たような心の苦しみを抱えているのなら、人は、一人で生まれてきて、一人で死んでいく。だから、その本当の自分と繋がることこそが、必要なことなのだと、このことを知って欲しいと思います。自分以外の誰かに流されていてはいけないと思います。

納得出来るまで自分で勉強するのも良いと思います。

そして、僕は、未処理未消化の感情を解放し続けたら良い変化がありました。この自分でわかっていない感情、心の中の小さな自分の存在を知らなさ過ぎること、これが多すぎると問題を引き起こすのです。未処理未消化の感情をしっかり、最後まで感じきっていけば、問題は減っていきます。但し、中途半端な気持ちでは無理です。まして、誰かに助けてもらおうとしている気持ちでも無理です(絶対とは言えないけど難しい)。薬だけで心が治ると思っているようでも無理です(薬を否定しているわけではない。使い方の問題)。その思いがあるうちは、未処理未消化の感情は、見つかったとしても浅い部分だけです。深い部分の未処理未消化の感情は、「本気」にならないと見つけることは出来ません。

あなたが本気になって、本当の自分と向き合う覚悟があるのなら、「書くこと」を始めてみてはいかがでしょうか。

→ 書くことで心を大きく変化させた方法

書くことをせず、深い自己理解をすることは無理だと僕は思います。どんな人間も、本1冊、一言一句間違わずに、丸ごと暗記は出来ません。限度がある。しかし、書き出していけば、いつでも自己理解を深めるための「続き」が出来ます。だから、自分を変えた人は、書くことをした人が多いのです。本気になって書き続けるから、良い変化が起こるのです。ですから、当然のように、「書くことのプラス効果が、研究でわかっている」のです。それだけ書くことがプラスになるのは確かなことだからです。それを通じての自己理解こそ、心を深く癒してくれるのです。

下記は、過去に、女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介された時の文章なのですが、僕がずっと言い続けていること、自己理解こそが深い心の癒しに繋がるのです。これをみんなが出来るようになれば、争いは減っていくでしょう。

多くの人が、同一化をやめて、本当の自分を取り戻して、自己理解を深めていけるようになることを願っております。人は誰もが悪いことをします。スケープゴートは尚更しやすい。それを身代わりにして、隠れて悪いことをし続けて、自分たちは悪いことしていませんよ、と悪役を盾にして隠蔽している者たちは、とても腹が黒いと思います。悪人は善人を悪人に仕立て上げることから始めると言いますが、悪役を作って悪さをしてしまう本当の自分の原因と向き合える人が増えて欲しいなと思います。そこと向き合って、本当の意味で自分を大切にする勇気を持って欲しいと思います。それが出来れば、人生の最期に、僕の母のように、穏やかな死を迎えることが出来ると思います。僕は、誰かを断罪したいわけではない。清算して、自分を大切にして欲しいと思っています。それ(本当の意味で自分を大切にすること)が最も、良い道だと確信しています。

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)