心の権限を取り戻せ!悪魔のモラルハラスメント界からの脱出方法!区別し課題の分離をしマイナスの世代間連鎖を止めよう!

プラス感情トレーニング「emotion plus」
プラス思考になるための簡単なメールトレーニングです。
「料金はいくらでしょうか?」
「いいえ、お金は一銭も頂きません。」 (笑ゥせぇるすまんではありません 笑)
心の権限を取り戻せ!悪魔のモラルハラスメント界からの脱出方法!区別し課題の分離をしマイナスの世代間連鎖を止めよう!

悪魔のモラルハラスメント界からの脱出方法をご紹介します。モラルハラスメント界には上に行けば行くほど善人のフリをした悪人が潜んで笑顔で欺きながら人を奈落の底に落とす悪魔のようなものがいる世界です。心理的賄賂で人を誘惑し釣っているのです。そんな世界に釣られた人間は飴を与えられながら背後からジワジワ追い込まれていき精神が病んでいくのです。

脱出するには区別し課題の分離をしマイナスの世代間連鎖を止めることです。そして無数の悪い暗示に気づいて無限に連鎖しループする仕組みのモラルハラスメント界から脱出しましょう。

連鎖とは物事が繋がっていることで鎖のようなイメージです。その鎖の端からマイナスエネルギーが流れると繋がっているので連鎖し全部に影響が出てしまうのです。モラルハラスメントも感染します。それはこの鎖のように他者と区別せずくっついているからです。

モラルハラスメント 世代間連鎖

鎖は複数の部品を繋げて線状にしています。心も同じで依存しくっついて自分で責任持たない人生を生きると、区別が出来ず相手の影響を受けてしまうのです。仄めかされていくのも相手にくっついていくから仄めかされてしまうのです。区別し人生の課題の分離が出来るようになってくると連鎖しないのでマイナスな世代間連鎖も止めることが出来るのです。モラルハラスメントも区別をすれば脱出が出来ます。

モラルハラスメントで手を鎖で縛られた
モラルハラスメントは心を雁字搦めにし心を拘束します。そしてこのように見えない鎖で手足を縛り身動き取れない様に実に巧妙に死ぬまでいたぶって追い込むのです。そんな悪魔のようなモラルハラスメントの世界から脱出するには心の南京錠を外して下さい。その為にはあなたの心の鍵が必要になります。

<<下に続く>>

 

 

モラルハラスメント 心の鍵

鍵は管理者が管理するものです。そうあなたが心の中の管理者と今すぐなるのです!今すぐ決心し「自分が心の管理者になり何者にも鍵は渡さない!」そう心の中で絶対的な気持ちを持ってください。

私のことを決定できるのは私だけ。他の誰にも決定権は与えない。例え医者であっても世界の王であっても親であっても決定権は与えない。私の心の決定権は何者にも与えない。

心の中で絶対的権限で自分と約束をして下さい。鍵はあなたが思えば今すぐにでも持てます。そしてその鍵で心の南京錠を外し鎖を外して下さい。それがモラルハラスメント界からの脱出です。

モラルハラスメントの鎖をぶち破る

もしも、それでも弱気になり自分で鍵を外せないのなら鎖ごと本気でぶち破って下さい!

鎖をぶち破ったあなたは、過去の悪魔が悪魔ではなかったことに気が付くでしょう…。

最後に・・・

心の権限を渡した者は、自分でも気が付かない間にハッキングした側の媒体となり、他者を知らずに攻撃しています。

  • SHIP

  • ¥16,200(税込)

  • 体験談・実績を報告していただけるとお礼最大¥5,000(たった30名の募集枠)
  • オンライン教材(サポートあり)
  • プラス思考になることも、自己肯定感を高めるにも、アダルトチルドレンを克服するにも、

    最後に辿り着くのは 「本当の自己信頼」です。

    つまり「内なる自分(本当の自分)」と繋がることが最後の根本的な克服法なのです。

    内なる自分と繋がると「本当の自信」がついてきます。本当の自信を持つことが人生上手くいく最高の道です。

    「内なる自分」と繋がるための確かな方法があります。 それが「医療」として「正式」に認められ 「効果も実証」された方法、SHIPです。

    自宅で受講できるオンライン教材で自己催眠も習得できます。「マスター・ヒプノティスト資格(上級レベル)」を取得した「プロ」の催眠療法士による本格的なプログラムです。

  • お申し込み

関連コンテンツ

続きをメール購読

この記事に「いいね!」しますか?

(最終更新:2017年9月16日)Leave a Comment2 Comments5672 views

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by ぽむ

    「私の心の決定権は、何者にも与えない。」

    と、心で唱えたとき、涙が出そうになりました。

    • by 菅原隆志

      ぽむさん。お久しぶりです!

      心の管理者権限をいつからか渡してしまっていたのですよね。

      誰に、どのように渡していたか、どのように心の管理者権限を渡すように仕向けられていて、それに乗ってしまったか。

      明確になってくると二度と渡さない自分へ変わっていけます。

      「私の心の決定権は、何者にも与えない。」

      是非、本気で唱えてみて下さい。

      きっと、心の決定権を渡さないと、生き辛い圧力をたくさん感じたきたのだと思います。

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)