騙されたくないのなら「本物志向」になることが大切! それが「本当の自分」との繋がりに関係している!

騙されたくないのなら「本物志向」になることが大切! それが「本当の自分」との繋がりに関係している!

本物を知らないから偽物がわからない

まず、下記の画像の言葉を読んでください。下記の言葉は、「影響されやすい人から影響されにくい人になる方法」の中に書いた言葉です。

次に、上記を読んだKさんの言葉を読んで下さい。

なるほど!!
本物を知らないということは、偽物を見抜けるわけもない。本物を知り尽くしているからこそ、偽物がすぐに分かるということ。

この通りです。本物を知らないから、偽物がわからないのです。偽物でも本物でも見た目が同じならどっちでもいいや、という考えの人は、とても騙されやすい人です。一部の詐欺師は、ターゲットが、偽ブランド品を沢山持っているか、それとも本物のブランド品を沢山持っているかを、騙しやすい判定基準の1つにしています。当然、偽ブランド品を好む人のほうが騙されやすい人です。

騙されたくないなら本物志向に!

アダルトチルドレンの人は騙されやすい人が多いです。見せかけだけの優しさや、偽の愛、美徳による支配、表面上良いものに騙されやすいです。本質が見えない。なので、本物を強く求めていくことで、偽物に気づきやすくなるので、騙されたくないのなら、「本物志向」になることが大切です。

実質主義になれ!

本物には、「確かな実質」が備わっています。過去に、精巧に作られた偽物のルイヴィトンと粗悪品の偽物の財布をハサミで切ってみたところ、粗悪品の偽物の財布の中には、汚い厚紙(何かの箱を切ったもの)が入っていました。偽物は、表面だけをある程度整えていて、中身は「誤魔化し」です。しかし、本物に限りなく似せた精巧な偽物は、見抜きにくいのです。これを見抜くには、前記したよう、「本物を知り尽くす」ことが重要です。本物を知り尽くしている人なら、精巧な偽物でも見抜けるからです。

「影響されやすい人から影響されにくい人になる方法」

だから、実質主義になれば良いのです。実質は、実際にそこに備わっている性質とか、内容のことです。見た目だけではなく、その内容、本質を重視するようになれば良いのです。自分が実質主義になると、偽物が嫌いになりますから、心理的センサーが出来て、偽物にセンサーが反応(嫌悪感や不快感などが発生)しやすくなるのです。そして、見せかけだけの、表面上のものや情報に惑わされなくなりますので、当然、騙されにくくなります。騙されて生きていきたい人はそのままでいれば良いですし、騙されたくない人は、本物志向、実質主義になると良いでしょう。

やる気を創る心の技術が700円!

AmazonのKindleストアで出版している、やる気を創る心の技術が、700円で手に入ります!

1500円で販売していたのですが、先日、700円に価格を変更しました! 今後、元の価格に戻す場合もありますが、当分は、この価格で販売していますので、やる気を出したい! 家庭を良くしたい! 夫婦仲を良くしたい! こう言った方に、特に読んでいただきたいです! こう言った方にプラスになるであろう、大切なことをたくさん書いています。ただ読むだけではなく、実践的な内容ですので、家庭内で実践していただきたく思います。 Kindle Unlimited会員の方なら無料で読めます! やる気を削がれる環境で育ったからこそわかることがある!

→ https://www.amazon.co.jp/dp/B083R8GMM7/

「騙されにくくなること」と、どのような関係が!?

「やる気を創る心の技術」の本に書いたことと、今回の記事とでお伝えしている「騙されにくくなること」と、「影響されやすい人から影響されにくい人になる方法」には、どんな関係があるのか?

「やる気を創る心の技術」でお伝えしていることは、「やる気」を積極的に創り出していき、それを通して、「仕掛ける側の視点」に気づき、「複合的な働きかけ」が出来るようになるために大切なことをお伝えしています。騙す側というのは、仕掛けているわけです。気づかれないように仕掛けています。そして、騙しのレベルが高ければ高いほど、複合的な働きかけをしています。ですから、「やる気を創る心の技術」でお伝えしていることを家庭内で実践して、実際にプラスを増やしている人は、当然、騙す側の仕掛け、好ましくない複合的な働きかけによる悪影響を防ぎやすくなるのです。それは騙されにくなるということでもあるのです。

 

次に、「影響されやすい人から影響されにくい人になる方法」でお伝えしていることは、心の隙間を埋めること、悪影響を受けにくい状況を創ることですから、この記事でお伝えしている、本物志向、実質主義に繋がることなのです。心が隙間だらけということは、実質が備わっていません。言い換えれば、偽物のような自分です。そこから心の隙間を減らすことは、実質が備わることであり、本物の自分(本当の自分)に近づくということであり、騙されにくくなるということです。

 

このように、僕が出版している本や教材は、どれも繋がりがあり、「1つの本質」に繋がっているのです。例えば、最も良い変化(深い部分からの)が期待出来る「サヨナラ・モンスター」は、あの優れた認知行動療法でも効果が出ない深いレベルでの良い変化が期待出来る方法です。それは、サヨナラ・モンスターが、認知行動療法では届かない心の深い部分に働きかける仕組みになっているからです。ただ、それはやる人次第です。サヨナラ・モンスターは道具ですが、その道具を使いこなすことで、自分次第で、深い部分からの良い変化を起こせるのです。そのために、中途半端な気持ちではなく、「本気で書く」ことが大切です。心から、魂を込めて、自分の1つ1つの言葉を最高レベルの価値に引き上げていく気持ちで、書くこと。これが変化の大きさを決定付ける1つの要因となります。

そして深い部分から自分にとって良い変化が起こるということは、自分と繋がった、又は、繋がり出したということですから、これも当然騙されにくくなることに繋がっているのです。騙されやすい人たちほど、本当の自分を見失っています。騙されにくい人ほど、本当の自分と繋がっている、又は、繋がり出しているのです。

例えば、SNSでは、リツイートした人の中から何名に〇〇あげます!というものの中には「詐欺のようなもの」もあります。それに気づかずに、必死に、もらえるような気になって、リツイートをしている人たちがいますが、まんまと騙されて、そこにある本質が見えていません。そして「カモリスト」に入れられている場合もあります。それは、騙される側(引っかかる側)が、この記事でお伝えしている「本物志向」「実質主義」ではないから、そこにある欺きが見えていないのです。言い換えれば、IQが低いと、そこにある法則性に気づかないとの同じようなものです。下記の記事でお伝えしたことです。

IQ(知能指数)テストには「見えない法則性」がある。これが見えない人ほど、問題意識がないので、自分で自分を不幸にしていることにすら気づけない。

騙されるほうにも問題があるのです。いえ、問題だらけなのです。だから下記の記事でお伝えしたように、問題意識と予防意識が必要なことなのです。

(餌に食いつく暇があるなら、読書をしよう!)

大切な子供や動物を守りたい…。その思いが本当なら「問題意識」と「予防意識」を”持ちたい!”と思って自然に持ってしまいますよね!

不幸を創りたくない、不幸を減らしたい、と思う人は、問題意識もない、予防意識もない、こういった人から離れることを強くお勧めします。僕自身苦しんできたのも、次のような人間に囲まれて背負わせられていたからでした。その時はわかりませんでした。問題意識もない、予防意識もない、問題解決もしない、スケープゴートを創る、悪事を隠蔽する、そして弱者の立場を悪用し、涙を流し、演技して、すり替える。知り尽くしてしまったら、彼らは、非常に未熟で子供なのです。ヒトラーは好きではありませんが、ヒトラーの言葉を借りるなら、「永遠の未成年者集団」なのです。下記の過去記事もこの話に繋がります。

中学3年の15%もが理解困難であり問題があることがわかったそうです。本当にやばいです。何故なら、いじめ、差別、虐待、嘲笑、暴力など、こういったものって、「正しく理解できないことが深く関係」しているのです。

このように、大切な部分の成長はしていないけど、その代わり「騙すことだけはレベルアップしている」という人たちもいるのです。そこで、真面目でお人好しな人や、情に流されてしまった人が、食われてしまうこともあるのです。ですから、情に流されず、自分にとって有害だと感じる人からは離れていくことがとても重要なことです。そのために、本物志向、実質主義になっていけば良いのです。そうなっていくと、足を引っ張り、欺いてくる人たちからの悪影響を防ぎやすくなります。

僕が発信している情報は、このブログの説明に書いてある通り、「本当の自分の感情を感じて、幸せになる(本当の自分を取り戻す)ための情報サイト。洗脳を解き、支配から脱出して騙されない自分(本当の自分)へ…。」です。そのために役立つであろう情報を、本や教材、このような記事などで発信し続けていきます。僕が言っていることは一貫性があり、1つの本質に繋がっています。

本当の、本当の自分と繋がるということは、簡単なことではありません。だからこそ、「執着を手放す方法と悩みの正体!」でお伝えしたように、人生は、本当の自分に出会う旅なのです。壮大な心の旅行を通して、凡ゆる経験をして、本当の自分に出会う、繋がる。そのための旅なのです。これは僕個人の考えですが、生きている今、これは「死後の練習」であり、自分で創り上げてきた「心」が死後の自分だと考えます。生きながら、凡ゆる行為によって、心の深い部分に情報を蓄積しています。良い行いも、悪い行いも、1つ残らず情報が保存されていて、その集大成が死後の自分だと考えています。ですから、悪いことを隠してきた人ほど、必要以上に死を恐れているのだと思います。生きている間にしっかり成長して、本当の自分と繋がり、心の安らぎを手に入れて欲しいと思います。死んだあとどうなるかわかりませんが、本当の自分を生きることは、決して、無駄なことではないと思います。何かに同一化して支配されて他人を生きるより、自分を生きた方が良いかと思います。

騙されるということは、最大の罪であり、自分への裏切りだと僕は思います。本物志向、実質主義を、お勧めします。

 

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)