気づいて、修正すれば、良くなる! 心の問題集に気づいて、1つ1つ修正していきましょう! 支配者は自分を変えません。他人を変えようとしています。自分を変えるあなたは、確実に、自分の幸せに向かっている人!

気づいて、修正すれば、良くなる! 心の問題集に気づいて、1つ1つ修正していきましょう! 支配者は自分を変えません。他人を変えようとしています。自分を変えるあなたは、確実に、自分の幸せに向かっている人!

サヨナラ・モンスターに取り組んでいるMさまは、「嘘なんてついていない! なんで信じてくれないの!」と嘆くことが多かったけど、少しずつ自己理解が深まってきて、自分の間違いに気づくことが出来ました。

まず、上記の記事を読んでみて下さい。

気づいて、修正すれば、良くなる。ということです。

例えば、機能不全家庭でも、上記の記事に書いてある「事実ではないこと(嘘)」、、これが沢山あります。それ(嘘)が何らかの問題に繋がっている場合もあります。1つ1つを整えていくことは、とても【重要】なことです。人が思っている以上に、嘘は問題を製造しています。誰かの嘘が、本当の虐待を生んでしまうこともあるのです。嘘で相手に害を加えることで、相手から暴力が返ってくる場合もあるのです。だからこそ、嘘を減らしていきましょう。機能不全家庭は嘘が多いので、虐待や、きょうだい喧嘩、争いも多いのです。繋がっている部分があります。

あと、過去のトラウマを克服するには「転換」をして「心的外傷後成長(PTG)」に繋げることが大切です。そのために、過去を過去のものとして、正しく終わらせることが大切です。これは「未処理の記憶を正しく処理する」ということ。そして1本の線で繋げて、終わらせるのです。そこに大きな心の成長があります。そのためにも、上部でご紹介した別記事に書いてある、下記のこと。

必ず、辞書を引いたり、言葉の定義を調べながら、「正確なことを発する(アウトプットする)努力」をして下さい。

これが【重要】であり【必要】なのです。これが基本に備わっていないと、良質な転換も起こせないのです。歪んでいる状態だと、思考も歪み、その思考による感情生成も歪み、行動も問題行動に繋がります。非行少年少女は、何らかのキッカケなどによって大きく歪んでしまったので問題行動を起こすようになるのです。ですから、歪みを修正していくことが必要であり、そのために、正しいインプットとアウトプットが必要不可欠であり、そのための方法の1つが、これです。

必ず、辞書を引いたり、言葉の定義を調べながら、「正確なことを発する(アウトプットする)努力」をして下さい。

嘘をついているつもりはないのに、他の人から「嘘つき!」と言われる人も、この記事でお伝えしていることを踏まえて、取り組んでみて下さい。サヨナラ・モンスター参加者のMさまと同じように、「悪意のない嘘」を「無自覚」でついているのかもしれません。もしそうなら、それを修正していけば良くなっていけます。自分の内側を修正していくと、良くなりますよ! 認めるのは怖い時もある。認めてしまえばこれまで壊れるような気がする時もある。またあの苦しみを味わうのかと恐怖することもある。だけど、誰でも間違いがあるし、気づいて、認めて、修正することは「悪化」ではなく、「好転」ですから、1つ1つ、修正しましょう。

気づいて、修正すれば、良くなる。ということ。

モンスターの正体

心の問題集(モンスター)に気づいて、1つ1つ修正していきましょう! 支配者は自分を変えません。他人を変えようとしています。自分を変えるあなたは、確実に、自分の幸せに向かっている人です。

 

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

このブログ全体の総合評価

4.4
Rated 4.4 out of 5
星5つのうち4.4 128件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)57%
星4つ(投稿者の主観:良い)28%
星3つ(投稿者の主観:普通)10%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)3%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)2%

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。