赤ちゃん(子供)が欲しい!と思ったらこれを読んで! 3歳まで、そして、10歳までの子育てが大切!(三つ子の魂百まで! 10歳で性格完成!)親(上)が変われば、子(下)も変わる!

赤ちゃん(子供)が欲しい!と思ったらこれを読んで! 3歳まで、そして、10歳までの子育てが大切!(三つ子の魂百まで! 10歳で性格完成!)親(上)が変われば、子(下)も変わる!

子供を作ろうと思ったら、「3歳まで、そして、10歳までの子育てが大切!(三つ子の魂百まで! 10歳で性格完成!)」について知っておくべきだと僕は思います。なぜかと言うと、「一生を左右すること」だからです。

・3歳まで
・10歳まで

この2つ(3歳、10歳)の通過点、壁、ここまでの間に、どんな情報を子供に植え付ける、刷り込むかで、その後の一生の一部が決まってしまうのです。つまり、3歳、そして、10歳までの間に「出来上がってしまうもの」があり、それが、10歳以降の人生に多大なる影響を与えるのです。人生は出だしが肝心なのです。

本当に子を愛する親なのであれば、自分の都合で子供を作る、作りたいと思うのではなく、こういった「一生を左右すること」についても深く考えることが大切だと思います。将来、子供に「毒親だ!」と言われたくないのなら尚更考えた方が良いと思います。

では、その10歳までの間に「出来上がってしまうもの」が何かというと、1つは、三つ子の魂百まで、と言うように、親などから、3歳までに刷り込まれた凡ゆる情報は無意識下に根付くので、100歳まで(一生)続くくらいの力を持ちます(魂レベルで)。これは、子供は自分で自覚出来ません。無意識に入っているので自分ではわからない。わからない情報の纏まりに無意識のうちに動かされる部分が多いのです。子供は、赤ちゃんであればあるほど無意識です。愛を与えるはずの親からの影響は、子供にごっそり刷り込まれるのです。親が刷り込もうと思っていなくても、親の無意識から子供の無意識に、まるでデータをコピーするかのように。無意識の非言語メッセージでさえ、子供の無意識に入っていくのです(暗示としても)。こういった情報が子供の無意識の中で纏まりになっていきます。

2つ目の「出来上がってしまうもの」は、「性格」です。これは心理学三大巨頭の1人、アルフレッド・アドラーが、人は10歳前後までに自分でライフスタイル(性格)を決めて完成させると言いました。決めた自覚はないけど、ちゃんとみんな自分で選んで、自分の性格を自分で創っているのです。そして、人はこのライフスタイル(性格)を一生使うのです。自分が本気になってこの性格を変えようとし始めない限り、一生、その性格のまま生きていくのです…。身につけた手口も同じように一生使います。

人は皆、子供時代という依存時代に何らかの手口を身につけています。嘘を覚えたり、でっち上げたり、悪者を作ったり、弱い者を踏み台にしたり、馬鹿にすることで優位に立とうとしたり、誹謗中傷をしたり、フレネミーになったり、デマを流したり。色々な手口があります。子供時代に身につけた手口を改心するまで進化させながら使い続けるのです。子は親の背中を見て育つ。大人がやっていることを無意識で感じ、似たようなことをするようになるのです。それが自分にとっての「力」だと思うので、中々手放すことが出来なくなるのです。この手放すことが出来ない手口は、所詮は依存時代に身につけた手口ですから、人間的にレベルが低い手口になります。この手口では自己実現を果たすことは出来ません。

例えば、僕が販売している「サヨナラ・モンスター」という健全教材に対し、嫉妬したのか、誰かの指示なのか、小遣い摑まされてやったのか、妄想者なのか、煽動された駒なのか、何なのか本人が表に出て言わない限り目的はわかりませんが、全く知らない赤の他人であるデマ流し加害者が、付き纏ってきて、デマを流し続けていたことがあります。「悪意のあるデマ」です。その人間は50歳を超えているそうで、子を持つ親だそうです。良い大人が、他人の表現(表現は心の傷を癒す大切なもの)を、平気で傷つけることが出来るのです。これも、昨日今日で身についた手口ではありません。子供時代に身につけた手口、そして自分で作った性格、それによって進化させながらやっている「悪事」なのです。名誉毀損罪に該当する可能性もある。

このように、人それぞれ、自分の性格を自分で作り、手口を身につけて生きて来たのです。前記したよう、それは子供時代という依存時代に身につけたものですから、言い換えれば「未熟な手口」なのです。自分が幸せになっていくためには手放さないといけません。そして新しい性格、新しい健全な手口、生き方を身につけていくことが大切なのです。そのために人々は、思考し、努力をして、継続して、信念と情熱を持って、そして本当の自分へ向かっています。それは心の中の親から支配されていない精神的に自立した自分です。

それが、2つ(3歳、10歳)の通過点、壁、これを乗り越えていくということなのです。誰もが個人差はありますが、三つ子の魂百まで、そして性格、これが出来上がってしまう影響を受けて生きて来ました。そしてこれを通して、心の中に「心の問題集」が出来上がりました(自分の心の未解決問題)。それが、生きていく中で様々な問題を引き起こしているのです(無意識のうちに)。なので、サヨナラ・モンスターで問題を引き起こす根の部分を小さくしていくことを僕はおすすめしています。この、問題を引き起こす根の部分(モンスター)を変えていくということが、「三つ子の魂百まで」「性格」を変えることにも関係しています。

僕自身、自分のモンスター(無意識レベルの纏まり)の変化が性格の変化に繋がっていることを感じたことが何度もあります。例えば、「侵入者は殺すべき。それが例え虫一匹でも」という考えが、「虫も生きている、殺すなんて可哀想だから外に放してあげたい」と、まるで別人のように180度考えが変わったこともあります。性格は、認知を含む纏まりですので、変えるのは難しいですが、認知を変えることで性格も変わります。ただその認知が根深いと認知行動療法でも変えられないので、スキーマ療法とか、深い部分の認知を変える取り組みが大切です。僕の場合は、スキーマ療法とかはやる気が起きないので、自分の独自の方法(サヨナラ・モンスター)」で深い部分の認知が変わり、性格の一部も変わりました。

ここでよく理解して欲しいのですが、三つ子の魂百までは3歳まで、性格は10歳まで、、、つまり、それまでに出来上がった認知を含む集合的な纏まりを変えるには、「過去を振り返ることが最も手っ取り早い方法」のです。振り返らなくても今を生きることで変えることも出来ます。過去に作ってしまったものは、過去を振り返って変えにいく。それが筋が通っている(近道な)考え方だと思います。しかしこの考えは広く受け入れられることはありません。何故なら、「一部の人たちにとって過去は、蓋をするべき闇」ですから(悪いことをしたのに逮捕されず隠蔽した人たちもいるので)、当然、無意識的な反発を生む場合があるのです(必要以上に付き纏ってきて過去を振り返るなと他人の課題に介入してくる人は怪しい)。悪いことをたくさん隠している大人(紳士淑女を装った加害者)がいるから、過去の振り返りに関しては否定的になる人もいるのです。心の世界の加害者にとっては掘り返されてはいけない情報もありますから…。ですから、他人の闇には触れない振り返り方、つまり自分のことだけ振り返るということ。自分の成長のために振り返る、それが大切です。わざわざ悪事を隠蔽した人たちを相手にする必要はありません。他人の悪事は自分に直接関係がない限り、「関係ない」と思っておくと良いです。

僕は、サヨナラ・モンスターで過去を振り返り、心を温めながら、認知を変えていきました。それにより、性格の変化もありましたし、過去より、自分のことを大切に思えるようになりました。僕の場合は10歳までの間に心が折れてしまい、自分を守るために悪い人になろうと9歳ころに決めています。自分が信じる良い道に進んでいたけど負けてしまった。それから、少しずつ悪い方に傾いていき、13歳の頃には、非行に走り、徐々に人のことを可哀想だと思わなくなりました。こうして自分を自分で守りながら創って来たのです。

そしてそれでは上手くいきませんから、いずれ行き詰まるのです。行き詰まって苦しくなり、底についたら、サヨナラ・モンスターでお伝えしてきたことをやっていたのです。そして心の深い部分の一部が変わり、心がその分だけ軽くなりました。10歳頃の自分と和解した、という気持ちです。そして3歳までの親から刷り込まれたことは覚えていません。だけど、言葉には出来ない、イメージ的なものとして温かいイメージがあります。それは、大変な中育ててくれていたというようなイメージです。これにより、僕は過去を振り返り、過去に対してマイナスイメージだったけど、それがプラスイメージに変わり出したのです。自分の過去が1本の線になるまで振り返りました。そして「過去はあれで良かった」と思えるようになりました。1つ1つに「肯定的な意味づけ」が出来るようになったのです。

僕の場合はマイナスを経験し、そこからプラスを見つけるという良い経験になりましたが、必ずしも最初がマイナスである必要はないと思います。最初からプラスなことを創り上げて行っても良いと思います。ですので、赤ちゃん(子供)が欲しい!と思ったら 3歳まで、そして、10歳までの子育てが大切!(三つ子の魂百まで!10歳で性格完成!)だから、1つ1つが、人生を左右するくらいのことを創っているのだと忘れず、育てていける準備をしておくことをおすすめします。

では、その準備、どうすれば良いか?

親自身が、自分を大切にしていることが【重要】であり、「子供の心を育てるための大切な準備」だと思います。そのために出来ることが、親自身の「自己肯定感を高める」、そして、「執着を手放す」ということ。更には、根深い心の問題を抱えているのなら、心の問題も解いておくこと。これをしないまま、子供を作ると上手くいかない可能性が高いと思います。実際、僕は子供時代非行に走ったので、一般的な人よりも、機能不全家庭をこの目で見て来ました。実際に見たことから思うことは、機能不全家庭を築く親は、自分を大切に出来ていなかった…、ということ。その分だけ、偽善や、見せかけだけの愛が多かったと感じました。そうなってしまうのも、親自身が自分を大切に出来ていないからです。

自分を大切にすることで、自分の細部1つ1つを大切にしやすくなります。すると、その細かい1つ1つがプラスに傾きます。プラスに傾いた1つ1つの影響が無意識のうちに子供に良い影響を与えますから、子供の2つ(3歳、10歳)の通過点、壁、これまでの間に良い影響を与えやすくなりますから、魂レベル(三つ子の魂百まで)、あと、性格(10歳前後までに自分で完成させる)にも良い影響を与えることが出来る可能性があります。

良かったら、読んでみて下さい。

親自身の自己肯定感を高める方法
→ https://www.amazon.co.jp/dp/B087CPFTJX/

執着を手放して心を軽くする方法
→ https://www.amazon.co.jp/dp/B086HLP6YZ/

心の問題集を明らかにして解く方法
→ https://sayonara-monster.com/

赤ちゃん(子供)が欲しい!と思ったら、自分の心(自分で気づいていない自分の無意識)が子供に大きな影響を与えるということを考えることが大切です。9割以上の力で、親の無意識が子供の無意識に影響を与えます。気づかないレベルで…。例えば、無意識の、非言語メッセージ(表情、声のトーン、視線、距離感、動作など)も子供に大きな影響を与えています。子供だけではなくペットに対してもです。動物は勝手におかしくなることはありません。人間の影響を受けることでおかしくなることもあるのです。その影響の一部に、無意識の、非言語メッセージ(表情、声のトーン、視線、距離感、動作など)もあるのです。細部にある1つ1つ、そこにある意味や影響、そこまで責任を持てるようになれば、意図して、良い影響を与え、良いものを創ることが出来るのです。

だからこそ、親は、子供が欲しいと思ったら無意識レベルから変わっていく必要があると僕は思っています。無意識レベルから変わるには本気にならないと変われません。本気になって、自分の心の深いレベルの認知を変えていけば良いのです。深いレベルにある認知が、無意識の感情や行動に繋がっています。それも含めて「人生を創る」ことに繋がっているのです。

親(上)が変われば、子(下)も変わります。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
赤ちゃん(子供)が欲しい!と思ったらこれを読んで! 3歳まで、そして、10歳までの子育てが大切!(三つ子の魂百まで! 10歳で性格完成!)親(上)が変われば、子(下)も変わる!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
赤ちゃん(子供)が欲しい!と思ったらこれを読んで! 3歳まで、そして、10歳までの子育てが大切!(三つ子の魂百まで! 10歳で性格完成!)親(上)が変われば、子(下)も変わる!

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)