息がくさい!口臭対策なら!臨床実験で証明された6つの天然成分配合のティーツリーマウスケアプラス!スメルハラスメント加害者にならないために潔癖を目指せ!

499 views

「執着を手放す方法と悩みの正体!(第二版)」(2022年1月14日 販売開始)

息がくさい!口臭対策なら!臨床実験で証明された6つの天然成分配合のティーツリーマウスケアプラス!スメルハラスメント加害者にならないために潔癖を目指せ!

まず、下記の2つの引用文をお読み下さい。

スメルハラスメント(和製英語: smell harassment)とは、ハラスメントの一種で、においにより周囲を不快にさせる嫌がらせのことである。スメハラと略される。

引用元:スメルハラスメント – Wikipedia

マンダムによる調査では、6割を超える人が体臭と口臭を不快に感じると回答した。

引用元:スメルハラスメント – Wikipedia

息が臭い、口臭も、スメルハラスメントになる場合があります。加害者が、「自分はスメハラなんかしていない!」と怒っている事がありますが、何度もお伝えしてきたように、ハラスメント(嫌がらせ)は、本人の意図は関係ないのです。相手が「嫌だ」と感じたら、もうその時点で「嫌がらせ」になるのです。これは覚えておくべき【重要】なことです。相手に「嫌だからやめて」と伝えたのに、同じ嫌なことが繰り返される場合は、相手がそれを行う正当な理由がない場合、「悪意のある嫌がらせ」です。嫌がっていることを伝えたのですから、相手は嫌がっているとわかってやっているのですから。普通は「嫌だからやめて」と伝えたらやめてくれます。それでもやめない場合は、ハラスメントになるのです。

ハラスメントとは、相手の意に反する行為によって不快な感情を抱かせることであり、「嫌がらせ」を指します。ここで重要なのは「行為者がどう思っているのかは関係なく、相手が不快な感情を抱けばハラスメントになる」ということ。

引用元:ハラスメントとは――定義と対策、法律を学び「何でもハラスメント」を防ごう – 『日本の人事部』

大切なことは、繰り返しますが、相手が、それを行う正当な理由があるのか、どうかです。正当な理由がある場合、ハラスメントにはならないでしょう。

例えば、職場や教育の場など、どうしても避けることが出来ない場所において、口臭による精神的苦痛や、香害による頭痛、アレルギーなどの悪影響は、完全に遮断することは無理です。ですから、みんなで使う環境では、自分勝手は許されないことなのです。多くの人間を不快にさせてしまう口臭などは、ある程度の対策をしておいたほうが良いです。自分さえ良ければいい、相手が嫌がろうが関係ないというのは、ちょっと、社会人としても、よろしくない考えです。口臭が酷い人がいると、勉強や作業にも集中できず、中には、吐き気を催す人もいますし、「やる気を創る心の技術」の第2章でもお伝えしたように、「ニオイ」と「やる気」は関係ありますから、酷い口臭が、人々のやる気を奪ってしまう場合もありますから、口臭対策は、今の時代、必須と言っても過言ではないでしょう。今の時代、これからの時代はある程度、潔癖であることが求められます。これは当然です。全体的に、人間的成長して、人類は進化していますから、必然的に、不潔を排除する流れになります。不潔は、文字通り、潔さがないということであり、潔さは、日本人にとって重要な美徳の1つです。

潔さ(イザギヨサ、”純度”)は日本の社会や日本の文化、特に歴史的封建時代の日本では美徳であり、断固とした落ち着き、または男らしさ と解釈されている。

引用元:潔さ – Wikipedia

日本の文化や社会において、潔さは上記の通り、美徳ですから、精神的進化へと向かっている段階において、自然と不潔が排除され、潔癖が求められるようになるのは、自然なことなのです。もう、その変化を、誰もが感じていることでしょう。これは、今後ますます、強くなります。潔癖が正常であり、不潔が病的なものとして扱われていくのです。潔癖は、潔い癖、潔い習慣ですから、何も悪いことでもなんでもないのです。問題となるのは、「潔癖」ではなく、「潔癖症」です。よく、潔癖と潔癖症を混同して、意味のわからない否定をしている人もいますが、潔癖は問題ではありません。寧ろ、人として、周りを気遣っている立派な人だと、僕は思います。潔癖症は認知の歪みも強く、行き過ぎているので問題となるのです。潔癖である事は大事なことなのです。それが、スメルハラスメント加害者にならないための思考の1つです。今の時代は、このこともシフトしていかないといけないのです。そうしないと、ますます淘汰の兆しが強くなってきて、一部の人は生きづらくなってしまいます。

そこで、口臭対策として、おすすめなのが、新商品「ティーツリーマウスケアプラス」です。世界最高品質を目指すサプリメントメーカー、ドクターズチョイスから、この度、ティーツリーマウスケアプラスが販売開始になりました!

【PR】公式サイト→ ドクターズチョイス ティーツリーマウスケアプラス
ドクターズチョイスって何?と、まだ知らない人は、「ドクターズチョイスとは」のページをご覧下さい。ここの製品は、実際に僕自身、何度も購入していて、とても品質が良いことを確認済みです。ドクターズチョイス製品は、成分に拘っており、どの商品も、天然成分で高品質!

そんなドクターズチョイス製品の口臭対策商品「ティーツリーマウスケアプラス」は、お口の中に棲みついている、好ましくない、歯周病菌、細菌を減らす成分を全て(6種類)配合! どんな成分が入っているのかと、各成分の臨床実験についても公開されていますので、ドクターズチョイス ティーツリーマウスケアプラスでご確認ください。リンク先の、「各成分の臨床実験」という見出しのところで読むことが出来ます。

 

「ティーツリーマウスケアプラス」はこんな方におすすめ

プラーク(歯垢)がたまりやすい
歯周病が気になる
歯茎が荒れやすい
口内炎ができやすい
ドライマウスの方
口臭が気になる
口腔カンジタにお悩みの方

「ティーツリーマウスケアプラス」のページより

さらに、ドクターズチョイス製品は、安心して購入して試すことが出来ます。理由は、90日間全額返金保証がついているからです。この条件に関しましても、リンク先の「90日間全額返金保証」バナーをクリックして下さい。そこに、「90日間全額返金保証の条件」が記載されていますので、返金申請する可能性のある方は、必ずご購入前に条件をご確認下さい。

臨床実験において、原因菌が減る効果があることが確認された、6つの天然成分配合

90日間全額返金保証付き

【PR】

【公式サイト】ティーツリーマウスケアプラス

追伸:

相手が嫌がることを、出来るだけしないような自分になっていければ、その分だけ、生きやすくなると思います♪

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

恐怖・トラウマ克服
「サヨナラ・モンスター」

恐怖・トラウマ克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。