認知症の人にみられる「物盗られ妄想」、、、? それ、決めつけていませんか? 妄想ではなく、本当に盗まれている場合もありますよ。

認知症の人にみられる「物盗られ妄想」、、、? それ、決めつけていませんか? 妄想ではなく、本当に盗まれている場合もありますよ。

僕は、過去に自分が書いた記事と、関係のある事実や、ニュースが、後から出てくることが大好きです。今回は、認知症の人の「物盗られ妄想」に関して。

まず、認知症の人にみられる「物盗られ妄想」に関して、情報を発信している人の多くは、認知症の人が「盗まれた」と言っていることを「妄想」だと決めつけることをやめて下さい。なぜかと言うと、嘘つき、詐欺師、泥棒は、認知症の人や、心が弱っている人などに付き纏っているので、知らず知らずのうちに、被害を受ける可能性があり、その被害を、妄想だとすり替えられる場合があるからです。弱っている人は、泣き寝入りをしている場合もあるのです。ですから、「物盗られ妄想」だと断定せず、50%は、本当に盗まれている可能性もあると、健全な考えを持って下さい。

相手が認知症だから主張していることは妄想、、、とは限りません。ですから、必ず「物盗られ妄想」の記述に関しては、「実際に盗まれている可能性もある」と記載をするようにして下さい。しなくても良いですが、しないままだと、世間様から、偏った情報だと(泥棒の肩を持ってるの?と)思われると思いますよ。

 

2017年12月に下記記事を投稿しました。覚えていますでしょうか?

認知症の人にみられる「物盗られ妄想」は必ずしも「すべてが妄想」というわけではない場合もある。周囲の温かい心が認知症の人の心に、強く生きる希望をもっていただくキッカケになるのではないでしょうか。

この記事の中で、次のようにお伝えしました。

認知症の人にみられる「物盗られ妄想」は必ずしも「すべてが妄想」というわけではない場合もあります。周囲の誰かが「相手が認知症だからバレないだろうと思い実際に盗んでいる」可能性もある。認知症の方のご家族の方は「妄想と断定しない」ことも大切です。その人なりの言いたいことがあるのです。

そして、下記のニュースは、今日の昼のものです。

認知症男性から現金盗んだ疑い ヘルパー犯行の瞬間|テレ朝news-テレビ朝日のニュースサイト

酷いやつですね。

僕が、こういったことを、2017年12月に、記事投稿したのも、このような泥棒が、認知症の人に付き纏っていることが、よくあることを知っていたからです。僕は、こういう人間が嫌いなのです。人の弱みに漬け込み、コソコソ泥棒をする。ネットで、嫌がらせをするような者たちと同類です。隠れてコソコソ匿名で、デマを流して、嘘書いて、評価を下げようと企んで、失敗や間違いはいいんです。悪意を持って、知った上で、継続してやり続ける。これは、、、良心が無くなってしまい、温室の中で根腐れを起こした者だと思います。相手がどれほど嫌がっているか、困っているか、迷惑しているか、それさえも考えられないのですから。

話は戻りますが、さっきの動画のように、認知症の男性から現金を盗んだとして、訪問介護ヘルパーが書類送検されていますが、このように、認知症の人などを狙う嘘つきや、詐欺目的で訪問介護の仕事に就く人間もいるのです。このような悪いことをする彼らの特徴は、すぐに相手を妄想扱いすることです。これは、心の世界においても同じです。

モラルハラスメントの加害者は、被害者を支配している。そして、喋られてはいけないことがある…。だから、被害者の「混乱」を、「妄想」とすり替え、被害者が妄想を言っていることにして、「口封じ」をすることがある。この加害者は、悪質な加害者です。

加害者は、認知症の人からお金や物を盗み、認知症の人が勘づいたら「物盗られ妄想」だと決めつける。モラルハラスメント加害者は、長年相手を支配してきて、相手がうまく説明出来ず混乱していることを、妄想だとすり替えて、喋らせないように、その話を他の人が信じないように、被害者をおかしい扱いすることもあるのです。挙げ句の果てには、ガスライティング(心理的虐待の一種)を仕掛けて、被害者が、気が狂って自殺するまで、執拗に追い詰める場合もあります。嘘つきは、立場をすり替えて、相手を悪者にするのです。

「物盗られ妄想」、、確かに認知症の人などにはこういった被害妄想がある場合がある。だからこそ、嘘つき、泥棒、詐欺師が、そこに目をつけるのです。近寄るのです。情報発信者や、認知症関連のウェブサイト運営者は、本当に盗まれている場合もあることを記載するべきです。それをしないならば、偏った(歪んだ)情報を掲載しているのですから、世間様から、なんで記載しなんだ? 泥棒擁護? と思われても仕方ないと思います。普通に考えても、本当に盗まれている場合もあれば、そうではない場合もあると、これくらいは考えることが出来るかと思うのに、認知症の人を見下しているのか、何故、最初から妄想だと決めつけている人間が多いのか? 現実を見ることも出来ないのか、、、。何だろうか…。兎に角、有害な情報はやめて欲しいと思います。健全に、「物盗られ妄想は、妄想ではなく、本当に盗まれている場合もある。」と書くべきです。そして、盗まれたと言っている人がいたら、カメラを設置するなどして、出来るだけ事実を確認していくことが大切です。こうして、時間をかけて、本当のことが見えてくるのですから。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
認知症の人にみられる「物盗られ妄想」、、、? それ、決めつけていませんか? 妄想ではなく、本当に盗まれている場合もありますよ。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
認知症の人にみられる「物盗られ妄想」、、、? それ、決めつけていませんか? 妄想ではなく、本当に盗まれている場合もありますよ。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)