機能不全家族の元で育ったとしても、自分次第でプラスに変えることが出来る! 自分の感情、大切にしてください。大切に扱う心が、心の奥の感情を浮上させる手助けになるのです。

機能不全家族の元で育ったとしても、自分次第でプラスに変えることが出来る! 自分の感情、大切にしてください。大切に扱う心が、心の奥の感情を浮上させる手助けになるのです。

機能不全家族の元で育った人に役立つかもしれない

僕自身、機能不全家族の元で育ったからか、いただくコメントやレビュー、返信などで、「菅原さんの情報は機能不全家族の元で育った人に役立つと思う」と言われることが多いです。

こちらのサイトは良くまとまっていて、
機能不全家族で育ち、悩んでいる人には良いヒントになると思います。また伺わせていただきます!

コメント欄より引用(https://bright-ms.net/post-6066/)

プラスに繋げることができる

「親への恨みはでっち上げ」にも書きましたが、僕が育った家庭は機能不全家庭です。家庭環境、そして親という権威ある存在からの影響は本当に大きいです。親の所為でマイナスになる部分もあるでしょう。僕自身、それを乗り越えるのに、長い時間がかかりました。その過程で、たくさんの恨みの感情も感じ切りました。そして、その経験があるからこそプラスになった部分がたくさんあります。何度もお伝えしていることですが、僕は小学生までの勉強しかしていませんでした。そして、10代の頃と、20代の最初、薬物中毒でした。かなりの依存症でした。自覚のない心の深い傷もたくさんありました。今でも、「悪意ある虚言」に関しての心の傷が残っている部分もあります。つらかったけど、苦しかったけど、全て、プラスに繋げられることがわかったのです。ですから僕は、あの家族の元で育ったことに対し「あれでよかった」と思えるようになりました。嫌な出来事からプラスを見つけました。

サヨナラ・モンスターに取り組んでいる方の良い変化

この記事を読んでいる方にお伝えしたいことは、つらいこと、苦しいこと、これに対し、プラスな視点を見つけるように心がけて欲しいのです。それが、僕がお伝えしているサヨナラ・モンスターの一部なのです。実際に、サヨナラ・モンスターに取り組んでいる方は、次のように言いました。

最近、仕事で、心がけていること、実践できていることは、自分の非を素直に認めること!そして、次に同じミスをしないようにできるようになってきた(^-^)

少し前までの自分は、仕事で上司に注意を受けた時に、ずっと引きずっていたけど、今は、引きずることがなくなった。それは、注意を受けた内容を受け入れた上で、どうするかを考えられるようになったから 注意をされたことに意識をおくのではなく、注意をされた内容に意識をおくことが大事。

自分の非を認めることが出来るようになってきたこと

注意されたことを引きずっていたけど、引きずることがなくなり、どうするかを考えられるようになった

このように、良い変化が起こっているのです。サヨナラ・モンスターの付属ツールで、自分の心を変える取り組みをしているのですが、それは、最も問題となる部分に対して、変わったやり方で転換していくのですが、それによって「考え方の癖」に良い変化が起こることがあるのです。

深い部分の認知を変える

認知行動療法で効果が出ない部分に関しては、スキーマ療法という深い部分に認知に働きかけるものがあります。そのように、深い認知を変えていくことが【重要】なのです。サヨナラ・モンスターは、ちょっと違うやり方で、深い認知を変えていこうと試みる方法なのです。これは特に、以前もお伝えしたように、感情に働きかける方法ですので、女性の方が変わりやすい傾向にあるのです(そういう傾向があるなと今までのことから思っている)。理性的な人にはあまり合わないと思います。

「サヨナラ・モンスター」は、認知トライアングルの「思考」「感情」「行動」の、「感情(緑の部分)」に働きかけながら「認知」を変える方法(セルフヘルプ教材)です。

一般的な認知行動療法では効果がない人(合わない人)でも変われる場合がある!|恐怖(トラウマ)克服「サヨナラモンスター」|note

サヨナラ・モンスターは、女性の方が良い変化が起こりやすいと思っているとお伝えしましたが、前記したように、サヨナラ・モンスターは感情に働きかけてから、認知を変える方法です。そして、女性の方が感情的で、感情が関係する出来事をしっかり覚えている(記憶する能力が高い)から、感情経由からの方が変化が起こりやすかったり、取り組みを続けやすかったりするのです。男性でも、感情的な人、繊細な人は、サヨナラ・モンスターに向いていると思います。

機能不全家族の元で育った人は未処理未消化の感情が多い

機能不全家族の元で育った人は未処理未消化の感情が多いです。本人が気づいていない感情が、沢山あります。僕自身もそうでした。感じてしまうと苦しくて苦しくて耐えきれないと思うほどの感情もありました。心の奥に、沢山抑圧されていたのです。だからこそ、僕が発信していく情報は、未処理未消化の感情を見つける、感じ切ること、ここを大事にしているから、前記したように、いただくコメントやレビュー、返信などで、「菅原さんの情報は機能不全家族の元で育った人に役立つと思う」と言われることが多いのだと思うのです。

だから、僕の文章を読んでくれている方達は、自分の感情、これを大切にしてください。強がる人もいるでしょう。一生懸命強がって、心を守ってきた人もいるでしょう。強がらないと心が壊れてしまいそうで、壊れそうな中、生きていた人もいるでしょう。そして、沢山の感情を抑圧して生きてきた人もいると思います。その時はそれで最善だったのです。だけど抑圧し過ぎた感情は、問題を引き起こすようになります。だからこそ、人は、自分を成長させていく必要があるのです。自分を更新するということ。その為の一部が、自分の感情を認めて、なかったことにせず、感じ切ることなのです。それが、マイナス感情であっても、です。自分の感情、大切にしてください。大切に扱う心が、心の奥の感情を浮上させる手助けになるのです。

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
機能不全家族の元で育ったとしても、自分次第でプラスに変えることが出来る! 自分の感情、大切にしてください。大切に扱う心が、心の奥の感情を浮上させる手助けになるのです。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
機能不全家族の元で育ったとしても、自分次第でプラスに変えることが出来る! 自分の感情、大切にしてください。大切に扱う心が、心の奥の感情を浮上させる手助けになるのです。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)