『「おれ」と「ぼく」のつぶやき』に高評価が! 読んでくれた人の心の癒しに繋がった!「短文だから頭にスーッと入る!」と喜んでいた人も!僕の言葉を1つの材料にして(材料になるものがあれば)、あなたの心の成長に繋げてくれたら嬉しい!

『「おれ」と「ぼく」のつぶやき』に高評価が! 読んでくれた人の心の癒しに繋がった!「短文だから頭にスーッと入る!」と喜んでいた人も!僕の言葉を1つの材料にして(材料になるものがあれば)、あなたの心の成長に繋げてくれたら嬉しい!

今日は、『「おれ」と「ぼく」のつぶやき(No.121~No.150)(https://www.amazon.co.jp/dp/B08CR9PH5N/)』に高評価(星5つコメントあり)が届いていました! 「癒される本です」とのことで、読んでくれた方(仲間さん)の心の癒しに繋がったようで良かったです☆ 皆さんに向けられたコメント付き☆

「おれ」と「ぼく」のつぶやき(No.121~No.150)は、140文字くらいの短文を30個セットで販売している電子書籍です。元々は、ツイッターでツイートしていて、最初はたくさんのいいねをもらっていたのですが、嫉妬からなのか、嫌がらせをしてくる者も寄り付いてきました。あと僕自身、他人が吐く虚言で苦しんできたこともあるので、どうしても悪意のある虚言者からすると、邪魔な存在になってしまい、彼らから嫌がらせを受けやすいので、群れている者が多い場所(SNS等)は合いません。いいねが増えると、それに比例して嫌がらせも増えました。本当のことを書いているのに、嘘だと決めつけられたこともあります。そうすると、気分が悪くなるので、別の場所で発信したいと思ったのも理由の1つで、こうして短文での発信もするようになりました。「短文だから頭にスーッと入る!」と喜んでいた人もいました。このように、僕の言葉で、誰かの心が軽くなるなんて、こんな嬉しいことはありません。ですので、これからも続けていきたいと思っています。

僕の言葉を1つの材料にして(材料になるものがあれば)、あなたの心の成長に繋げてくれたら嬉しいと思います。

上記の、レビューを投稿してくれた方のコメントに、「人は勉強し続けることにより、常にその地図を更新することが必要です。」と書かれています。本当に大切なことですね。勉強して自分を更新していくから、苦しみが増えずに済むのです。更新しないで生きることは、苦しみを増やしてしまいます。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)