自分は生きてる価値がない …と思っているあなたへ

自分は生きてる価値がない …と思っているあなたへ

自分は生きてる価値がない …と思っているあなたにお伝えしたいことがあります。それは、見当違いな思い込みです。価値がないと思っていることが見当違い(判断の誤り)なのです。

僕は、小学生までの勉強しかしていません。そして、若い頃は薬物中毒で、極度の依存症、その後、恐怖症、見捨てられ不安、自殺を考えることが何度もあり、病院恐怖症、人間不信、コミュニケーション障害、トラウマ、自閉的傾向、悪夢障害(自己診断)、書き出せばキリがないほどの心の問題を抱えていて、もう歳は40です。こんな僕を、ゴミ、生きている価値もないクズ、このように見ている人もいました。そして僕自身も、自分なんて無価値だと思い、重度の鬱状態に陥っていた時期もあります。だけど僕は今、自分に対して「価値」を感じています。

どうして、自分で自分をゴミのように思っていたのに、今では価値を感じれるようになったか? それは沢山の視点を見つけ、過去よりも高い視座、広い視野で物事を見ることが出来るようになったからです。つまり、過去はとても小さな1つの視点、狭い視野、低い視座で物事を見て、前記したような自分のことを無価値だと思い込んでいたのです。だけど、そこに価値を見つけることが出来る自分に成長出来たのです。

例えば、ホームレスであっても価値があります。役割もあります。人は、どんな人でも、価値や役割があるのです。それに対し、他人がどう思うかは自由ですが、他人に決められる必要なんて全くないのです。あなたの価値や役割、これはあなた自身が決めるものであり、価値を感じられないのなら、感じることが出来るようになるまで、勉強すれば良いのです。読書をして、他人の考えを知り、新しい物事の見方を増やしていきましょう。過去の僕は、真面目な人間はゴミ、不良以外に価値はないと思い込んでいました。田舎は無価値、無価値な爺さん婆さんの最期の無価値な場所と思い込んでいました。しかし今は逆です。空気が綺麗で、何もない場所、自然、青空、白い雲、虫の鳴き声、色々なこと(過去どうでもよいと思っていたこと)に価値を感じれるようになりました。すると、自分に対しても、価値を感じれるようになったのです。

例えば、今、寝たきり状態に人がいたとしましょう。そんな人のことを生きている価値もないと言い放つ人もいますが、僕はそう思いません。そこに1人の「壮大な人生」があります。想像できないほどの価値が沢山眠っています。まだ気づいていない価値、それは数え切れないほどあるのです。

今、この記事を読んでくれているあなたが、自分は生きてる価値がない …と思っているなら、新しい視点、沢山の視点、高い視座、広い視野を手に入れましょう。その上で、自分に対しての見方を変えましょう。あなたの心が変われば、あなたは、違った見方で自分を見ることが出来ます。そうすれば、あなたはあなた自身のことを、価値ある存在として見ることが出来ます。

よかったら、「親への恨みはでっち上げ」を読んでみて下さい。この本には、僕自身の、物事に対する見方が変わったことについて色々書いています。この本に書いたような変化を起こすと、あなたは、あなた自身の価値を感じることが出来るようになるでしょう。自分を変えて、既にある価値に気づいて欲しいと思います。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)