支配者が流す圧力に流されるように成ることで矛先を変えて鬱憤をぶつけ合う。そして力の弱いほうがモラルハラスメントの被害者となる。

支配者が流す圧力に流されるように成ることで矛先を変えて鬱憤をぶつけ合う。そして力の弱いほうがモラルハラスメントの被害者となる。

モラルハラスメントとは見えない仕組みで操って被害者を戦わせて喜んでいる…場合もあります。その場合、背後に司令塔がある場合もあります。

これだけではなかなか理解が出来ないと思いますし、いえ、理解するのが怖い人も多いかと思いますので次に以下の画像を見て下さい。

 

このように、本当の自分を生きないと知らない間に他者の考えで生きてしまうので、操られているような感じになります。まぁ操られているというよりは「流されている」と言ったほうがいいです。

そうすると、流され続けることで苦しくなっていきます。本当の自分を生きていないので苦しくなって当然です。そして、溜まった鬱憤をぶつけ合います。

 

溜まった鬱憤をぶつけ合い、そこで力あるほうが弱いほうを支配します。

 

 

 

 

 

このように力が弱いほうが、モラルハラスメントを受けるようになるのです。被害者は被害を受けたままだと他の加害者からもモラルハラスメントをされやすくなります。

 

モラルハラスメントとはモラルを使って相手を虐めていくものです。最初に、司令塔である「流されるきっかけ」になる対象に立ち向かわなかったことで、このように矛先を変えてぶつけ合って、力の弱い者が一番下で苦しむようになるのです。

 

早い話、勇気が挫けて、弱い者虐めを初めて、それが表面上わからないようにモラルで隠蔽し始めたというわけです。

なので、勇気をもって、

 

 

これに、立ち向かうことが出来るかが大切なのです。これに立ち向かうには「責任」を持っていないと無理ですよ。そこから目を背けてモラルハラスメントの加害者となるか、それとも、勇気を持つか。そこを問われているようなものです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)