恐怖や不安でビクビク暮らすのはもうやめよう!恐怖を消す方法!プラス思考と感謝、そして嫌がらせの対処法!

70124 views
約 4 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
恐怖や不安でビクビク暮らすのはもうやめよう!恐怖を消す方法!プラス思考と感謝、そして嫌がらせの対処法!

恐怖を消す究極の方法をご紹介します。 結論から言うと「恐怖と本当の感謝は同時には持てない」ので、現実を生きて感謝出来る人間になる事で病的な恐怖や不安を持たない自分になれるのです。

問題になるのは過剰で病的な恐怖や不安

まず、恐怖や不安自体はあってもいいのです。現実を安全に生きるためにブレーキの役割のように必要なことですから。逆にないと困ります。問題なのは「病的な恐怖や不安」です。この病的な恐怖や不安を消すために感謝で心を埋め尽くせば病的な恐怖や不安の入り込む隙間が存在しないのです。

単純なイメージとしてお伝えするのなら 感謝を80%に上げて満たせば、病的な恐怖は20%しか存在出来ないのです。 感謝を99%に上げて満たせば、病的な恐怖は1%しか存在出来ないのです。 感謝を100%に上げて満たせば、病的な恐怖は0%になり存在出来ないのです。 感謝100%で本当の感謝になるので、病的な恐怖は存在できないのです。

しかし感謝を100%持ち続けることは出来ませんよね。感謝し続けることも出来ません。だけど病気な恐怖や不安を出てこなくさせることは出来ます。病的な恐怖や不安ではなく現実的な恐怖や不安だけが出ればいいのです。

病的な恐怖や不安の正体は

問題となる病的な恐怖や不安の正体は「妄想(もうそう)」です。妄想とは「非合理的で、訂正不能な、思い込み」のことです。つまり、非合理的(道筋のない考え)から生み出されている恐怖や不安のことです。

例えば、部屋から物音が鳴った…。それに対して「目に見えない存在がいる…」という妄想を抱いていることで、その目に見えない存在に恐怖する。これは現実にはない、道筋のない考えから生まれている恐怖ですよね。妄想からの恐怖です。その目に見えない存在が現実的に目の前に現れて自分に危害を加えることを伝えてきたときに恐怖するのは現実的な健全な恐怖です。

どうすれば病的な恐怖や不安は出てこなくなるか

どうすれば病的な恐怖や不安は出てこなくなるか。恐怖は脳の扁桃体で感じています。過剰な恐怖は脳の扁桃体の過剰な興奮によるものです。つまり、病的な恐怖を消すには「脳の扁桃体の過剰な興奮を鎮めればいい」ということ。脳の扁桃体の過剰な興奮を鎮めることが出来るのが脳の前頭葉(前頭前野)と言われています。前頭葉(前頭前野)は瞬時に脳の扁桃体に介入できると言われています。

<<下に続く>>

つまり、脳の前頭葉(前頭前野)を鍛えて活性化しておけば、恐怖を感じる脳の扁桃体の過剰な興奮を鎮めやすくなるということ。それは恐怖しにくい、または、恐怖してもすぐに恐怖を鎮めることが出来るということです。脳の前頭葉(前頭前野)を鍛えて活性化しておくことが、病的な恐怖や不安を出てこなくさせる良い方法なのです。

※以下準備中

 

 

小さな幸せさがし

自然や食べ物、住むところ、着るものに感謝を忘れてしまった現代人の多くは心の奥に恐怖を抱えています。だけど空気や空、水、動物、あらゆるものに感謝の心を持つようにすれば恐怖は消えていきます。 絶対の法則が感謝は恐怖と同時に持てないということです。

小さな事に感謝する心は、人が気が付かない細かい大事な部分に気が付けるようになります。 つまり、小さなしあわせ探しをして幸せと感謝にフォーカスするクセをつけると良いのです。

かなり昔の話になりますが、テレビで海外のどこかの村の話を見たのですが、そこの村は飲み水を山を1時間かけて降りて汲みに行かなければいけない村でした。 そこの小さな女の子が毎日往復2時間かけて18リットルの入れ物に水を入れて山を2時間歩いて往復して水を汲んでいたのですが、その女の子は「家族の為に水を運ぶのが楽しい」と心から笑顔で笑っていました。 この女の子は「楽しい」という基準が私がそれまで知っていたものとはまったく違いました。

人は自分次第でどんなこともしあわせを感じ感謝をして楽しめるのだと思いました。 ここで勘違いをしてはいけないのは偽物の感謝は恐怖をより増大させますのでお気を付け下さい。 本物の感謝ではければ恐怖を消せません。 本物の感謝とは「感謝しないといけない!」という頭で思考するものではなく、心の底、無意識から浮かんでくる嬉しい、有難いなどの本音の感情のことです。

サヨナラ・モンスター

僕自身の極度の恐怖を大幅に消すことが出来た方法を教材にして販売しています。それが「サヨナラ・モンスター」です。前記したように、問題となる病的な恐怖や不安の正体は「妄想(もうそう)」です。妄想とは「非合理的で、訂正不能な、思い込み」のことです。つまり、非合理的(道筋のない考え)から生み出されている恐怖。これを止めればよいのです。その方法がサヨナラ・モンスターの方法です。

 

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は、
「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

「書くこと」と「感じること」を真剣に繰り返したら、
本当の自分の感情を取り戻し、恐怖を克服出来ました!

心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・本当の自分の感情がわからない人
・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・アダルトチルドレンのナメラレ体質を変えたい
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

投稿(質問・感想・一言・お礼)はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)