【質問】私の悪い嘘の噂を何年も流され続けて辛いです。加害者たちに天罰はないのですか?神様はいないのですか?

260 views

「執着を手放す方法と悩みの正体!(第二版)」(2022年1月14日 販売開始)

【質問】私の悪い嘘の噂を何年も流され続けて辛いです。加害者たちに天罰はないのですか?神様はいないのですか?

Q:私の悪い嘘の噂を何年も流され続けて辛いです。加害者たちに天罰はないのですか?神様はいないのですか?

質問は「お問い合わせ」から

まず、悪い嘘の噂を流す人がいなくなることはありません。ですので、それが世の中なんだ…と受け入れることが出来ると心が少し楽になります。僕も経験したことがあるので辛い気持ちはわかりますが、結局、彼らがゼロになることはないのです。神様もいません。

ここですごく大事なことをお伝えします。

他人を変えることは出来ないけど自分を変えることは出来ます。これはよく言われていることですよね。で、この「自分を変える」というのは「物事に対しての意味づけ」を変えるということです。そうすると、悪い嘘の噂を流されても、笑っちゃうくらい平気になれることもあります。

要は、嫉妬したお子様たちが、ギャンギャン騒いでいるに過ぎないのです。そしてそれを鵜呑みにしてしまうお子様たちが信じるだけなのです。それって、この世の中のほんのごく一部のことなのです。世の中は広いし、色々な人がいます。他人の噂話を聞いている暇がない人ばかりだし、そんな噂話に翻弄されている時間なんてないのです。こういった現実が分かればわかるほど、大したことないことだと思えて、そう思えるようになれば、感情、気分も変わります。意味づけ、解釈が感情を創っているからです。

僕も、嫌がらせ的な低評価をつけられることがあるのですが、その時に「僕の評価が高いから嫉妬して、下げたくなるほどの価値を感じているんだろうな」と思っています。価値があるから下げる必要があるわけであって、もし無価値だったら下げる必要がないのです。実際、僕の中で最も価値が低いと思う僕のコンテンツがあるのですが、彼ら加害者は、それに見向きもしません(あれ、これには嫌がらせ低評価はつけないの?wと思ったこともある)。彼らはそれを相手にもしないのです。彼らは、価値があるもの、価値が高いもの、潜在的な価値があるものを見抜くプロです。これは専門家も言っていることです(過去に何度もご紹介しました)。そして彼ら加害者はネット上を徘徊して価値あるものの価値を下げようと試みているのです。ある意味、「ご苦労様です!」という感じですね。価値を探し出してくれているわけですから…。必死になって価値を下げたがる人は、潜在的な価値さえ見抜くのです。能力です。こういったことが理解出来ている人は、「価値を下げたがる加害者が低評価をつけていたので購入してみました!」と言うことがあります。

ですので、あなたが今、悪い嘘の噂を何年も流され続けて辛いという気持ちは痛いほどわかりますが、僕自身そこから抜け出すことが出来たので、前記した僕の考えを参考にしてみて下さい。深い部分で納得が起きると、きっと心が軽くなると思います。今自分が囚われてしまっている心の状態、それってごく一部の視点に過ぎないのです。どんな物事でもポジティブな面があります。沢山あります。それを探し出してみて下さい。必ずありますよ。それを見つけることが出来るようになると、悪い嘘の噂を流している人たちは「自己無価値感」を感じている人たちだとわかるでしょう。自分の価値を感じることが出来ず、奴隷状態になり、必死になって他人の価値を下げて束の間の安心を得ようと試みているようなものなのです。山の麓で山頂を目指さず、鎖に繋がれて座り込んでいる奴隷のような状態なのです。勇気が無い者たちが、勇気ある者の悪い嘘の噂を流しているのです。鎖に繋がれている者(自ら繋がれることを望んでいる者)が座ったまま、或いは地面を這いつくばった状態で他人を支配しようとしてギャンギャン騒いでいるのです。

彼らは、勇気を持って自分を縛る鎖を断ち切る勇気が無いのです。サヨナラ・モンスターを購入した人ならわかると思います。サヨナラ・モンスター教材本編「モンスターの正体の図」にある「黒い部分」、それが「自分を縛る鎖」でもあるのです。それを解除するということは、心を自由にするということでもあるのです。サヨナラ・モンスターの購入者さまは、勇気を持って、それを解除しましょう。小さくして、減らしましょう。

話は戻りますが、彼らから嫌われるあなた(質問を送信した人)は、おそらく、勇気ある人間なのだと思います。自分から縛られに行っていないのだと思います。そういう人ほど彼らから目をつけられやすいのです。

そして、所詮「嘘」は「嘘」です。もう一度下記記事でお伝えしたことを読んでほしいと思います。彼らは悪いことをしながら自分の脳に負担をかけて、ストレスを増やして病気の元を自分で創っているのです。これも未来創造です。

下記の記事内容が腑に落ちるまで読んでいただきたいと思います。

勉強せず自ら不幸になっていく人は、その原因が勉強不足であることに、勉強不足だから気づけないのです。

加害者に対しての天罰を期待するよりも、加害者のことを忘れて、自分が成長して幸せになった方が良いと思います。そして自分が幸せになって、彼らに、彼らの価値を教えてあげたり、勇気づけをしていくと、彼らも変わっていくのではないでしょうか。人間ですから皆、喜びもあります。彼らがもし自分の価値を感じて幸せを感じたらなら、彼らは人を傷つけることなんてしたくなくなるはずです。

この記事のレビュー(一覧)

4.5
Rated 4.5 out of 5
星5つのうち4.5 2件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)50%
星4つ(投稿者の主観:良い)50%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

No Title

Rated 5 out of 5
2021年12月21日

No Title

Rated 4 out of 5
2021年12月21日
👍

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

恐怖・トラウマ克服
「サヨナラ・モンスター」

恐怖・トラウマ克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。