集中力アップで雑念を振り払って脳の疲れを取ろう!人は1つの事に集中すれば余計なものが入り込む余地がなくなります。「雑念」に「憑かれ」るから「疲れる」のです。

6512 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

集中力アップで雑念を振り払って脳の疲れを取ろう!人は1つの事に集中すれば余計なものが入り込む余地がなくなります。「雑念」に「憑かれ」るから「疲れる」のです。

脳の疲れは雑念の蓄積によって起こる

集中力アップで雑念を振り払うことは脳を疲れさせないためにも大切なことです。脳の疲れは日々の「雑念」の蓄積によって起こります。人は1つの事に集中すれば余計なもの(雑念)が入り込む余地がなくなります。それは脳を疲れさせないことに繋がるのです。脳が疲れていると寝ても寝ても疲れが取れない。ぼーっとする。だるい。頭が重い。そういった状態になります。

疲れ」は「憑かれ」とも言えます。何故か。「雑念」に「憑かれ」るから「疲れる」のです。

雑念ってどこから来るの!?

雑念ってどこから来るの!?

雑念は「無意識」から来ます。そして「過去」や「未来」に関することで自動で浮かんできます。「こうなったらどうしよう…」とか「くそ、あの時、あんなこと言いやがって」と。

人は同時に2つのことを考えることは出来ません。つまり、「今」に集中していれば「過去」や「未来」が入り込む余地がなくなりますので、雑念が浮かんでこないのです。

だけど、「今」に集中していないときは「過去」や「未来」が入り込んできて雑念に支配されていくのです。

過去に支配されている

人から見下されることが怖く、責められることが怖いというAさん。Aさんは何故見下されるのが怖いのか、何故責められる気がするのかを冷静に考えていきました。すると、自分の中に相手への攻撃性が隠れていて、相手を見下していることに気が付きました。

まさに被害者意識は加害者意識です。

<<下に続く>>

自分が見下されるのが怖く、相手から責められているようで怖い時、自分が相手を見下し相手を責めていたのです。そして相手を見下すかのようなコミュニケーションとフォーカスで相手を無意識で攻撃していたという事です。 「そっか、自分が相手を見下して、相手を馬鹿にし、責める心があるから、そういったものにフォーカスしているから、鏡のように相手からもそう見られている、そうされるかもって思うんだ」と気づいたようでした。

では何故、そんな人を見下し馬鹿にし責めることを無意識の癖になったのか、それはAさんが言うところによると自分の母親と全く同じ!母親の価値観をそっくり受け継いでいる。そう気づいたとのことです。 「こんな価値観は捨てて良いのだ」 そう決心したのです。 母親の価値観を捨てるという事は母親を傷つけてしまい、やってはいけないことだと感じたそうです。

自分は自分、親は親、区別し別々でも良いのだと分かって来たとのことです。

つまり、過去の記憶で今を見ていたのです。過去に支配され、過去の記憶が無意識のうちに雑念を生み出して、そのまま見ていたのです。そのことに気づいて「今」に集中すれば違う見方が出来るのです。

人は1つの事に集中すれば余計なものは入り込む余地はありません。つまり「人を尊重し感謝すること(今)」に集中出来ていれば「人を見下す、馬鹿にする、責める(過去)」などが入り込む余地などないという事です。

集中力を高め、自分はどんな考えで、どんな価値観の人間なのかを、明確にして他者の価値観は捨てても良いんだと自分に言ってあげることが大事な事です。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)