気づきで思い込みを解こう!文章は「気づきの自動販売機」文章で誰かが気づき、プラスになれば、その人の家族もまたプラスになります。

気づきで思い込みを解こう!文章は「気づきの自動販売機」文章で誰かが気づき、プラスになれば、その人の家族もまたプラスになります。

何故、私が文章に拘り、インターネット上に文章を書いてどんどん公開することをすすめるのかと言うと、インターネットは情報収集にとても便利で、文章は「気づきの自動販売機」だからです。気づきが幸せに繋がっています。

「気づき」とは、誰かに教えてもらうのではなく自分の無意識から「あっ!」「ハッ!」「完全腑に落ちた」とか、そういった突然無意識で起こる感覚です。つまり、気づきとは本当の自分に近づく瞬間なのです。その気づきは誰かに教えてもらうのではなく、自分で気づくしかないんです。

自分から気づくきっかけを作り出して、材料を集めていくと突然気づくこともありますよね。

気づきと言うのは今までの「思い込みが解ける瞬間」でもあります。今まで自分を不幸にしてしまうような思い込みをしていたとします。不幸になる思い込みなのに本人はそれが良い事だと思い込んでいて、結果不幸になって苦しんでいる場合があります。この場合は、それが自分を不幸にしていたと気づくことで不幸の原因のマイナスの思い込みを気づきによって手放せます。

ですので、インターネット上に色々な文章が公開されていることによって、インターネット検索をしている方が、その文章をきっかけに「気づく」ということがあります。

文章を書いた人と、インターネット検索をした人は、一生関わりが無かったかもしれません。しかし「気づきの自動販売機」として文章を残しておくことで、文章を書いた人は自分の時間を他に使いながら、誰かの気づきのきっかけに出来るかも知れないのです。

実際に、記事を読んで「記事のお蔭で気づくことができました。ありがとうございました」とメールを頂くこともあります。とても嬉しい瞬間です。

その人が気づき、プラスになれば、その人の家族もまたプラスになります。家族全体が幸せになれば、周囲の家族や親戚にもプラスな影響が出てきます。ピラミッド式に幸せの連鎖が起こる可能性を秘めているのです。

だからこそ、インターネット上に自分が気づいたことを文章にしておくことが、とても良い事になるのです。自分の考えを整理も出来ますし、自分にもプラスなことばかりです。そしてそれが良い世代間連鎖のきっかけに繋がる事もあるのです。

自分にとってマイナスになる思い込みは捨てて、新しい思考パターンを作っていきましょう。新しいプラスな思考パターンを作っていくには「プラス思考トレーニング」(120日連続メール)が効果的です。繰り返すことで変わっていくのです。諦めずに何度も何度も繰り返すのです。そうすると無意識レベルから変わってくるのです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)