EQ(心の知能指数)を高めるトレーニング、エモーションプラス(第二版)がAmazonのKindleストアで出版されました!!

326 views
EQ(心の知能指数)を高めるトレーニング、エモーションプラス(第二版)がAmazonのKindleストアで出版されました!!

先日先行販売を開始したEQ(心の知能指数)を高めるトレーニング、エモーションプラス(第二版)ですが、本日、審査が完了し、AmazonのKindleストアで出版されました!!

https://www.amazon.co.jp/dp/B09SDVTQQS

Kindleストアでも出版することになりましたので、先行販売のほうは急遽終了させていただきました。

公式サイトはこちら

エモーションプラス(第二版)は読んで終わりにするのではなく、本当に取り組んで変わりたい人向けの教材です。そのため、メールサポートと返金保証(公式サイトのみ)をおつけしています。

気づけない呪い

日本最大級のビジネスニュースサイト、東洋経済オンラインさんの『そこにある「SNSの呪い」に、皆まだ気づかない』という記事から引用させていただきます。

 「呪い」の効果は存外に大きい。それは人間の無意識に訴えかける催眠術の一種なのだ。いうなれば心理的な攻撃といえよう。これは、現代においても非常に効果的である。いやむしろ、現代において鮮やかに復活した1引用文献:そこにある「SNSの呪い」に、皆まだ気づかない | プレタポルテ | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース(https://toyokeizai.net/articles/-/84943)

何故、鮮やかに復活したとまで言われる「呪い(潜在意識に働きかける心理的な攻撃)」に気づけないかわかりますか? ここに呪いの秘密があります。それは、呪いは相手が気づかなければ気づけないほど、「かかる」ということ。無意識とは何か? それは「気づいていない部分」です。この気づいていない部分(無意識)に仕掛ける精神攻撃、それが呪いです。

現代において鮮やかに復活し、ジワジワとSNSを中心に絡め取られているのです。最悪どうなるか? 自死です。その自死が「呪い(潜在意識に働きかける心理的な攻撃)」によるものだということを証明することは出来ません。潜在意識に働きかける心理的な攻撃の、」ごく一部分だけがハラスメントなどで訴えることが出来る場合もありますが、結局それでは何の解決にもならないのです。

裁判でどうにか出来るものを数字で「5」とするなら、呪いは「1000」で機能させるものですので。実際どうでしょうか? どれだけお金を持っていても、優秀な弁護士さんにお願いしても、有害なものを全て防ぐことは出来ません。気づいている有害なものが1なら、気づいていない部分が9あるわけです。要は複合的な働きかけなのです。そこらへんの心理カウンセラー程度では気づきもしません。気づかないからこそ「かかる」のです。そしてそれを証明も出来ず、対処も出来ず、徐々に精神が弱って、何らかの形で終わりが来ます。表面上は、うつによる自殺とか、免疫力の低下による肺炎とか、キラーストレスによる死とか、色々な終わりの形があるわけです。どんな形で終えても、それらが呪いによるものだという証明が出来ないのです。

とあるネット配信者の末路

僕は、エモーションプラスなどの良い教材を創るために、「呪い(潜在意識に働きかける心理的な攻撃)」を仕掛けている側を見つけた時に、観察したり、情報収集をすることがあります。2年ほどまえに見つけた「呪い(潜在意識に働きかける心理的な攻撃)加害者」がいるのですが、彼らがターゲットにしていたのは、とある40代の男性配信者でした。加害者たちは来る日も来る日も、男性配信者に気づかれないように「呪い(潜在意識に働きかける心理的な攻撃)」を仕掛けていました。IQやEQが高めの人は気づけると思います。そして2年たち、どうなったかな?と見たところ、男性配信者はかなりやつれて、髪の毛もボロボロ、妄想に取り憑かれて、毎日イライラ、そして配信で文句ばかり言っています。本人が言うには、首も肩も凝りが酷く、頭痛やめまいがひどいという。仕掛けている側は本気で「呪い(潜在意識に働きかける心理的な攻撃)」によって殺す気なのでしょう。これを第三者が止めることは出来ません。どうすることも出来ないのです。何故なら、仕掛けられている側は「気づいていない」からです。気づいていない人に教えたところで、「何言ってんの?」となりますし、長年の攻撃で妄念に取り憑かれてしまっている人なら尚更です。

本人が自分の力で、気づいて、抜け出すしかないのです。

気づかないままだと、どんどんやつれていき、倒れてしまう可能性もあるでしょう。

このブログのタイトルは『幸せの種「気づき」』です。気づくことこそが、幸せになる秘訣なのです。

脳の前頭前野を使い、自分の力で気づくことが大事です。仕掛けている相手が厄介な相手(本気で殺す気の者)が仕掛けてきている場合、何年でも寄り付いてきます。それに対して、気持ち悪いだの、裁判だの言ってもどうにもなりません。必要なことは、気づいて、成長して、心の技術を身につけることです。その技術の一部がエモーションプラス(第二版)です。

また、これとは別ですが、別のターゲットにされていた人物ですが、その人物は既に亡くなっていました。

ネット配信のように、顔出し、自分の家、部屋を晒す、こういったことは、「呪い(潜在意識に働きかける心理的な攻撃)」の視点で考えると非常に危険です。何故危険かと言うのはエモーションプラス(第二版)を読んで、その上でわからない場合はご質問下さい。

「エモーションプラス(第二版)」の第5章の「この図をご覧下さい。」を読んで下さい。これを悪用したら強力な呪いになるわけで、その数が多ければ多いほど強力になります。「呪い(潜在意識に働きかける心理的な攻撃)」は、気づかれないように仕掛けているのです。

悪用すれば呪い。善用すれば幸せのための仕掛け

SNSにおける自殺、有名人の不可解な死……。そこには「呪い(潜在意識に働きかける心理的な攻撃)」が関係している可能性があるわけです。とある有名人の死、、、そこに霊能関係、占い関係などが近い存在として「いる」ことがあります。「呪い(潜在意識に働きかける心理的な攻撃)」を得意としているキーワードを挙げるとするなら、霊能、占い、スピリチュアルなどです。この世界には詐欺師もどっぷりいます。フレネミー(味方を装う敵)もいます。他人を陥れようと、罠を仕掛けてくる者もいます。呪いが得意な者もいます。そんな彼らが「呪い(潜在意識に働きかける心理的な攻撃)」という精神攻撃で、どうして相手を死に追いやることが出来るかわかりますか? その一部が、実は、「エモーションプラス(第二版)」でお伝えしていることの悪用なのです。この方法を極めて悪用すれば、冗談抜きで本当に人を呪い殺せてしまうほどです。なので、絶対に悪用してはいけません。

善用のために僕はこれを公開したのです。「エモーションプラス(第二版)」は呪いと対になす、愛、感謝、自尊心(誇り)、楽しい、喜び、のための方法なのです。「エモーションプラス(第二版)」は潜在意識に働きかける心理的な仕掛けです。

悪用すると・・・潜在意識に働きかける心理的な攻撃
善用すると・・・潜在意識に働きかける心理的な良い仕掛け

実のところ、「呪い(潜在意識に働きかける心理的な攻撃)」は、全く効かない人もいます。そんな効かない人はどんな人か? それが「エモーションプラス(第二版)」を善用しているような人です。この方法を知らないのに、この方法のようなことを無意識のうちにやっている人たちも沢山います。そんな人たちには「呪い(潜在意識に働きかける心理的な攻撃)」は効かないのです。「呪い(潜在意識に働きかける心理的な攻撃)」なんて誰にでも効くわけではないのです。心の守り方さえ知っていれば防げることですから、必要以上に恐れる必要はないのです。

しかし、子供たちの中で、「呪い(潜在意識に働きかける心理的な攻撃)」のようなことも増えています。それによって自殺している子供たちがいます。人の心を守るためにも、「エモーションプラス(第二版)」を善用して下さい。そして、あなたの目的に向かって役立てて幸せになってください。

EQ(心の知能指数)を高めるトレーニング
【公式】エモーションプラス(第二版)

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    引用文献:そこにある「SNSの呪い」に、皆まだ気づかない | プレタポルテ | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース(https://toyokeizai.net/articles/-/84943)

読者登録&解除(無料)

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事に対しての評価をお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより恨みも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。