トラウマ記憶を抑えると健忘症や記憶障害になる可能性がある!!

252 views
トラウマ記憶を抑えると健忘症や記憶障害になる可能性がある!!

過去 | 検索結果: | 幸せの種「気づき」

上記は、「過去」というキーワードでの(このブログ内での)検索結果です。今まで、過去に関する記事697記事も書いてきました。

過去の大切さを訴えかけきた中で、次のように騒いでいた人たちがいました。「過去の振り返りなんて意味がない!」「前を向け!」「過去に囚われているなんて無意味だ!」「過去とか馬鹿じゃねww」と。このように騒ぐ者たちは、自分の過去の記憶に「悪事」などが隠されていることもあり、必死に邪魔をすることもあります。そして将来的に健忘症や記憶障害になる可能性があります。そうではない人は「バランス」を大切にしているので過去の振り返りの良さもわかっています。

僕は今までずっと、トラウマ記憶を含め、過去の嫌な記憶を思い出さないようにし続けることは、その人にとって何らかの不幸に繋がると、強く思っていました。だから僕は、このブログでうるさいくらい「過去の振り返り」を伝え続けました。過去を振り返り、しっかりと書き換えて終わらせることが大事だと確信していたからです。海外の研究結果を見ていくと、僕の思っていた通りのことが大量に出てきます。その度に、やっぱり自分は間違っていなかったんだ。そう思うこともあります。

トラウマ記憶を抑えることは、健忘症を引き起こす可能性があると、ジャスティン・ハルバート博士らの研究で示唆されています1参考文献:Suppressing traumatic memories can cause amnesia, research suggests | Memory | The Guardian(https://www.theguardian.com/science/2016/mar/15/suppressing-traumatic-memories-can-cause-amnesia-research-suggests)トラウマ記憶を抑えることは、今の記憶形成に問題が生じてしまう可能性があるという。

これはトラウマ記憶だけではなく、悪事の記憶もです。悪いことをして清算しないで生きることによって、無意識のうちに記憶を抑制します。それがトレーニングとなり、将来的に健忘症や記憶障害に繋がっていく可能性も否定は出来ないのです。この意味がわかってくれば、悪意のある嘘はやめたほうが良いし、清算出来る時間があるってありがたいことだとわかります。

僕のお勧めは、記憶を抑制せず、正々堂々と自分に素直に生きることです。悪いことをしたら謝ればいいのです。相手に正直に言って許してもらえばスッキリします。それが大切です。悪事を墓場まで持っていこうと隠し続けて記憶形成に何らかの問題を引き起こすよりも、正々堂々と1本の線で繋がった自分を生きるほうが良いと思います。

また、トラウマ記憶の場合も、蓋をして健忘症や記憶障害になるより、正しく向き合って心的外傷後成長に繋げたほうが良いと僕は思います。

サヨナラ・モンスター購入者さまは下記の「会員限定コンテンツ」の記事を読んで下さい。公式サイトのログイン情報でログインして読めます。トラウマ記憶を書き換えやすくなるためのダブル効果が期待出来ることについて書いています。

トラウマ記憶を抑えると健忘症や記憶障害に!?記憶に蓋はしないほうが良い。

トラウマ記憶を抑えるのではなく、向き合い、記憶を書き換えていくほうが良いと僕は考えます。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    参考文献:Suppressing traumatic memories can cause amnesia, research suggests | Memory | The Guardian(https://www.theguardian.com/science/2016/mar/15/suppressing-traumatic-memories-can-cause-amnesia-research-suggests)

読者登録&解除(無料)

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事に対しての評価をお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより恨みも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。