幸せの種「気づき」

心の成長に役立つ情報サイト。大切なことは自分が自分の親になること。

性格の悪い弱者がスケープゴート(悪役)を創っている!!

 2022年9月26日
この記事は709回閲覧されました。

性格の悪い弱者がスケープゴート(悪役)を創っている!!

性格の悪い弱者がスケープゴート(悪役)を創っているということについてお伝えします。

その前にまず、次の動画をご覧下さい。

山口組弘道会などの捜査指揮を執る愛知県警幹部が、女子高生の太ももを撮影し現行犯逮捕されました。

スマホで女子高生盗撮し逮捕 愛知県警“山口組”捜査幹部

このニュースを見て思ったことを書きたいと思います。下記文章はニュースとは関係ありません。

皆、同じ人間であり、誰でも悪いことをする

ニュースにあったよう、捜査指揮を執る愛知県警幹部だって悪いことをするのです。人間ですから誰にでも間違いがあります。それは裏社会を生きる人たちも同じです。同じ人間です。僕が言いたいことは一部の人間たちだけを悪役にするな、そう思うのです。

多くの方にお伝えしたいことは、裏社会で生きる人たちも同じ人間であり、誰しもが心の傷を抱えて生きているということを理解出来る人が増えてほしいと思っています。犯罪や暴力などを肯定しているのではありません。犯罪や暴力を減らすために理解を深めてほしいと思っています。理解が深まれば、それが1つの癒しに、全体の癒しに繋がるのです。

人は誰もが、加害者でもあり、被害者でもあるのです。裏社会の人たちにも被害者の部分が沢山あるのです。一部の人間だけを完全なる悪人、加害者として見ることが、間違ったものの見方なのです。

一般人の一部が反社会的勢力を増やしている

裏社会で生きる人たちを増やしているのは、実は、一般人なのです。一般人の一部が「スケープゴート」を必要としている限り、隅に追いやられて行き場を失う人間が出てくるのは当然のことなのです。このことを理解しないまま、比較的健全な組織であったヤクザ組織を締め上げていけば、結果、何らかの形に変わり出すこともあり、その変わった形による結果が一般人に降り注ぐ可能性があります。

既に、日本の裏社会の一部はメキシコの麻薬組織と関わり出しています1参考文献:大量の覚醒剤…背景にメキシコ「ハリスコ新世代カルテル」(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース(https://news.yahoo.co.jp/articles/ed589cf46ef3c67ef93c323e047db344f8c04daa) 。関わりが出来ると似てきます。感情は無意識のうちに伝染します。メキシコの麻薬組織がどんなことをしているか、ネット検索をするだけでもその残虐さが窺えます2参考文献:メキシコ カルテル 残虐 – Google 検索(https://www.google.com/search?q=%E3%83%A1%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%82%B3+%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%AB+%E6%AE%8B%E8%99%90&oq=%E3%83%A1%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%82%B3%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%AB%E3%80%80%E6%AE%8B%E8%99%90&aqs=chrome..69i57.6052j0j4&sourceid=chrome&ie=UTF-8) 。徹底した恐怖支配です。麻薬を使った強力な支配(潜在意識にたっぷり浸透させる支配)です。

日本のヤクザを締め上げてしまった結果、水面下に潜りマフィア化へと向かい、結果、一般人が怖い目に遭う確率が上がってしまうのです。将来的に「ヤクザの方が良かったな……(優しかったな……)」と言う人、思う人が増えるのではないでしょうか。本当の意味で怖い目に遭って初めて、それまでの全体像が見えてくるものです。そして本当の恐怖支配を舐めてはいけません。見えない「柵(しがらみ)」で逃げられないようになります。心が縛られます。変な縁(えん)を創ってしまうと逃れることが出来なくなるのです。それが恐怖支配の恐ろしさの1つです。

次の2つの引用文をお読み下さい。産経ニュースからの引用です。

懸念されるのは「報復」だけではない。判決がもたらす衝撃があらゆる暴力団組織に及び、水面下でのマフィア化が加速するのではないかという点だ。3引用文献:【多面鏡】暴力団への画期的判決 薬が毒に?水面下の不穏な「反社」 東京社会部長・酒井孝太郎 – 産経ニュース

まさにこれです。丁度今がマフィア化への節目の時だと思います。裏社会を生きている人たちの多くはスケープゴートタイプです。隅に追いやられ、中には理不尽に悪役にされた人も多いです。言い換えれば、表社会の誰かの汚さにより深く傷ついた人たちが多いのです。そして隅に追いやられながらも、所在を明らかにして、正々堂々としている人たちも多くいたり、そういった組織形態だったのも、正当性の無意識的主張の側面もあったのです。それを更に追いやってしまうとどうなるか、一部の人は心が折れて更生すると思いますが、全てが更生することは不可能です。命を懸けている人たちもいますから、水面下にどんどん潜っていく人も増えるでしょう。

次の引用文も、産経ニュースからの引用です。

他方、じわじわと染み出す裏社会の「毒」は、善良な市民を脅かし続けている。弱者が食い物にされ、ときに危うい誘惑によって奈落に落とされる。日常に潜む狡猾(こうかつ)なわなを見抜くのは至難の業であり、現状では摘発強化にすがるしかない。暴力団の動向だけを追っていればよかった時代はとうに過ぎ去り、われわれは不穏の中にいる。4引用文献:【多面鏡】暴力団への画期的判決 薬が毒に?水面下の不穏な「反社」 東京社会部長・酒井孝太郎 – 産経ニュース

上記にあるよう、見抜けないレベルの狡猾な罠が日常に潜む。不良が「水面下に潜る(もぐる)」ということは「潜む(ひそむ)」ことに関してのレベルもどんどん上がっていくのです。進化するのです。だから、日常に潜む罠が増えるのです。そこで何故弱者が食い物にされるかわかりますか? ここで「弱者」=「善」という固定観念を取り払って下さい。いえ「弱者」=「悪」或いは「権力者」という視点も持ってみて下さい。弱者と言っても性格の良い弱者もいれば性格の悪い弱者もいます。

心理学三大巨頭の1人アドラーはこう言いました。

わたしたちの文化においては、弱さは非常に強くて権力がある

アルフレッド・アドラー

弱さ、そして、嘘、、、これが「人を隅に追いやる力」になるのです。

次は、哲学者ニーチェの名言をお読み下さい。

かれらはその手足が弱々しく萎えているので、自分を善良だと信じているのだ。

フリードリヒ・ニーチェ

性格の悪い弱者は、自分の悪を抑圧しています。隠しています。その分だけ、悪役を必要とします。SNSを見ればわかると思います。性格の悪そうな弱者が群れて、毎日他人を叩いています。自分の邪悪さを他人に投影して叩いています。以前見かけた50にもなった者が永遠と誹謗中傷を繰り返していましたが、あのような者ほど心の奥に邪悪なものを隠し持っているのです。

性格の悪い弱者は自分を善良だと信じ込んで、自分の影の部分を他人に投影して他人を悪人に仕立ててあげてしまうことがあるのです。その対象がスケープゴートです。そしてそのスケープゴーティング現象(性格の悪い弱者が他人を巻き込んで誰かを悪役に仕立て上げる)が巧妙狡猾だから、スケープゴートは深い傷を抱えながら、別の居場所に移っていくのです。その居場所が裏社会の場合があるのです。こうして一部の人間が、反社会的な思想を持つ人間を創っていることもあるのです。

一部の性格の悪い弱者の汚さが、スケープゴートを創ったのです。裏社会のスケープゴートタイプの人たち(一部)を隅に追いやったのは、「性格の悪い弱者たち」なのです。スケープゴートタイプは強がります。強がらないと生きていけなかった心理的な何かがあります。強がっているということは? そう、弱いのです。傷ついています。その傷を隠しているのです。それ以上傷を抉られないよう、棘のある状態で守っているのです。つまり、一番弱い人が悪者にされて、別の弱い者(腹黒い弱者)が自分が一番下の弱者だと演技するのです。それで何らかの利益(精神的な利益含む)を得ます。人数が多い機能不全家庭でよくあることです。

ブルーハーツの「TRAIN-TRAIN」という曲に、次の一節がある。

弱い者達が夕暮れさらに弱い者をたたく

ザ・ブルーハーツの曲「TRAIN-TRAIN」

「弱い者達(権力を持った性格の悪い弱者)」が「さらに弱い者(スケープゴート)」を叩いて(汚い嘘で被害者に成りすましながら)、隅に追いやるのです。黒い羊の仮説も関係しています。誰かを悪人に仕立て上げることに、レッテリ貼り(不良品のレッテルを貼る)、ラベリング効果(決めつけてラベルを貼ることで、相手がラベル通りの行動をするようになる)も深く関係しています。汚い嘘や決めつけで、相手を悪い方へと誘導するのです。決めつけて貼ったラベル通りの反応や行動を引き出し、ほらな、とマッチポンプ的に相手を悪役に仕立て上げていくのです。反社会的な人たちを創ったのは、一部の汚いことを平気でやる人間(弱者)たちなのです(という場合もあるということ)。

因果応報な面もある

一部の人間を悪者に仕立て上げた弱者は仕返しで食い物にされやすいのです。カルマ(業)です。返ってきているのです。因果応報です。因果関係に気づいていないだけです。食い物にされてしまう人間は、勉強を怠りました。だから前記した日常に潜む見抜けないレベルの狡猾な罠にかかってしまうのです。なぜ勉強を怠ったかかわかりますか? 煩悩が強いからです。108ある煩悩の中の十煩悩に、貪り、怒り、怠け、無明、慢、邪見、疑い、浮つき、無慚、無愧、があります。「怠け」「無明(無知)」、この煩悩が強いから、日常に潜む見抜けないレベルの狡猾な罠にかかってしまうのです。

裏社会はスケープゴートの集まりです。なぜスケープゴートが必要なのか、社会心理学者の方の記事から引用させていただきます。

第1の理由は人が様々な煩悩をかかえていることである。それは例えば、「ズルをしてでも金持ちになりたい」「卑劣な方法を使ってでもライバルを押しのけて彼氏や彼女と結ばれたい」「自分の能力は低いが、他者には能力があると思われたい」などである。5引用文献:人はなぜスケープゴートを作り出すのか?/釘原直樹 – SYNODOS(https://synodos.jp/opinion/society/18244/)

このように、社会心理学者も煩悩がスケープゴートを必要とする理由の1つだと言っています。自分の問題をスケープゴートを悪役にすることで誤魔化そうとする、それが性格の悪い弱者がやっていることであり、それによって深く傷ついた人間たちが、隅に追いやられた人間たちが、独自の世界、居場所を形成した、それが裏社会なのです。その裏社会を更に追い詰めたら、当然、水面下に潜ります。そして水面下から進化した罠を仕掛けてくるようになります。それが前記した産経ニュースの記事の引用にあったことです。

理解無きまま追い詰めれば、当然、悪化、進化します。物事はシンプルです。人が勝手に複雑にしているだけです。簡単な話、人間を理不尽に追い詰めて隅に追いやったから、追いやられた側が独自の居場所を形成して生きているということです。原点の理解と癒しがない限り、悪化と進化によって因果応報で返ってくるだけであって、自分の心の中にやましいことがない場合、(必ずではないが)その罠に引っかかることがないので、裏社会がどう進化しようと悪化しようと、真っ当な心を持っている人たちにとっては問題ではないのです。

つまり、裏社会からの罠に一番引っかかりやすいタイプは、最初にスケープゴートを創った人なのです。最初に罠に嵌めた加害者が表にいて、裏に追いやられた被害者が今度は罠に嵌める加害者になったのです。加害者は過去の被害者です。

この記事でお伝えしていることは、本質です。自分が罠にかかるのではないかと恐怖を抱えている人たちは、よく理解して、自分の心の中から煩悩を減らすことを強くお勧めします。特に前記した十煩悩(貪り、怒り、怠け、無明、慢、邪見、疑い、浮つき、無慚、無愧)です。スケープゴートを創った嘘つきは、「邪見」もかなり強いです。貪りたいが為に邪見し、怠け、無知から悪者に仕立て上げればどうにかなると思って、また貪る……。そんな心が、悪役を必要とするのです。悪いものを悪いというのはいい。嘘をついたり、事実を歪曲したり、他人を巻き込んで寄って集って弱った人間を悪者に仕立て上げる、濡れ衣を着せる、どんなに心の冷たさを感じたか。傷ついた人間が居場所をなくし、冷たい濡れ衣を着たたまま歩いていたのか。それを理解出来るような人間的成長を起こしたなら、罠にかかることはないでしょう。

必要な犠牲は良いと思う。しかし、誰かの私利私欲、煩悩まみれの為の犠牲(スケープゴート)は、反発を生みます。その反発の1つが、反社会的勢力なのです。人間はやはり、清算して生きるべきだと思います。

1人でも多くの人が理解を深めて、1人を悪者(スケープゴート)にせず、人を尊重し、清算するべき人は清算をして、世の中から犯罪が減ることを願っています。全体が浄化される為には「汚い嘘」を減らす必要があるのです。嘘は最終的に戦争まで引き起こします。

【宝島社企業広告】「敵は、嘘。」「嘘つきは、戦争の始まり。」1/7掲載 |株式会社 宝島社のプレスリリース

濡れ衣を着せられた人へ

そして濡れ衣を着せられた人にお伝えしたいこと。あなたの怒り、恨み、復讐心、その背後にある苦しさ、深い悲しみ、それを乗り越えて自分を大切にしてほしいと思う。過去は被害者だった。だからといって加害者になってしまったら、自分を傷つけることになります。自分の為に、苦しさ、悔しさ、悲しみをプラスに転換してほしいと思います。冷たい濡れ衣を着せられたからこそ、あなたには「真実を見る力」が身についています。濡れ衣を着せられたということはとても辛い立場ですが、その視点からしか見えないものがあるのです。みんなが気づいていない嘘つきのこともよくわかるはずです。その真実を見る力は「心の財産」です。

濡れ衣を晴らし、何層にも付けられた「決めつけ」、これを剥がすのは、、、自分の役目です。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    参考文献:大量の覚醒剤…背景にメキシコ「ハリスコ新世代カルテル」(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース(https://news.yahoo.co.jp/articles/ed589cf46ef3c67ef93c323e047db344f8c04daa)
  • 2
    参考文献:メキシコ カルテル 残虐 – Google 検索(https://www.google.com/search?q=%E3%83%A1%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%82%B3+%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%AB+%E6%AE%8B%E8%99%90&oq=%E3%83%A1%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%82%B3%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%AB%E3%80%80%E6%AE%8B%E8%99%90&aqs=chrome..69i57.6052j0j4&sourceid=chrome&ie=UTF-8)
  • 3
    引用文献:【多面鏡】暴力団への画期的判決 薬が毒に?水面下の不穏な「反社」 東京社会部長・酒井孝太郎 – 産経ニュース
  • 4
    引用文献:【多面鏡】暴力団への画期的判決 薬が毒に?水面下の不穏な「反社」 東京社会部長・酒井孝太郎 – 産経ニュース
  • 5
    引用文献:人はなぜスケープゴートを作り出すのか?/釘原直樹 – SYNODOS(https://synodos.jp/opinion/society/18244/)

最初に読むべき一冊(ミニ書籍)


心が傷つき病んでしまったら「心の問題解決」を始めることが大切です。その為の「心構え(心の用意)」の一部として機能するものがこの書籍の中でお伝えしていることです。この書籍でお伝えしていることを心に置いておくことで、自分の心の問題解決への対処の方向性が定まりやすくなります。

まずはマイナス化思考(認知の歪み)を修正しよう

認知の歪みの中で最も厄介とされる「マイナス化思考」ですが、これを修正するツールをご用意しました。
→ https://sayonara-monster.com/post-2956/

認知の歪みの1つであるマイナス化思考は誰でも大なり小なりあるものです。このマイナス化思考がうつの原因になってしまうこともありますし、ストレスや苦しみを増やしてしまうこともありますので、出来るだけ多く修正していきたいものです。この部分を効率良く変えていく為に役立つツールが上記のリンク先でご紹介しているツールです。とても簡単な方法で、質問に沿って入力していくこと(書くこと)でポジティブな回路をつくっていけます。

新着・更新情報をメールで受け取る

自分が自分の親になって
自分と向き合って心の深い部分を変える方法
「サヨナラ・モンスター」

自分が自分の親になって自分と向き合って心の深い部分を変える方法「サヨナラ・モンスター」
心の苦しみを減らすには認知を変えれば良いのです。しかしそれを変えることは難しい場合もあります。そこで、認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変わることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
人の心が変わるということは脳の活性化と共にあるものなのです。それを促しながら潜在意識(無意識)に対して複合的に働きかける方法です。返金保証もありますのでご安心下さい。効果が無かった場合、返金申請することが出来ます。あなたが変わるための材料を徹底してご用意しました。あとはあなたの変わる気持ちが必要です。自分を変えていきましょう! 基本は「付属ツール(書くこと)」で細部の変化を起こしていきます。

正確なIQがわかる知能テスト(医師作成)

【広告】「公式Worldwide IQ Test」をオンラインで受けて、メンサテストに合格できる「脳力」があるか簡単にチェックできます(有料)。信頼性が高く、すぐに正確なIQがわかる知能テストで30分以内にあなたのIQスコアが分かります!(このIQテストはこの分野に精通した若くて経験豊富な医者により作成されたものです)。フィンランドの会社が運営しているサイトです。テストを行う方は十分な準備をしてから行いましょう(疲労や空腹が無い状態・心が落ち着いている状態で)。結果に大きく差が出ます。

極度のあがり症改善に特化した教材

極度のあがり症を改善し、スピーチの全国大会で準優勝した心理カウンセラー・セラピストが、あがり症改善に特に効果のある各種心理療法と、スピーチ・プレゼンに必要なスキルをまとめました。既存の話し方教材・教室では解決できない課題解決が期待出来るレベルの教材です。
あがり症改善プログラム
~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします(投稿は最下部から)。

サイト内検索

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

コメントを投稿する(レビューは最下部)

*

CAPTCHA


・日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)
・コメント欄を設置してみました!良かったらコメントを残して下さい。
・記事のレビューは最下部からお願いします。
・あなたの前向きな気持ち(積極的で発展的な宣言等)を残していって下さい。