親を一生恨む?それは不幸になります宣言です。克服に役立つ王道本が楽天Koboストアでも出版!

301 views

親を一生恨む……という人たちがいます。それは自由です。しかしそれは「不幸になります宣言」です。恨みの感情を増幅させたまま、抱えながら、幸福感を感じることは無理だと思います。出来れば恨み辛みを克服して、幸せな気持ちを増やして生きていってほしいと僕は思います。「不幸になります宣言」をしているという恐ろしさを知らない人の一部が、安易な考えや、甘い汁を啜りたい、或いは同情してもらいたいが為に、親を悪者に仕立て上げる為に何度も嘘をついたり、事実を捻じ曲げて、その嘘の記憶を元にして更に恨んで、自分を腐らせてしまっている人もいます。このような人は自分で自分を狂わしている最中であり、時間と共に狂ってしまいます。それは自分でやったことですから自業自得としか言いようがありません。自分で創った嘘の世界に入り込んで長く生きていると戻れなくなります。戻るには、その虚偽の過程を1つ1つ解体しないと戻れない(清算も含む)のです。つまりは、病的な妄想です。そんな人を僕は個人的に何人も知っています。本当に戻れなくなるのです。

下記の記事タイトルをお読み下さい。

自分の堕落に気づけないと、ルサンチマン弱者がはびこる恐ろしい国になる<小林よしのりさんインタビュー後編>|新・堕落論 – 幻冬舎plus

こういうことです。昔に比べるとルサンチマン弱者が蔓延り出しました。ルサンチマン弱者(一部の人)は、人を傷つけたい、懲らしめたい、苦しめたいのです。下記のニーチェの言葉をお読み下さい。

私はあなたに助言する。友よ、人を懲らしめたいという強い衝動を持つ者を信用するな! 哲学者ニーチェの言葉

人を傷つけたい、懲らしめたい、苦しめたいという衝動を持つ、それがルサンチマン弱者です。彼らは自分の心の中にある邪悪なものを認めません。だからそれを他人に投影して他人を悪者にして叩きたがるので、このような衝動に駆られることがあるのです。健全な人は「人を育てたい」「幸せになってもらいたい」と思います。だからその為に必要なことを伝え、発信します。人間が腐りに腐り切った先にルサンチマン弱者があり、これが加害者として支配者として機能するのです(場合もあるということ)。ルサンチマン弱者は結局のところ自分の問題で、自分で拵えている問題ですので、いくら他人に復讐をしても自分の心が晴れることはないのです。どんどん腐って堕ちてしまうのです。

そうならない為の転換本として「親への恨みはでっち上げ」を書きました。恨むだけのことがあったなら、それはそれでしっかりと終わらせることが大切なのです。鬱積させないことが大切なのです。そうしないと恨み辛み復讐心が潜在意識の中で邪悪な纏まりとなることがあり、それが肥大化していくと、一生恨み辛み復讐で生きる人生になってしまう場合もあります。このような人が加害者になり、誹謗中傷依存症になり、万年、ネットで誹謗中傷を繰り返し、やがて病んで終えるのです。それは自由ですけど、幸せや感謝を感じる人生の方が良いのではないかと僕は思うのです。

終わらせずに恨み辛みを増やしていくと、自分が不幸になってしまうのです。

Amazonで購入(電子書籍)
Amazonで購入(紙の本)
BOOK☆WALKERストアで購入
Google Playブックスで購入
・‎Apple Booksで購入
楽天Koboストアで購入

先日この本が、「楽天Koboストア」の審査を通過し出版されました。紙の本もAmazonの審査を通過し無事出版されました。親への恨みはでっち上げであると気づいて、理解を深めて、そこから大きな成長に繋げることが大切なのです。とある任侠道を志す代表者もインタビューの中で「恨み辛みを感謝に変えた時、清々しい気持ちになれる」というようなことを言っていました。どんな世界で生きている人でも、恨み辛み、感謝、この基本は同じなのです。新しい視点を沢山見つけて自分の内側に大いなる変化が起こりだすと、恨みは感謝に変わるのです。ハーバード大学の研究で、希望という感情は絶望の後にしか現れないということが判明しています。これは、希望や絶望だけの話ではないのです。感情のことを知っていくと、どれも、マイナスを知るからプラスを知れるわけです。恨み辛みを知ったからこそ、深い感謝を知れるのです。あなたの辛かった過去はこれから良いものに変わるのです(自分次第で変えていける)。これは深いところまで降りたからこそなのです。

どんどん新しいポジティブな視点を見つけていきましょう!!♪

時間(命)は限られています。

待っているのはもうやめて創っていきましょう!

誰かが何かを与えてくれるのを待っていることほど無駄なことはないです。

読者登録&解除(無料)

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事に対しての評価をお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより恨みも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。