争いの多くは茶番!巻き込まれないことが大事!騙されるな!

369 views
争いの多くは茶番!巻き込まれないことが大事!騙されるな!

争いの多くは茶番です。巻き込まれないことが大事です。日本は巻き込まれてはいけないのです。彼らの巧妙な手口、シナリオ、それに巻き込まれてはいけないのです。

例えば、沢山の信者を抱える組織があるとします。「信者」=「儲け」です。更に儲けるにはどうしたら良いか? そう、信者が活動的になり続ける必要があります。信者の活動から利益が生まれるからです。ではどうすれば信者は活動的になるか。どうすれば命を懸けるくらい活動的になるか。それは「」を用意して「恐怖」を植え付けながら「争わせる」のです。すると、争っている信者同士がどんどん熱くなり、武器を持ち、ヒートアップして活動し続けます。それを利用して上は儲けるのです。

では最初に沢山の「敵」をどうやって用意するか。簡単です。分裂劇です。元は1つだったもの、それを2つに分けて(演技して、大衆を騙して)、争いを創ってしまうのです。これが一番、短時間で沢山の敵を用意する方法なのです。信者を抱えている組織、殆どが「敵」を抱えていますよね……。この茶番、最初は1つの組織から始まるのです。わざと分裂させて、信者を2つに分けて、争わせるのです。争いが上の利益を生み続けるのです。

https://bright-ms.net/post-26352/)でお伝えしたことはとても大事なことなので、もう一度引用文を2つご紹介します。

我々に武器を執らしめるものは、いつも敵に対する恐怖である。しかもしばしば実在しない架空の敵に対する恐怖である。

芥川龍之介の言葉

 

もう一つは下記です。

フランスの歴史家アンヌ・モレリは、この十要素が第一次世界大戦に限らず、あらゆる戦争において共通していることを示した。そして、著書『戦争プロパガンダ10の法則』の序文中で、「私たちは、戦争が終わるたびに自分が騙されていたことに気づき、『もう二度と騙されないぞ』と心に誓うが、再び戦争が始まると、性懲りもなくまた罠にはまってしまう」と指摘している。1文献:引用文献:プロパガンダ – Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%91%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80)

分裂劇によって敵を用意されて争うように仕向けられて、恐怖の植え付けにより争いがヒートアップしていくのです。騙されていることにも気づかず、正義の争いだと信じ込んで争いを継続するのです。後には引けなくなり、感情的になり、より、本質が見えなくなり、悪化の一途を辿るのです。この働きはどんどん周りを巻き込んでいきます。巻き込まれていくと日本も巻き込まれていくことになるでしょう。

どっちが悪でどっちが善か、そんな考えは捨てるべきです。この考えは最も騙されやすい考えです。戦争プロパガンダの十要素に引っ掛かっていくと、第三次世界大戦へと繋がっていくでしょう。戦争プロパガンダの十要素は下記になります。

アーサー・ポンソンビーは、第一次世界大戦でイギリス政府が行った戦争プロパガンダを分析して、主張される事に関する10の要素を以下のように導き出した[20]。
我々は戦争をしたくはない。
しかし敵側が一方的に戦争を望んだ。
敵の指導者は悪魔のような人間だ。
我々は領土や覇権のためではなく、偉大な使命(大義)のために戦う(正戦論)。
我々も誤って犠牲を出すことがある。だが、敵はわざと残虐行為におよんでいる。
敵は卑劣な兵器や戦略を用いている。
我々の受けた被害は小さく、敵に与えた被害は甚大(大本営発表)。
芸術家や知識人も、正義の戦いを支持している。
我々の大義は、神聖(崇高)なものである(聖戦論)。
この正義に疑問を投げかける者は、裏切り者(売国奴、非国民)である。2文献:引用文献:プロパガンダ – Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%91%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80)

もう既に、引っ掛かり出していますよ。。。第三次世界大戦へと繋がってしまえば三度目の正直で人類の滅亡をもたらす結果になるかもしれません。騙されるか、それとも見抜いて防ぐか。本当は、関わってはいけないのです。

いかに必要であろうと、いかに正当化できようとも、戦争が犯罪だということを忘れてはいけない。

ヘミングウェイ(米国の小説家、ノーベル文学賞受賞)

戦争は小銃の偶発から始めることができる。しかし戦争を終結させることは、経験豊かな国家指導者でさえ容易な事ではない。流血をとどめるのは、ただ理性だけである。

フルシチョフ(ソ連の政治家、最高指導者)

理性、理解、これしか癒す方法はありません。

金持ちが戦争を起こし、貧乏人が死ぬ。

サルトル(フランスの哲学者、小説家、劇作家)

金持ちは、世界に溜まった鬱積された恨みつらみ復讐心を引き出しています。自覚の有無に関わらず。

あらゆる抑圧が戦争を引き起こす。

ボーヴォワール(フランスの作家、哲学者 / 1908~1986)

負の感情を抑圧しているスケープゴートタイプが、戦争を引き起こすのです。これまでの恨み辛み、復讐心を、凡ゆる攻撃に込めてぶつけるのです。それを癒すのはフルシチョフ(ソ連の政治家、最高指導者)の名言にあったよう、理性、理解だけが流血をとどめるのです。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    文献:引用文献:プロパガンダ – Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%91%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80)
  • 2
    文献:引用文献:プロパガンダ – Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%91%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80)

読者登録&解除(無料)

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事に対しての評価をお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより恨みも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。