あなたのスマホ、必要以上に熱くなっていませんか? ハッキングされているかも。

240 views
あなたのスマホ、必要以上に熱くなっていませんか? ハッキングされているかも。

ハッキングされるとスマホが熱くなりこんな症状が

あなたのスマホ、必要以上に熱くなっていませんか? もしかしたらハッキングされているかもしません。

まず下記の引用文をお読み下さい。有名な「サイバーセキュリティ.com(株式会社セキュアオンラインが運営する、サイバーセキュリティに関する情報ポータルサイト)」さんの記事から引用させていただきます。

単にスマホが熱いだけでなく、次のような症状も見受けられる場合、スマホがマルウェア感染しているか、ハッキング(不正アクセス)されている恐れがあります。

見覚えのないアプリがある
見知らぬアドレスからメールが届く
身に覚えのない通信が行われている
動作が不自然に重くなる

1引用文献:スマホが熱くなる・電池の減りが早くなる原因と対処法を解説|サイバーセキュリティ.com(https://cybersecurity-jp.com/column/59813)

こんなことってあるの? と思う人もいるかと思いますが意外と多いです。個人レベルでやっている人もいます。

カルトや左翼がやることも(不正監視)

例えばツイッターにいる異常なネットストーカーの一部。僕も数年間に亘って一方的に付き纏いや嫌がらせを受けたことがありますが、彼らはおそらく「カルト」或いは「左翼」です。カルトがカルトだというようなことを隠してSNSで活動してるのでしょう。思想は左派です。「カルト 大学 注意喚起 – Google 検索」を見ればわかりますが、日本中の大学のホームページで、カルトに関しての注意喚起をしています。それだけカルトは大学生(これからの社会人)の取り込みに力を入れているのでしょう(※カルトに取り込まれてしまうと、強力なマインドコントロールにより人格を壊され、一生戻れなくなる場合もありますので注意が必要です)。

そして彼らの一部は絶対に知り得ない他人のことを知り得て(これは占いの闇、霊感商法の闇《言い当てる等》とも関係している部分)、それをネタに相手に仄めかしたりして水面下での脅迫も仕掛けます。要はハッキングや盗聴をしているから知り得る情報を元に仄めかしなどを行うこともあるのです。そうすれば、被害者が「不気味さ」を感じ恐怖します。表面上では自分たちが被害を受けていると「立場のすり替え」を行い、巧妙な嫌がらせを仕掛けます。嫌がらせのプロです。彼らがターゲットにするのは、そこらの個人から起業家、政治家まで幅広くターゲットにしています。表ではSNSを使って匿名アカウントを使い、ターゲットの活動の邪魔をします。目的の一部は「監視」や「活動の妨害」です。僕に纏まりついていた50代の中年も頻繁に「監視」というキーワードを使って「もう少し監視せねば」などと、ストーカー的な不正監視を想起させるキーワードを多用していました。

もう1つ引用文をお読み下さい。「政治家など狙うサイバー監視、すでに産業として存在 | JDIR」という有名サイトの記事からの引用文です。下記の引用文に書かれてある「メタ」は「米メタ(旧フェイスブック)」のことです。

メタでセキュリティー部門を統括するナサニエル・グレイチャー氏は、「“surveillance-for-hire”(不正監視の商売)は単に1企業によって行われているのではなく、より広範に及ぶ産業として存在することを示している」と指摘した。2文献:政治家など狙うサイバー監視、すでに産業として存在 | JDIR(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/68176)

上記の引用にあるよう、不正監視の商売は広範に及ぶ産業として存在するという。このような不正監視などはそこらへんの1企業だけがやっているのではなく、かなり広範囲で行われているのです。だからツイッターで嫌がらせをしてくるネットストーカーがこのような監視をしているネットストーカーという可能性もあるのです。今まで嫌がらせや付き纏いをされてきた人たちならわかると思いますが、付き纏う側は単なるそこらの無知な個人ではない場合もあるということ。そこらのガキンチョの嫌がらせではないレベルのものもあるということです。かなりの知識を保有し、工作や妨害の技術も高いということがわかるでしょう。僕も彼らの1人を特定し、損害賠償請求しようと思い開示請求をしましたが、後一歩というところで失敗しました(嫌がらせを分散させている為、1つの件では受任限度内とされてしまいやすい巧妙さ。リスク分散して仕掛けてくる)。それは彼ら加害者のレベルが普通以上であるからです。そしてそのストーカーは、僕がアカウントを消して関わらないように離れてからも「当分の間は監視を続けます」などと、この世のものとは思えないほど気持ち悪い言葉、悍ましい言葉を吐いていました。これは相手がどれほど気持ち悪いと感じる言葉か、「お前を監視(不正監視)し続けるぞ」なんて、誰でも「気持ち悪い」と感じることです。

続けて下記引用文をお読み下さい。同じ記事から2つ引用させていただきます。

メタはカナダ・トロント大学の研究グループ「シチズンラボ」と共同調査を行い、そのリポートを公表した。それによると、サイバースパイ企業はフェイスブックやインスタグラムを使って標的を探し、架空のアカウントとプロフィールを設定して接触する。オンラインチャットなどのコミュニケーションを通じてファイルをダウンロードさせ、マルウエア(悪意のあるプログラム)を対象者の機器にインストールする。こうしてスマホなどが監視デバイスと化すという。

この手口です。これはツイッターの中にも匿名で隠れて存在しています。普通の一般人になりすましてストーキング、監視などをして付き纏います。

あるとき、亡命中のエジプトの政治家が所有するスマホ「iPhone」が異常に熱くなっていた。シチズンラボが調査したところ、2つのスパイウエアがインストールされていた。うち1つはイスラエルのNSOグループが開発・販売したものだったという。3文献:政治家など狙うサイバー監視、すでに産業として存在 | JDIR(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/68176)

政治家が狙われることが勿論ですが、個人だって狙われる可能性があります。僕のように小物の個人発信者でさえ、彼らの気に触るだけで付き纏われて徹底した嫌がらせを受けることになることもあるのです。その1名は「金沢」という異常な者で、2018年から数年も付き纏ってきました。証拠のスクショも全て保存しています。この者は異常なほど京都に深い思い入れがある人物です。彼曰く、何かあり死ぬなら京都で首を吊るそうです。首を吊る前にわざわざ京都(他県)に行くと、、、。つまりそれだけの信念レベルで京都に関する何かに思い入れがあるのでしょう。命を懸けるほどの何かが京都に、、、。

では京都には何があるか? 考えられることとして「左翼組織」です。下記のスクショを見て下さい。これはGoogle検索で「京都 左翼」で検索したものです。

4引用文献:京都 左翼 – Google 検索(https://www.google.com/search?q=%E4%BA%AC%E9%83%BD+%E5%B7%A6%E7%BF%BC&oq=%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%80%80%E5%B7%A6%E7%BF%BC&aqs=chrome..69i57.3116j0j9&sourceid=chrome&ie=UTF-8)

この一番上のリンク先が「京都府警察」の記事です。「京都府警察」から引用させていただきます。

京都を壊す極左暴力集団のテロ、ゲリラ
極左暴力集団は、平成元年以降、全国で350件を超えるテロ、ゲリラ事件を引き起こしており、このうち24件が京都で発生しています。5文献:京都府警察/京都を壊す極左暴力集団のテロ、ゲリラ(https://www.pref.kyoto.jp/fukei/anzen/bisan_j/kagekiha/index.html)

何故か左翼は京都を狙っています。おそらくは日本を乗っ取り、革命を起こし、京都を新しい首都にしたいという思想を持っているのだと思われます。だから左翼系の加害者の言葉には「京都」の文字が多く出てくるのだと思います。

京都には左翼が多い、、、これはよく言われることです。下記は「日本共産党の深層 著者: 大下英治」からの引用です。

かれこれ二○あまりもある京都の大学の中で、左翼的な教授、学生の多いのは、立命館、同志社、京大の順となっている。6文献:日本共産党の深層 著者: 大下英治(https://www.amazon.co.jp/dp/478165021X)

以前Twitterで僕に対してふざけた印象操作をした洗脳的な左派の思想で煽動的だった心理師がいましたが、その者も「京都」でした。そしてデマ流し加害者金沢が慕っていましたので深い繋がりがあると考えられます。左翼的な繋がりだと思われます。それだけではなくその界隈の周辺には左翼系宗教関係者も多かったです。そして怪しい茶番劇のような週刊誌問題も創り出していましたので、非常に危険な者たちが多い界隈だと思います。

続けて下記の引用をお読み下さい。次は「極左暴力集団の現状等 – 警察庁」のPDFからの引用です。

非公然組織を有し、警察や対立する団体、個人等に対し、住居侵入、窃盗、電話盗聴等の違法行為を伴う調査活動も実施7引用文献:極左暴力集団の現状等 – 警察庁(https://www.npa.go.jp/bureau/security/kyokusanogennjoutou.pdf)

極左は上記のようなことをします。先程の話(不正監視を産業的に行う存在)と深く関係していそうですよね。

つまり、息を吐くように僕のデマを流し続けた、京都に強い思い入れがある左派思想の加害者金沢は、極左関係者の可能性も否定は出来ません。普通の人間は自分の活動で下手を打ったからといって首を吊るとは言いませんし、首を吊るにしても最後に行く場所が「京都」というのは極左の匂いがしますね!!(※洗脳されていると思われる・左派は洗脳が得意な者が多い)

もう1度同じ引用文をお読み下さい。

あるとき、亡命中のエジプトの政治家が所有するスマホ「iPhone」が異常に熱くなっていた。シチズンラボが調査したところ、2つのスパイウエアがインストールされていた。うち1つはイスラエルのNSOグループが開発・販売したものだったという。8引用文献:政治家など狙うサイバー監視、すでに産業として存在 | JDIR(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/68176)

上記に「イスラエル」というキーワードが出ていますが、僕が思う限り、今まで左翼系の人間が発した言葉からかなりのイスラエルという言葉が出ているので、日本だけではなく左翼系はイスラエルとの繋がりが多いのだと思います。イスラエルには、左派系の組織と繋がっている組織が多い可能性があります。過去に僕もとある左派の人間からの勧めから始まり、勝手にイスラエルのとある協会に入会されていたことがあります。その左派の人間は赤軍との関係もあったと言っていました。

余談ですが、少し前に赤軍(極左)の最高幹部が出所しました。で、数日前「「腐ったような臭い」電車内に液体 女子高生2人搬送、乗客100人が避難 – SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト」がありました。

・・・・・

上記の電車内での液体の件、左翼関係、或いは駒を使っての「予行練習」でなければいいのですが、、、。

話は戻りますが、

世の中には、大きな組織的な、産業的な、スパイ、工作、監視、凡ゆる操作などを行っている側もいるのです。政治家などが狙われることもあれば、それに関する経営者、或いはその下の方に引っ付いている有名人などの駒などに対して嫌がらせを仕掛けることもありますので、知らないうちに自分のスマホが監視デバイス化されてしまう可能性も否定は出来ないので、少し自分のスマホに対して過敏になって僅かな変化も逃さないようにすることが大事だと僕は思います。

また少しでも、「この人なんか変だな」「反社会的だな」と感じた場合は、近寄らず、関わらず、静かに離れた方が良いかもしれません。

おすすめ記事一覧:「ハッキング」の検索結果|サイバーセキュリティ.com

  1. iPhoneがハッキング?警告文の真偽とハッキング確認方法【徹底解説】
  2. スマホがハッキングされた?乗っ取りの原因、確認方法、対処法を徹底解説
  3. iPhoneがウイルス感染しているか調べる方法 | 感染原因や症状を解説
  4. USBメモリが認識しない・読み込まない・反応しない|データ取り出し(復旧・復元)方法と打開策を解説
  5. エクセルのパスワード設定方法は?忘れたときの解除の裏ワザも紹介
  6. ネットワークセキュリティキーとは?種類や確認方法、忘れた場合の対処法まで徹底解説
  7. 【Excel】消失・上書き・破損したエクセルの復旧・復元方法
  8. WPA3とは?特徴やメリット、注意点について徹底解説
  9. プロキシサーバーとは?使用上の5つメリットと注意点について
  10. 【Windows 10】パソコンがフリーズ・応答なしになる原因と対処法!
  11. Windows 7/8.1/10サポート終了期限一覧・その対策とWindows 7の延命方法
  12. マルウェア【Emotet(エモテット)】とは?脅威や手口・対策まで解説
  13. 5Gとは?4Gとの違いやメリットデメリット、セキュリティ対策まで徹底解説
  14. ZIPファイルへのパスワード設定・解除・忘れてしまった場合の対処法
  15. SDカードが認識しない、読み込まない場合の復旧、復元方法
  16. http・httpsとの違いは?ウェブセキュリティの基本を解説
  17. Active Directory アクティブディレクトリとは?機能やメリットデメリットを徹底解説
  18. Macが外付けHDD(ハードディスク)を認識しない原因と対処方法
  19. トロイの木馬とは?被害事例やウイルスとの違い・検出・駆除方法まで
  20. サイバー攻撃とは?その種類・事例・対策を把握しよう

追伸:

この記事を読んでいる警察関係者や公安関係者がいましたら、過去に僕のデマを流して加害者のくせに被害者になりすました側(金沢等)を監視すると良いかもしれません。恐らくあの界隈は極左、左翼、左派、そこらへんですので、、、。健全な日本社会の為によろしくお願いします。

誹謗中傷(指殺人・魂の殺人)に関与しているにも、左派が多いでしょう。駒を煽動し、炎上させ、ネットリンチ。これを子供が真似るから自殺者が出ています。まずは大人がやめないといけません。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    引用文献:スマホが熱くなる・電池の減りが早くなる原因と対処法を解説|サイバーセキュリティ.com(https://cybersecurity-jp.com/column/59813)
  • 2
    文献:政治家など狙うサイバー監視、すでに産業として存在 | JDIR(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/68176)
  • 3
    文献:政治家など狙うサイバー監視、すでに産業として存在 | JDIR(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/68176)
  • 4
    引用文献:京都 左翼 – Google 検索(https://www.google.com/search?q=%E4%BA%AC%E9%83%BD+%E5%B7%A6%E7%BF%BC&oq=%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%80%80%E5%B7%A6%E7%BF%BC&aqs=chrome..69i57.3116j0j9&sourceid=chrome&ie=UTF-8)
  • 5
    文献:京都府警察/京都を壊す極左暴力集団のテロ、ゲリラ(https://www.pref.kyoto.jp/fukei/anzen/bisan_j/kagekiha/index.html)
  • 6
    文献:日本共産党の深層 著者: 大下英治(https://www.amazon.co.jp/dp/478165021X)
  • 7
    引用文献:極左暴力集団の現状等 – 警察庁(https://www.npa.go.jp/bureau/security/kyokusanogennjoutou.pdf)
  • 8
    引用文献:政治家など狙うサイバー監視、すでに産業として存在 | JDIR(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/68176)

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事に星評価とコメントをお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。