過去の出来事の後悔を克服する方法!後悔の理由は他者の価値観を基準にして選択し判断したから!本当の自分が何者にも流されないで選択したのなら後悔は生まれません。

過去の出来事の後悔を克服する方法!後悔の理由は他者の価値観を基準にして選択し判断したから!本当の自分が何者にも流されないで選択したのなら後悔は生まれません。

過去の後悔を克服する方法!過去の後悔を克服する方法を書きたいと思います。まず過去とは「既に過ぎ去ってしまったこと」で後悔とは「後になって悔やむこと」です。悔やむとは「後になってから別の判断や処理をしておけば良かったと思う事」です。

どうして後になってから「あの時にこうしておけばよかった、ああしておけばよかった」と思うのかと言いますと、過去においての判断や処理を自分の価値観で判断して選択しているわけではないからです。つまり他者の価値観を基準にして選択し判断しているので後悔してしまうのです。本当の自分が何者にも流されないで選択したのなら後悔は生まれません。

しかし、本当の自分の選択ではなかったから「あの時にこうしておけばよかった、ああしておけばよかった」と後悔してしまうのです。

例えば、私は10代の頃に中等少年院の一般短期処遇で少年院送致になり、家庭裁判所の審判の結果、約半年間少年院送致という結果になりました。その結果が納得いかず脱走することを決意して一か月間逃走し、その後自ら戻ると、移送されて中等長期(約1年間)と最初よりも長くなってしまいましたが、何も後悔はしていません。当時、17歳なりに真剣で命懸けであり、本当の自分の心からの選択だったから「あの時に脱走しなければよかったなぁ」なんて後悔が生まれないのです。ですから、後悔しない為には「何者にも流されない自分の心からの選択をすること」です。そうすれば後悔など生まれてきません。

過ぎ去った過去に捉われ「あの時にこうしておけばよかった、ああしておけばよかった」と過去に執着し苦しい場合は、納得できるまで過去に向き合ってみて下さい。自分で自分を見捨てて他者の価値観で選択してしまっているから苦しくなっているのです。ですから、自分に「あの時は力がなく臆病で自分の選択ができなかった。申し訳なかった」と自分に声をかけてあげて下さい。そして、その時の勇気がなかった事、未熟さや弱さを受け入れましょう。

過去の後悔を克服する方法は「後悔の出来事に向き合い、事実を歪めずに認めて、自分を受け入れること」です。そして、これからは自分の心からの選択をしていく事です。そして過去の記憶を変えることは出来ます。過去の出来事に新しい解釈をするのです。過去はその時の精一杯の解釈だったのですが、過去よりも成長した「今」なら、もっとプラスな解釈が出来ることは沢山あるはずです。過去の記憶に対してプラスな解釈・意味づけをしてみましょう!

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)