モラルハラスメント界は依存世界!「依存」に美徳でメッキをかけた偽物に誘惑されてはいけません!「依存」から「自立」へと向かうことで抜け出せるのです。

モラルハラスメント界は依存世界!「依存」に美徳でメッキをかけた偽物に誘惑されてはいけません!「依存」から「自立」へと向かうことで抜け出せるのです。

※これはあくまでも個人的意見ですので参考程度にお読み下さい。 まず以下の画像を見て下さい。

30代、40代、50代の引きこもりの人はこの仕組みを知りましょう!

まず「支配」とは良い支配もあります。過去の記事「本当の支配の意味。支配にも素晴らしいものがある。良い支配と悪い支配があると思います。」も合わせてお読み下さい。 支配のフリをした悪い支配もありますが、本当の支配とは「責任ある人間が自分の能力を、未熟な人に配り、支えることが本当の支配」なのです。画像の一番上の部分です。

「依存」の対極は「自立」です。私たちは「依存」をしながら「自立」へと向かって行く事で自由が手に入っていくのです。自由になる為には責任を持てるようになることが大事な事なのです。他のものに頼って存在し生きることです。他の人や物や価値観などに頼って私たちは生きているのです。誰もがです。そこから他からの従属から離れて他に頼らずに独り立ちすることが「自立」です。「依存」から「自立」へと向かって生きていくのです。

その為には「孤独」と「孤立」を乗り越えなくてはいけません。孤独は実際に独りになることで、孤立は心理的に独りになることです。その「孤独」と「孤立」が耐え難い苦痛だから人は群れて誤魔化すのです。そして他者に頼って他のものへ依存して「孤独」と「孤立」を誤魔化しているのです。深い意味での「自立」が必要になるのです。

<<下に続く>>

「依存」の世界は、まるで幽霊のような世界でもあり、モラルハラスメント界とも言えます。モラルハラスメントの加害者は被害者を支配するために被害者を孤立するように仕向けます。深い意味で「自立」が出来ているとモラルハラスメント界とは無縁になるのです。モラルハラスメント界は依存世界であり、主観コミュニケーションの間に存在しますから「自立」している人には攻撃が届きようがないのです。モラハラの攻撃は「自立」している人の前では攻撃が攻撃ではなくなるのです。

ここまでは「依存」から「自立」へと向かって生きることの大切さがご理解できたかと思います。

上部の画像を再度見て下さい。支配者からの力を正しくお返しする人は責任ある人です。無責任だと支配者の力が攻撃と感じるのです。そして次に恐怖が出ます。すると恐怖して媚びます。そして媚びた結果、生み出されたマイナスの感情が消えないので、それを家族や子供や動物や弱いものに当たるのです。その結果、マイナスの連鎖が生み出されやすいのです。そのように媚びの親に育てられると、人それぞれですがマイナスになりやすいのです。だからこそ「こんな親は嫌だ!」と努力が必要になるのです。しかし、美徳で支配されている場合は情に訴えて涙を使いながら騙してくる場合もあるので「親を裏切ると可哀相」とか思っている場合もあります。しかし、そこは情に流されずにダメだものはダメ、おかしいことはおかしいとはっきりすることが大事です。

「親を捨てるなんてひどい奴だ」という風潮が日本は強いと思いますが、そんなことは関係ないのです。まず自分が成長しないと何も出来ないのです。支配の力の一番下で美徳で騙されて自分を犠牲にするのではなく、何よりも一番自分を大事にすることです。それが良い事です。あくまでもこれは私の個人的な意見ですが。

「依存」に美徳でメッキをかけた偽物に誘惑されてはいけません!

関連コンテンツ

【新教材】SHIP

【新教材】SHIP
あなたが人生に悩み、苦しむのは「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ていないからですよね。そう、あなたは自分を信じることが出来ないのですよね。

自分を信じている人は、大好きな人と幸せになり、お金にも不自由せず、社会的に認められ、快適に楽しく暮らしています。

彼らのようになりたいのなら、「本当の自分(内なる自分)」と繋がって「本当の自信」を持てるようになることが必要なのです。

催眠療法を習得すれば「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ます。催眠療法は、アメリカでは「医療」として「正式」に認められ「効果も実証」された方法です。

催眠療法は精神療法の一種で、英国医師会と米国医師会も有効な治療法として認めている確かなものです。更に、アメリカ心理学会や米国歯科医師会も催眠を有効な治療法として認めているのです。

【新教材】SHIPは、自己催眠を習得して「本当の自分(内なる自分)」と繋がり、理想の人生を送るための教材です。

SHIPを受講すればあなたの都合の良い時に動画、音声、テキストで学習することが出来ます。サポート体制も充実しています。

この機会を逃せば、あなたはSHIPに出会えないかもしれません。募集終了になる前に受講して下さい。

続きをメール購読

この記事に「いいね!」しますか?

(最終更新:2017年9月16日)Leave a Comment2 Comments4686 views

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by sumire

    支配の本当の意味、考えたことなかったです。
    支えて配る そうですね。
    当方、50代、バツイチ、22歳の娘、19歳の息子がいます。
    子育ては支配者に媚びてきた両親のようにはなるまいと必死でした。
    両親の考え方、感情は、戦後になったとはいえ、戦前、戦中のままでした。

    80代後半になる実母と父が亡くなったのを期に同居し、モラハラを受けて傷つきました。
    しかし、母の著しい自己愛的な行動を観察することにより、
    自分が受けてきた洗脳がどういったものかはっきりとわかりました。
    毒親、自己愛性人格障害、サイコパス、ソシオパス、モラルハラスメント、モラハラ界
    休み休み考えてきましたが、やっと自分なりの結論がまとまりそうです。
    人は孤独、孤立を乗り越えて成長すると私も思います。
    色々なヒントをありがとうございました。

    • by 菅原隆志

      コメントありがとうございます。

      >自分が受けてきた洗脳がどういったものかはっきりとわかりました。

      ↑自分がどのように支配され洗脳されてきたかを知るということは、
      これからは、同じように支配されず洗脳もされない自分になれる…と思います。
      私は「1度解けた洗脳は二度と掛からない」と思っていますので。
      きっとsumireさんにとっても大きな成長の糧になる。と思います。

      >両親の考え方、感情は、戦後になったとはいえ、戦前、戦中のままでした。

      ↑こちらも何となくわかります。
      私自身も支配された時、その相手は戦時中のままだったと今では思います。
      戦時中の強烈な考えは、戦時中ではない時には「毒」にもなってしまうんですよね。
      時代の変化に合わせていかなければ違い時代の人には「毒」にもなり兼ねない。
      だから「変化」「進化」が大事なんだと私は思います。

      >休み休み考えてきましたが、やっと自分なりの結論がまとまりそうです。
      >人は孤独、孤立を乗り越えて成長すると私も思います。
      >色々なヒントをありがとうございました。

      sumireさんにとって「sumireさんや、周囲の方」に
      プラスになっていくヒントになっていたのでしたら、
      本当に良かったです。

      1度、孤独、孤立を乗り越えないと、本当の自分は見えてこないのだと思います。
      私がこのブログで本当に伝えいたいことは、多くの文章を書いても正確には伝えることは出来ません。
      それは1度、孤独を味わうことでしか見えてこないものがあるので、
      孤独を味わっていない人がこのブログの記事を読んでも
      「いつまでも支配者のせいにするな!行動をしろ!」との考えになりやすいのだと思います。
      それは、本当の自分を見失っているところからの視点です。

      sumireさんが仰っている様に
      「人は孤独、孤立を乗り越えて成長すると私も思います。」ということなんですよね(^^)
      多くの人は「孤独」を怖がります。
      だけど、本当は「孤独こそが人生の基本」であり、
      「孤独は妄想」なんです。

      「孤独は妄想」に関しては以下の外部サイトの記事を読んでみて下さい。
      心が強い人は「孤独は妄想」と知っている | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

      孤独は本当は恐れるものではないんです。

      孤独、孤立を乗り越えて成長した先に、本当の自信、そして、自分や家族の幸せ、
      本当の親孝行、本当の供養、本当の親の面倒を見たい気持ち、
      そういったことが分かってくると私は思います。

      「支配」は「支えて配る」ことだと何となく見えてくると思います。
      そうすると「本当にありがとう」という「自然な感謝」が出てくると思います。

      sumireさんなりの結論が纏まりそうということで、
      良かったです。

      こちらこそ本当にありがとうございました。

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)