今から約14年くらい前に「おかしな空気」が作られていましたね。それに倣わない者は「空気の読めないアホ」という刷り込みで、多くの人が無意識で恐怖し、その集団に流れる空気に染まっていきました。その後、一気に精神薬を飲む人が増えていました。

3286 views

「執着を手放す方法と悩みの正体!(第二版)」(2022年1月14日 販売開始)

手を鎖で縛られたビジネスマンこれはあくまでも個人的な意見であり、極一部のお話です。今から約14年くらい前に「おかしな空気」が作られていましたね。それに倣わない者は「空気の読めないアホ」という刷り込みで、多くの人が無意識で恐怖し、その集団に流れる空気に染まっていきました。その後、一気に精神薬を飲む人が私の周囲でも増えていました。得体の知れない恐怖が酷くなる者や、酒に必死に逃げる者、手が震える者、いろいろ変化したと同時に薬を飲みだすものが増え、悩んでいる者には口を揃えたかのように「病院行ったら?」が一気に増えたと感じています。必要以上に薬を飲ませたがっている…そう感じました。

当時私は、少年院から出てきて少し経った後でしたが、知人が「おかしな空気」に染まっていたので、関わることが嫌になりました。他にもあちこちで、まるで信者かのように精神薬を飲む人が増え出し、あちこちで生活保護を受けるには、こんな嘘をついて診断してもらえばいいよという話があちこちであり、精神障害者年金目当てや、生活保護不正受給で病気偽っていたものもいました。生活保護のお金で日々スロットに行き子育ては適当、頻繁に酒飲んで精神薬をたくさん飲んで、たまに隠れて覚醒剤をやっていたりする者などもいました。

そして、その者たちが正しく、それに否定をするものなら徹底し圧力をかけられ悪者のレッテルを貼られて集団から攻撃されるのです。おかしな空気でした。

その者たちは「真剣な話などゴミクズの気持ち悪い奴の話」だという感じで、連携し「真剣な者を追いやっていた」のです。それにより、どんどん真剣な者が減っていき、真剣な話をすること自体に恐怖する者が一人増え、二人増え、と感染するかのように増えていき、多くの人が思考停止状態になりました。そして彼らは口をそろえて「お笑いみないの?おかしくない?」と同じような事を言ったり、同じような考えを持っていました。「お笑い番組」を見ない者を否定して嘲笑していくのです。まるで信者のように。

丁度、先日読んでいた本がこちらです。

こちらのP150から引用します。

権力者に従う事が「重要ですよ」と、くり返しくり返し刷り込むわけです。また、バラエティやお笑いでは、面白おかしく脚色したどうでもいいような話を、視聴者に「重要度が高いですよ」と刷り込みます。スタジオでちょっと真剣な話が行われると、そこにお笑いタレントの「世の中こうせなあかんとか、そんな難しいこと考える暇あんねんやったら、オレは目の前の焼酎が飲みたいねん!」というリアクションがかぶせられます。同時に、人々が爆笑する効果音が流され、「重要ですよ」と刷り込みます。すると、視聴者もそれに倣おうとします。

「イヤな気持ち」を消す技術より引用

そう、こちらです。この刷り込みより私の周囲はおかしくなっていったと、私は考えています。この「真剣になる事や何故と追及することをおかしいとする空気」により、多くの人が倣っていったのでしょう。あるお笑い番組依存だった人は、かなりのモラハラ攻撃者だったのですが、自覚が出来てくるとこう言いました。「集団の空気が怖かったから、心理的に仲間になっていないと自分がターゲットにされるのが怖かった」と。

このように、いつでもどこでも、自分を見失いそうになる刷り込みは、どこにでもあるものです。大事なのは流されずに自分だけの自分の考えを持てるかどうかですね。

日々、流行や周囲の情報に流されて浮遊霊のようにふわふわしていると、自分が薄くなっていくのです。モラルハラスメント界とは実に巧妙です。

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

恐怖・トラウマ克服
「サヨナラ・モンスター」

恐怖・トラウマ克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。