故・安倍元総理は国益の為、国民の安全の為に生きた人だ。それを悪く言うのは言っている側の心の邪悪さである。

171 views

故・安倍元総理は国益の為、国民の安全の為に生きた人です。だから僕らは平和で安全な国で生きてこれました。それがこれからなくなるかもしれませんが、もし、この国がどんどん酷くなっていき、他国からも攻められるようになったとしたら、その時に故・安倍元総理の有り難さに気づく人も出てくるのではないでしょうか。

国益の為、国民の安全の為、難病を抱えながら尽力し、各国の首脳と良い関係を築いてきたのです。それは素晴らしいことです。しかし一部の人間はそれに対し「人たらし(うまい言葉で人をだまして、たぶらかす)で情けない」などと言いました。それは、それを言った者自身の心であり、正体であり、自己紹介なのです。どうして他人のことを決めつけるか、そこがとても嫌です。自分の影というのは、親や権威性ある存在に投影されやすのです。

反アベ団体等には「目を覚ましてほしい」、そう思います。彼らは人間不信なのです。だから人を信じることが出来ません。僕が故・安倍元総理の良いところ書けば、「美化するな!お前は回し者だな!」とくるわけです。どこまでいっても疑っているのです。疑心暗鬼、妄想の世界で生きているのです。それは自分自身が自分に嘘をついて生きてきたからなのです。

例えば僕の本を読んで良いレビューを書いている人たちは、その人たちの心が綺麗であり、その人たちの力なのです。人は皆、自分の心をあちこちに映し出して生きています。自己紹介をしまくって生きているのです。誰1人として、同じ世界を見ている人はいないのです。皆、自分で見たいように見て、意味づけをして、自分で創った世界を生きているのです。不幸になる人は、自分でそういう見方をして不幸になっているのです。「無意識の自作自演」であることに、どうか気づいてほしいと思います。

今この瞬間から、自分が変わる気にさえなれば、人は変わります。僕は過去、政治家は腐ったゴミの集まりだと見て、生きていました。それが左派の考えであり、左派だらけの環境で育ち、それを受け入れ、自分自身の心がゴミのようになっていたからでした。悪いことをして、薬物中毒になり、廃人のようになり、自分で自分のことをゴミ扱いして生きていたから、だから世界がゴミに見えていたのです。そしてその視点を捨てて、心を育てて、自分で新しい視点を沢山発見しました。そしたら「政治家は腐ったゴミの集まり」ではなく「素晴らしい大人たちも沢山いる世界」だということがわかってきました(見えてきた)。自分が変われば世界も変わるというのは、こういうことです。

世の中を恨み復讐心なんて持っても、不幸になるだけです。勇気を持って、良いものを見たほうが良いです。

故・安倍元総理を殺害した山上容疑者は、2つの反アベ団体に所属していた可能性があることがわかってきています。僕が思うには、その数千人規模の反アベ団体に洗脳されて駒(おもちゃ)にされたのだと思います。そしてその反アベ団体の背後にもまた別組織があり、その別組織の背後にもまたあるはずであり、それが海外勢力に繋がっているでしょう。つまりこれは、海外勢力による間接的な暗殺である可能性もあるということです。

おもちゃにされて、駒にされて、掌の上で転がされた可能性、、、。そうだとしたら、まずはその愚かさに気づくことが大事なことであり、それが真の反省に繋がる可能性があります。

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事に星評価とコメントをお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。