プロセスを無視して結果だけを手に入れようとすると「嘘が必要」になり「泥棒」のようになってしまう。

プロセスを無視して結果だけを手に入れようとすると「嘘が必要」になり「泥棒」のようになってしまう。

泥棒のようになってしまう

「あなたはお金が欲しいですか?」と聞かれると「欲しい!」と言う人が殆ど。「では、あなたは学びたいですか?」と聞くと「学ぶのは絶対に嫌だ!」と言う人が殆ど。

簡単な話、お金が欲しければ学んで働いていけば良いのですが、「学びたくはない、だけど結果だけが欲しい」という考えは「誰かが運んでくれるかもしれない」と思っているようなもの。そうすると「プロセスを無視して結果だけを欲しがる」ような泥棒のようになってしまうのです。これでは上手くいくわけがありません。

嘘つきは泥棒の始まり。プロセス無視も泥棒の始まり。

プロセスとは簡単に言えば「過程、経過、手順」などの意味です。 つまり、お金が欲しかったら、学んで、働いて、稼げばいいのですが、その「働くというプロセスを嫌がって省いて結果だけを手に入れるのは泥棒の始まり」なのです。「働くというプロセスを嫌がって省いて結果だけを手に入れるためには嘘をつく必要」も出てきます。「嘘つきは泥棒の始まり」と言いますが、この事です。泥棒は働くと言うプロセスを無視してすぐに結果だけが欲しいから泥棒するわけです。

プロセスを無視するのは心の世界では泥棒のようなもの

僕は小学生の頃、泥棒をしたことがありますが、不幸な自分に誰かが幸せを運んでくれると思っている考えもあったので泥棒をしたのです。子供でしたので自分で行動して働いてお金を手にする事が分からなかったのです。ですからプロセスを無視して「誰かが自分の幸せを運んでくれると思っているうちは実際に泥棒をしていなくても心の世界では泥棒のようなもの」なのです。(今は盗むようなことは死んでもしません)

正しいプロセスで結果を手に入れる為には「嘘が不要」です。しかしプロセスを無視して結果だけを手に入れようとすると「嘘が必要」になります。例えば出会い系サイトでは「相手を利用してプロセスを無視して結果だけを欲しがる」人がいます。結果を手に入れる為に「嘘が必要」になっているので、互いに嘘をついて騙し合っています。これに非常に深い話です。モラハラもここに絡んできます。

正しいプロセスを踏まないと、どうしてもどこかで嘘をついてしまう。その嘘が次の嘘を必要として嘘の上塗りをしていくのです。そして、その嘘を実現させるには嘘の分だけ犠牲者が必要になります。人の心を盗んで、人の心に細工をしたり、人の心を操作したり、していくのです。

ですから防衛の為の嘘は良いと思いますが、搾取や破壊につながる嘘はやめたほうが良いでしょう。結果を手に入れたいのなら、正しくプロセスを学んで、踏んで、行動して、正しく手に入れることが人を傷つけず、自分も傷つけず、堂々とした正しい結果を手に入れることが出来るので、こっちのほうがプラスだと気が付けると良いでしょう。そして正しくプロセスを踏まないのは自分に力がないと思い込んでいる場合もあります。こちらの記事に書いた小象の話のように自分にはその力がないと思っている場合もあります。

自分の無意識(潜在意識)に眠っている力に気づけば、正しくプロセスを踏んで正しい結果を手に入れる力があるのだと気づくでしょう。あなたの背中には自由になる為の見えない羽があるのです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)