勇気が挫けて10歳前後で自らライフスタイルを決めた!ヤクザの事務所に堂々と殴り込みに行ったりすることが勇気ではなくて、誰もが見向きもしない道端の雑草に価値を感じて堂々と雑草を大事に出来る心を持っている人が、勇気を取り戻している人だと私は思っています。

個人差はあっても人は10歳前後で、自覚あるなしに関わらず勇気が挫けているでしょう。アドラー心理学で言われるライフスタイルは約10歳前後でライフスタイル(人生のあり方)を自ら選択していると言います。

そう、10歳前後で本当の自分に嘘をついたということです。自覚がないでしょうが。

私も自覚がありませんでしたが自己分析をしていく中で、封じ込められた自分の感情を思い出して、自覚しました。アドラー心理学の言う10歳前後、これは当たっています。

子供の時の本当の自分を、全て出し続けて生きることは誰もが不可能です。

大人になればなるほど「本当の個性は認められず個性が大事だと謳いながら個性を潰す矛盾の一つの枠」にはまる事を良い事だと思い込まされていくのです。そして、大きな心理的なゲージの中に収めこまれていくのです。

ここで勘違いをしないで頂きたいのは、見えない心理的なゲージがあるのは、それは自分が選択しているということです。自分が選択しなければ、見えない心理的なゲージなど存在しないと同じ事です。そして、その見えない心理的なゲージから自らの力で抜け出すのが人生であり、登山のイメージです。そこに、大きな成長があるのです。そして自分を信じることが出来る「自信」が手に入っていく仕組みです。

つまり、人生とは、10歳前後で例外なく個人差はあっても誰もが挫けてしまうのです。挫けると、自分を自分で見捨て、自分に嘘をつくので、意識と無意識で分離したように思えるのです。

しかし、アドラー心理学で言うように、意識も無意識も一つの目的のために動いているのです。「無意識でやってしまった!」は言い訳に過ぎないという事です。「無意識でやってしまった!」は「自分がやりたいからやった」という事になり、厳しいと感じる方もいると思いますが、別の視点でみればとても成長できるものであると思いませんか。

きっと、誰もが自分の心を大切にして10歳前後まで一生懸命頑張っていたと思います。そして、約10歳前後でライフスタイル(人生のあり方)を自ら選択して、そのことを忘れてしまっている…。

その時は防衛の為にそのライフスタイルを選ぶ必要があったのでしょう。

しかし、アドラーは「ライフスタイルは選び直すことが出来るはず」と言っています。こちらを読んでみて下さい。

勇気を取り戻して、自分が即断即決する決心をして、自分で責任を持てるようになれば、その先には自由があるのです。

子供の頃は、誰もが勇気を持っていると、私は思います。

ただ、その勇気が挫けてしまったために、仲間がいないと不安になり、人脈作りに必死になり、濃い人脈があればあるほど安心できるような気がして、大きく自分を無自覚で捻じ曲げてしまって、小さな幸せを無視するようになったのだと思います。

ヤクザの事務所に堂々と殴り込みに行ったりすることが勇気ではなくて、誰もが見向きもしない道端の雑草に価値を感じて堂々と雑草を大事に出来る心を持っている人が、勇気を取り戻している人だと私は思っています。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)