認知の歪みがあるとトラブルメーカー(トラブルの原因となる人)になる場合もある

7860 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
【恐怖克服に役立つ】毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←
認知の歪みがあるとトラブルメーカー(トラブルの原因となる人)になる場合もある

妄想メッキとは現実を直視したくないから現実に妄想でメッキをして自分の理想通りに現実を無視して思う事です。これは当人は一時しのぎの逃げが出来るので良いと思い込んでいますが長期的にみると認知の歪みが酷くなるのでやめたほうが良いです。

認知の歪みとはを見ていただけるとわかりますが、認知の歪みは人生を不幸にし無数のトラブルを生み出すのです。

例えばAさんとBさんの会話を見てみましょう。

Aさん『海の家が相次いで規制強化だって。将来的に入れ墨入れてる人は居場所無くなりそうだね』
Bさん『うるせーこのやろう!俺の居場所がなくなるだと!?』
Aさん『は?何言ってるの?』
Bさん『俺の居場所がなくなると言っただろうが!なめてんのかコラ!ぶちころす!』

これはBさんが認知の歪みがある状態です。 AさんはBさんに対して言ったわけではないのに

認知の歪みの5、結論への飛躍や7、感情的決め付けによって、 ストレスに感じなくて良い話をストレスに感じてしまうのです。認知の歪みは日常生活の中で根深く人々のトラブルの原因になっているのです。

<<下に続く>>

正しい対処はまず状況を把握することです。 https://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130817/crm13081706090002-n1.htm によると海の家の経営者で作る団体や自治体などが相次いで規制強化に乗り出しているとのことなので、 将来的にAさんの言うように入れ墨入れてる人は今よりも居場所無くなる可能性はあるのが現実なので、 入れ墨を入れなかった人たちの選択が正しかったのかもしれない。 昔と違い誰でも簡単に入れ墨を入れれるようになったけど、実は泳がされているだけで、時が来たら………。という場合もあるかもしれません。 これが現実です。

状況把握が出来たら自分はどうしていくか冷静にゆっくり考えていけば良いのであって、BさんがAさんに怒っても何一つプラスの事はないだけではなく不必要なトラブルを生み出すトラブルメーカー(トラブルの原因となる人)と化すのです。

現実に妄想メッキをかけても現実は変わらないので現実を直視することが大事なことですね。

つまり、普通に今後の流れを予測したAさんに対し、Bさんの認知が歪んでいるために『自分が否定されたような気がしてしまい』トラブルが起きてしまうのです。人と人がトラブルを起こす大半はこの認知の歪みが原因です。

認知の歪みの修正に大事なことが『気づき』です。

みんなが個性を認め合えるようになっていきたいですね(*^_^*)

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 10代の頃は自分もこんな思考回路でした…。現実を見きれなかったというか、都合の良いようにしていたんだと思います。

  2. ∞ひめくるみ∞

    難しいことは分かりませんが、Bさんは自分に言われたと勘違いしたんですね。

    同じアパートの人に

    「赤ちゃんの泣き声がうるさい」って、怒鳴られたから、
    私が「赤ちゃんはいません。」って返したら
    「嘘つくな。そこに居るやろが」って言われたことありますが、これはなんなんかな?

    思い込み?

  3. 認知の歪み、というのですね。私もつい自分が責められた気になって、家族にくってかかってしまいます。自分の行動の源にあるモノを知る事は大切ですね。

  4. 私のことかな?認知の歪み…あります!だから家庭でトラブルのですね!冷静にならなきゃ…

  5. 認知の歪みは、我が家最大かもしれないことに、今気が付きました。(^_^;)

    • 認知の歪みを家族から修正すれば、その家族はプラスの渦に飲み込まれるので、黙っていても良い事が起きてきやすくなります(*^_^*)

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)