認知の歪みがあるとトラブルメーカー(トラブルの原因となる人)になる場合もある

妄想メッキとは現実を直視したくないから現実に妄想でメッキをして自分の理想通りに現実を無視して思う事です。これは当人は一時しのぎの逃げが出来るので良いと思い込んでいますが長期的にみると認知の歪みが酷くなるのでやめたほうが良いです。

認知の歪みとはを見ていただけるとわかりますが、認知の歪みは人生を不幸にし無数のトラブルを生み出すのです。

例えばAさんとBさんの会話を見てみましょう。

Aさん『海の家が相次いで規制強化だって。将来的に入れ墨入れてる人は居場所無くなりそうだね』
Bさん『うるせーこのやろう!俺の居場所がなくなるだと!?』
Aさん『は?何言ってるの?』
Bさん『俺の居場所がなくなると言っただろうが!なめてんのかコラ!ぶちころす!』

これはBさんが認知の歪みがある状態です。 AさんはBさんに対して言ったわけではないのに

認知の歪みの5、結論への飛躍や7、感情的決め付けによって、 ストレスに感じなくて良い話をストレスに感じてしまうのです。認知の歪みは日常生活の中で根深く人々のトラブルの原因になっているのです。

正しい対処はまず状況を把握することです。 https://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130817/crm13081706090002-n1.htm によると海の家の経営者で作る団体や自治体などが相次いで規制強化に乗り出しているとのことなので、 将来的にAさんの言うように入れ墨入れてる人は今よりも居場所無くなる可能性はあるのが現実なので、 入れ墨を入れなかった人たちの選択が正しかったのかもしれない。 昔と違い誰でも簡単に入れ墨を入れれるようになったけど、実は泳がされているだけで、時が来たら………。という場合もあるかもしれません。 これが現実です。

状況把握が出来たら自分はどうしていくか冷静にゆっくり考えていけば良いのであって、BさんがAさんに怒っても何一つプラスの事はないだけではなく不必要なトラブルを生み出すトラブルメーカー(トラブルの原因となる人)と化すのです。

現実に妄想メッキをかけても現実は変わらないので現実を直視することが大事なことですね。

つまり、普通に今後の流れを予測したAさんに対し、Bさんの認知が歪んでいるために『自分が否定されたような気がしてしまい』トラブルが起きてしまうのです。人と人がトラブルを起こす大半はこの認知の歪みが原因です。

認知の歪みの修正に大事なことが『気づき』です。

みんなが個性を認め合えるようになっていきたいですね(*^_^*)

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)

最新情報をチェックしよう!